『joyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野』で楽しく英語に触れる

187view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『joyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野』で楽しく英語に触れる

カラフルなおもちゃや遊具に囲まれて見ているだけで楽しさが伝わってくる、『joyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野(神奈川県相模原市)』。もうすぐ4歳になる息子はこんなところで遊びたい! と目をキラキラさせながらいつもおねだり。 夏休みも終盤、天気が不安定で外で思いっきり遊べない日が続いていたので、私、3歳の長男と2人で向かいました。 今日は子ども1人+おとな1人で1,600円という1日フリーパスを利用して室内で思いっきり遊んでもらおう! 子どもが遊びながら自然と英語に触れられることも、ママとしてはひそかな嬉しいポイントです。

  • 使ったお金:1,900円円
  • 遊んだ時間:15:00~17:40 計2時間40分
  • 子供の年齢:3歳(おとこのこ)

2016年9月更新

雨の中、電車でjoyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野に到着!

joyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野

joyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野

joyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野は、小田急相模大野駅に直結しているステーションスクエア内にあるので交通の便はとってもいいです。

この日も電車で向かう途中、大粒の雨が降ってきましたがぬれることもなく到着。

joyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野の前に到着すると「今日はここで遊ぶのー!?」と嬉しさを抑えきれず、落ち着きのない様子の息子。

はやる気持ちは大人も一緒ですが、子どもに楽しんでもらいたいからこそ『入場前の注意』には目を通しておいた方が安心です! 
特に室内は飲食が禁止なので、お昼前などは入室してすぐに「おなかが空いた!」とならないようにチェックが必要。

平日に1時間20分以上滞在する場合は出入り自由である子ども1人+おとな1人で1,600円の『1日フリーパス』がお勧めです。

会員価格のため、今回は別途入会金が300円かかりました。限られた時間だからこそ、有効に使いたいですよね。

外国人スタッフと楽しみながら英語を学べるイベントもあります! 

英語を学べるイベント

英語を学べるイベント

他のプレイランドと違う点はスタッフとして外国の先生が常時いるところです。子どもは遊んでいるだけなのに、いつの間にか英語に触れてるってとてもいい環境だと思います。

また、一日に数回サークルタイムやレッスンタイムが設けられていて、入場中の方なら無料で参加できます!

どちらも自由参加で時間にして10分くらいなので、子どもも無理なく参加できます。お金をかけずに本物の英語を学べるのは嬉しいサービスですよね!

息子ぐらいの年齢であれば、平日用の1ヶ月フリーパスを利用して習い事感覚で遊びにくるだけでも違うかも、と思いました。

体を使いながら楽しく遊べる遊具たちに大はしゃぎ! 

楽しく遊べる遊具

楽しく遊べる遊具

場内には子どもにとって魅力的な遊具がたくさんあり、結構体を動かすことができます! ボールプールの中にはすべり台などの遊具も設置されておりかなり広く、親子で一緒に遊ぶこともできます。

また、今話題のボルダリングもあって子どももママも本気で楽しめます。

指先や足先を使うので、子どもの脳育にもいい効果があるそうなのでチャレンジ!と思って息子を誘ったものの「できない!」とあっさりそっぽを向いて終了。こちらは次回のお楽しみとなりそうです。

他にもサイバーホイールなどといった体を動かして遊べる楽しいポイントがたくさんあり、今回は頭を使うよりも、体を使って遊べる遊具にうちの息子は、はまっていました。

親子で一緒に遊べる環境だから、小さな赤ちゃんだって楽しめます!

ベビーエリア

ベビーエリア

場内はベビーエリアもあり小さな子どものおもちゃも充実しています。息子はBRIOの木製電車がとても気に入ったようでずいぶん長い間遊んでいました。

おもちゃはヨーロッパから輸入したものを中心に取り扱っているそうで、色がカラフルできれい。

他にも英語の絵本が置いてあったりおままごとコーナーがあったり、親子で遊べるスペースが充実しているので1歳前後の小さなお子さんもたくさん遊んでいました。

スタッフも随時見回りにきており、安全面や衛生面でも気を配っているようでした。また、無料のロッカーや授乳室などの設備が整っているのも嬉しいポイントです。

アソビバママが見た『joyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野』のポイントはココ! 

英語学童のサービス

英語学童のサービス

場内には常に子ども向けの英語の歌が流れていて楽しい雰囲気です。

訪れた時も『Twinkle Twinkle Little Star』や『Head, Shoulders, Knees and Toes 』など大人も知っている曲だったので、幼い子が一緒であればちょっとした合い間に手遊びを加えて遊んだりもできそうです。

外国人の先生も一緒になって遊んでくれたり、レッスンしてくれたりと、とにかく英語に触れることが自然にできる環境はすてきだと思いました。

また、一時預かりとは別に小学生向けの英語学童のサービスもあったり、子どもの成長や子育てスタイルにあわせて一緒に遊んだり、少し離れて見守ったり自由に選べるところがポイントだと感じました。

文/けいこ

『joyキッズワールド あんふぁにぃ相模大野』で楽しく英語に触れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集