『赤塚不二夫会館』でバカボンやひみつのアッコちゃんに会える!

287view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『赤塚不二夫会館』でバカボンやひみつのアッコちゃんに会える!

昭和レトロな街として有名な東京都青梅市にある『青梅 赤塚不二夫会館』へ、10月の3連休におでかけしました。 おでかけメンバーは私、パパ、2歳 (長女)の3人。なぜ青梅 赤塚不二夫会館に来たかというと、パパはバカボンのファン!2歳の娘にも、赤塚不二夫ワールドを見せておきたいという想いがあったからです。 果たして、2歳の子どもに赤塚不二夫の世界観はどう映るのでしょうか?

  • 使ったお金:2,850円 (入館料、駐車場、お土産代込)
  • 遊んだ時間:10:30~11:00 計30分
  • 子供の年齢:2歳(おんなのこ)

2016年10月更新

マイカーで『青梅 赤塚不二夫会館』へ、いざ!

青梅 赤塚不二夫会館

青梅 赤塚不二夫会館

シルバーウィークが終わったからか3連休でも渋滞もなくスムーズに近くの駐車場に到着。

到着したのは10時過ぎ頃でしたが、休日にも関わらず、館内の人もまばらです。

駐車料金は30分100円で、受付で100円のサービス券がもらえましたので、実際に払った金額は100円だけでした。

『青梅 赤塚不二夫会館』の入館料は大人450円、子ども250円 (小学生未満は無料)です。

出入り口のすぐ横では、バカボンやおそ松くんやひみつのアッコちゃんのここでしか買えない限定グッズがたくさん売っているお土産コーナーがあります。

バカボンの口!ここから中に入ります!

銅像があるお部屋

銅像があるお部屋

バカボンの口から中に入ると、広い空間に「おそ松くん」のキャラクター、イヤミのシェーのポーズの形をした鏡と、レレレのおじさんの銅像があるお部屋でした!

銅像にはあまり興味はないようでしたが、うちの娘は鏡が大好き。

鏡の前でいろんなポーズをして楽しんでいました。
そして一方の壁にはクイズ形式で性格診断ができるよう質問が並んでいます。

そしてもう一方の壁にはシェーのポーズをしたいろいろ人が写っている昭和時代の写真があります。
大人も子どもも楽しめる空間が広がっていました。

部屋は広く混雑もしていないため、のびのびと見学できるのがいいですね。

元々は病院だったという渋い建物で、その昭和レトロな雰囲気と赤塚不二夫の世界観が非常にマッチしております。

二階にあがると歴史的にも貴重な原画コーナーがあります

バカボンのパパ

バカボンのパパ

『青梅 赤塚不二夫会館』は2階建てになっていて、1階は先に紹介したイヤミの部屋や赤塚不二夫が愛した菊千代に関するコーナー、レレレのおじさんの等身大やバカボンに出てくるベンチが設置されており、まるで自分が漫画の中に入っているような体験ができます。

また、ここにしかないプリクラやメダル製造機があります。そして2階にあがると漫画の原画コーナーです。

赤塚不二夫は、昭和を代表する著名な漫画家たちが若かりし頃に集って住んでいた、知る人ぞ知るトキワ荘というアパートの住人だったのですが、その時代の仕事場が再現された部屋が原画コーナーの手前にありました。

ここは壁など遮るものがなく、展示物に触れることが禁止されているので小さい子どもを連れてる方は注意が必要です。

我が家の娘はまだ小さいため自由にすると危険なので、だっこで見学です。

原画コーナーの最後は当時のおもちゃがずらり

当時のおもちゃたち

当時のおもちゃたち

原画コーナーは撮影が禁止されております。広い展示スペースにずらりと原画が並んでいるのを見ると、感動を覚えました。

原画のため当たり前ですが全てがオリジナルなので、赤塚不二夫先生の亡くなった今となっては貴重な資料とも言えますね。

うちの娘は理解はしていないものの、きょろきょろしながらもおとなしく見学していました。

漫画はキャラクターの書かれた絵なので、絵本の延長のような感覚なんでしょうか。
興味はあるようです。

そして原画コーナーの最後には、当時発売されていた赤塚不二夫先生の漫画キャラクターのおもちゃが棚に並んでいます。

娘はやはり女の子なんですね、ひみつのアッコちゃんのコンパクトや電話に興味があるようで、しばらくその前から離れようとしませんでした。

アソビバママが見た『青梅 赤塚不二夫会館』のポイントはココ!

 (11449)

青梅赤塚不二夫会館のすぐそばには、昭和レトロ商品博物館や昭和幻燈館という小さな博物館があります。

そして、それらをすべてまわると入館料合計1050円のところ800円になるという「昭和を巡る3館めぐり券」というのものがありますので、3館全てまわる予定ならそちらを購入するとよいでしょう。

3館めぐり券の優待券 (50円引きの大人750円)は、駐車場の受付でチェックインする時にもらうことができました!

また、3館めぐり券を利用すると100円の駐車サービス券がもらえるようなので、ぜひ博物館の受付の方に聞いてみてください。

そして、昭和幻燈館の中には小さなカフェスペースがあるのですが、青梅赤塚不二夫会館でそこの飲料が100円になるサービス券ももらうことができました。

小さい子どもが楽しめるよう、すべての展示物に工夫がされていますし、大人も楽しめる戦後のギャグ漫画史の礎を築いた赤塚不二夫ワールド、お勧めです。

文/SU-MIX

『赤塚不二夫会館』でバカボンやひみつのアッコちゃんに会える!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集