アイディアの宝庫!子どもの想像力を伸ばす『カップヌードルミュージアム』

255view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

アイディアの宝庫!子どもの想像力を伸ばす『カップヌードルミュージアム』

土曜日の昼間に、神奈川県横浜市西区みなとみらいにある『カップヌードルミュージアム』へおでかけしました。おでかけメンバーは私とパパと息子(1歳)の3人。お馴染みのカップヌードルの発明された裏側はどうなっているのか、私たち夫婦は興味津々! 息子はよく分からないであろうと想定しつつもワクワクしながらいざ突入!

  • 使ったお金:1,900円(入館料 大人500円×2、食事代 300円×3)
  • 遊んだ時間:12:00~14:00(計2時間)
  • 子供の年齢:1歳(おとこのこ)

2017年1月更新

『カップヌードルミュージアム』のモダンな雰囲気のオシャレな館内!

『カップヌードルミュージアム』のモダンな雰囲気のオシャ...

『カップヌードルミュージアム』のモダンな雰囲気のオシャレな館内

今回我が家は、マイカーでおでかけしました。

車は近隣の上限金額が2,000円のコインパーキングへ停めました。

さすがに土曜日の昼間とあって、道中及び駐車場は大変混雑していました。

こちらのスポット近くには土日、祝日でも、上限金額が設定してある駐車場が数か所あります。

お値段は1日、2,000円から2,500円くらいです。

駐車場からいざカップヌードルミュージアムへ。

子ども連れで移動するだけでも混雑時はとても時間がかかることが予想されますので、ゆっくりと楽しみたい方は、1日の上限金額が定められている駐車場をおすすめします。

世界にはアイディアの種がいっぱい!そんな種を見つける小旅行のような展示物

世界にはアイディアの種がいっぱい!

世界にはアイディアの種がいっぱい!

カップヌードルミュージアムの館内には、まるで現代アートのようなオブジェが数多く展示してあります。

展示されているオブジェたちは見る視点を変えることで、それぞれの視点での発見を狙ったものです。

アイデアの種は決して特別な場所に落ちているものではなく、いかに自分自身の感性に敏感であるかだと思います。

いかにそれについて考えることができるかという普段の姿勢次第で、何パターンもの種を見つけることができるということを、改めて学ぶことができました。

息子はまだ1歳なので、オブジェを物珍しそうに眺めては驚きの感嘆詞をあげていました。

1歳児なりに楽しむことができている様子でした。

なお、館内はベビーカーでゆったりと見ることができます。

飽きやすい子どもや、歩くのが疲れてしまうことが予想される場合はベビーカーを持参することをおすすめします。

タッチで楽しい影絵が出現!赤ちゃんも楽しめる参加型オブジェ

タッチで楽しい影絵が出現!赤ちゃんも楽しめる参加型オブジェ

タッチで楽しい影絵が出現!赤ちゃんも楽しめる参加型オブジェ

こちらの写真のオブジェは参加型になっています。

宇宙ステーションの絵、ヘリコプターの絵、蒸気機関車の絵などのそれぞれの絵をタッチすると、絵の後ろからさまざまなシルエットの影絵が音とともにアニメーションのように登場します。

1歳の息子は夢中になって絵にタッチをし、その反応を楽しんでいました。

これらの展示されているオブジェが、カップヌードルとどのような関係があるのかというと、安藤百福さんがカップヌードルを発明するに至った際の発見を、体感するということができるということです。

オブジェを通して子どもから大人まで、それぞれの感性で発見することを楽しむことができます。

読み物が多い感じの展示物もありますが、こちらのような参加型の展示物は1歳や2歳の子どもも楽しめるので、チャレンジされることをおすすめします。

世界の麺類を300円で食べることができます!

世界の麺類を300円で食べることができます

世界の麺類を300円で食べることができます

館内の4階には、世界の麺類を実際に食べることができるフードコートになっています。
お値段は1杯300円です。
またミニチキンラーメンは、1杯150円です。

アジアの異国情緒が漂うフードコートは、インテリアもこだわりが詰まっていて見ているだけでも楽しいです。

我が家はトムヤムクンヌードルとチキンフォー、牛肉麺を注文しました。

どの麺も各国本場さながらの美味しさでした。

量は大きめのお味噌汁のお椀に1杯くらいの量です。

ちょっと小腹が減った感じを癒すのに、丁度良いくらいの量でした。

1杯のお値段がお手頃なので、お腹に余裕があるときは数種類の麺を楽しむことができると思います。

1歳の息子も喜んで食べていました。

アソビバママが見た『カップヌードルミュージアム』のポイントはココ!

アソビバママが見た『カップヌードルミュージアム』のポイ...

アソビバママが見た『カップヌードルミュージアム』のポイントはココ

3階にあるテラスでは、解放感満点の横浜港の素晴らしい景色を一望することができます。

我が家がおでかけした日はとてもお天気が良かったので、こちらのテラスでゆっくりと休んでリフレッシュすることができました。

記念写真をこちらのテラスで撮っているご家族が、たくさんいました。

カップヌードルイメージキャラのひよこちゃんは館内各所で会うことができます。

カップヌードルミュージアムはカップヌードルの歴史を学ぶだけでなく、考える、気づくということの大切さや、楽しさを再確認することができます。

うちの息子はまだ小さいのですが、小さいながらの楽しみ方ができていたようです。

もう少し大きくなったら一緒に来て、そのときの年齢なりの見方をして欲しいと思いました。

とても勉強になるひと時を過ごすことができました。

文/りんりん

アイディアの宝庫!子どもの想像力を伸ばす『カップヌードルミュージアム』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集