『遊キッズ愛ランドイオンモール日の出3階』は遊びがいっぱい♪

457view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『遊キッズ愛ランドイオンモール日の出3階』は遊びがいっぱい♪

10月の週末に、東京と西多摩郡日の出町のイオンモールの中にある『遊キッズ愛ランド イオンモール日の出3階』にお出かけしました。今回のおでかけはパパ、ママ(私)、長男5歳、次男2か月の4人ですが、今回はママと長男のみで遊んできました。パパは洋服を見たいけど、5歳長男はなかなかじっと待っていられない……。なので次男はパパに預け、長男と二人で室内アスレチックの『遊キッズ愛ランド』で遊んでみることにしました。

  • 使ったお金:600円
  • 遊んだ時間:12:00~13:00 計1時間
  • 子供の年齢:5歳 (おとこのこ)

2016年11月更新

『遊キッズ愛ランド イオンモール日の出3階』は駐車場が大きい!

遊キッズ愛ランド イオンモール日の出

遊キッズ愛ランド イオンモール日の出

『イオンモール日の出』がある日の出町は道路も広く、交通量も少なかったので予想していた到着時間よりも早めに到着。

3,650台も収容できる駐車場は道幅も広く、運転が苦手な私でも楽にバック駐車できました。そんなに混んでおらず、お昼に到着したのに建物の入り口近くに停めることができました。

まだ赤ちゃんの次男を抱っこして移動するのでとても楽で助かりました。

イオンモールにはたくさんの飲食店やフードコートが入っているので、まずはお昼を食べてから『遊キッズ愛ランド イオンモール日の出3階』へ向かうことにしました。

入場した瞬間に、ふわふわの滑り台へダッシュ!

子ども

子ども

受付で子どもの入場料600円を払い、中へ。
同伴の保護者は無料だそうです。

土日祝日は1時間の制限時間があるものの、平日は時間無制限だそうです。長男は目の前のアスレチックに大興奮!

私が靴を脱いで靴箱に収納するほんの少しの間に、手前にあったふわふわの滑り台へ吸い込まれていきました。

滑り台の下は大きなトランポリンになっていて、飛び跳ねたり、滑り台の梯子を登ってまた滑ったり……。

アトラクション自体は空気がパンパンに入ったビニール製なので、転んでも飛び跳ねても痛くありません。それによく滑るので、滑る際には結構勢いがつきます。

滑り台はそんなに高さがあるわけではないのですが、その滑りの良さに長男はもう夢中! ケタケタ笑いながら滑り台とトランポリンを行き来していました。

何回も遊んでいるうちにその場にいた子とお友達になり、一緒に飛び跳ねていました。

巨大風船を追いかけろ! 風船がふわふわうごめく不思議な部屋

子ども

子ども

次は滑り台の隣にある風船の部屋へ。

ここにはたくさんの大きな風船が用意されています。
さらに、大きな扇風機が部屋の外の4隅に設置されており、結構強い風が吹いているので風船は常にふわふわゆらゆら動いています。

この動きがなんだか生き物みたいで、これまた長男は大興奮!この部屋は親御さんも入ることができるので、一緒に風船を投げたりキャッチしたりして遊びました。

しばらく遊んでいると、途中で係のお姉さんがひときわ大きい風船を持ってきてくれました。
するとその場にいた子どもたちのテンションはさらに上昇。叩いて、蹴って、追いかけて、小さい部屋で一生懸命風船と戦っていました。おかげで室内とはいえ秋だというのに頭は汗びっしょり。

シャワーを浴びたような状態です。あまりにもノンストップではしゃいでいるので、いったん施設の指定場所で水分補給をしました。施設内は食事はできませんが、指定場所なら水分補給可能です。

ボールプールはまるでお風呂? 潜って、泳いで、投げまくれ!

子ども ボールプール

子ども ボールプール

ボールプールはほかの施設より深めの作りになっていました。
「誰もいないな~」と思って眺めていると、ボールの海に沈んでいた子どもたちがモゾモゾと動き出してびっくり!
姿が見えなくなるくらい潜れるのです。長男も例外ではなく、ジャンプして飛び込んで、そのまま潜水していきました。

でもたまに、潜っているお友達に気付かず上から飛び込んできたお友達とぶつかりそうになるシーンを目撃しました。
ボールプールの横にパンパンに張ったトランポリンがあることから、きっと飛び込んで遊ぶ用のボールプールなのかもしれません。自分の子どもが潜って遊んでるときは注意した方がいいかもしれません。

それでも大きな事故がないのは、やわらかいボールがこれでもかというくらいたくさん入っているからなのでしょうか。

ちなみに、ここのトランポリンは、白いふわふわの滑り台とはまた違って空気がパンパンになるまで入っているので、とてもよく弾むようです。

アソビバママが見た『遊キッズ愛ランドイオンモール日の出3階』のポイントはココ!

 (12821)

イオンモールの中にあるので、買い物や食事は便利です。
遊キッズ愛ランドの近くには駄菓子屋やお菓子の問屋もあり、フードコートも近くにあります。子どもだけでの入場はできませんが、大人のためにマッサージチェア(10分200円)や、ベンチと机が用意されています。

また同伴以外の家族が休憩できるように、場外にも椅子が用意されていました。ただしこの場所での飲食はできず、食事を机に置くのも禁じられています。

トイレ以外で途中退場すると再入場できないので、食事は先に済ませるなどした方が良さそうです。先にも書きましたが、水分補給はできます。

0歳から小学2年生までが入場できる施設なので、0歳でも入場料がかかります。
でも小学校くらいの子どもたちが力いっぱい遊んでいたので、乳児には少し遊びづらいかもしれません。

乳児専用の広場などはありませんでした。首が据わってない生後2か月の次男はもう少し大きくなってからかな?

文/斎藤彩乃

『遊キッズ愛ランドイオンモール日の出3階』は遊びがいっぱい♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集