水遊び&絶品ソフトクリーム!『こどもの国』は遊びが盛り沢山♪

1,049view
水遊び&絶品ソフトクリーム!『こどもの国』は遊びが盛り沢山♪

お盆休み中に母と3才の次男と一緒に、東急こどもの国線の終点にある『こどもの国』(神奈川県横浜市)へ水遊び目的でおでかけしました。 おでかけのときは抱っこをせがむ息子ですが、とっても広い『こどもの国』で自分の力で歩いていけるのでしょうか?そして母は抱っこせず、少しでも楽におでかけを楽しむことができるのでしょうか?

  • 使ったお金:4,000円
  • 遊んだ時間:12:00~16:30 計4時間30分
  • 子供の年齢:3歳(おとこのこ)

2016年8月更新

まだ体力も少ない3才の息子のため、昼過ぎからこどもの国に入園

こどもの国に入園

こどもの国に入園

朝早くからのおでかけと真夏の暑さは私と息子の体力的に無謀だと考え、昼過ぎからのんびりと入園しました。

行きは『長津田駅』から『こどもの国線』を使いましたが、朝から行くよりも混み具合が緩和されており、息子と2人でのんびり座っていくことができました。

『こどもの国駅』の前にはコンビニがあるので、用意し忘れたものがあれば買い足しに便利です。品揃えも比較的おでかけ向けのラインナップでした。

行く途中『こどもの国』のプールを利用したと思われる家族連れと何度かすれ違いました。プール目的なら朝早くから利用し日差しが強くなる午後前に退散するのもありです。

園内はとても広いので、子どもと迷子になったときの対応を話しておきましょう。

タイミングよく『こどもの国』を一周する『あかポッポ号』に乗れました!

あかポッポ号

あかポッポ号

休日には混んでいてなかなか乗ることができない『あかポッポ号』。

広い園内の内周4箇所に経由しながら周回する赤い機関車型の園内バス(3歳以上200円)です。園内一周を楽しんでも、途中の停留所で降りても金額は安くならないので一周する人が多い印象です。

いつも通り歩こうと思っていると、息子がトンボを追いかけて目的の方向と逆のほうへ……。着いていくと、始発の停留所に『あかポッポ号』が! せっかくなので息子と喜び勇んで乗りました。

そして少しもったいないけれど、始発から二つ目の停留所で降りてみました。目的の水遊びができる場所で移動も楽で乗り物好きの息子も満足!

停留所から二つ目に目的地がある時は途中下車、おすすめです!

今日の一番の目的! 水遊びを『せせらぎ』で楽しみました

せせらぎで水遊び

せせらぎで水遊び

4月から10月の間、水遊びできる『せせらぎ』という人口の小川で水遊びを楽しみました。

『せせらぎ』のルールは「水着か水着に準じたものを着用」だけなので、オムツの子も楽しんでいました。

たくさんの人で賑わっていましたが、横に長いので上手く分散されてみんなのびのびと遊んでいました。

また近くにシャワーブースもありますが、お湯は出ません。

更衣室はないのでラップタオルを持っていくと着替えがスムーズです。

川沿いにベンチがいくつもあり荷物置場には困りませんが、貴重品には注意しましょう。

小川の中の地面は丸いこぶしほどの大きさの石が敷き詰められていて、息子は裸足でも痛がりませんでしたが、私は足ツボマッサージの効果がありました!

雪印牧場のソフトクリームを目指して『ミルクプラント』へ

濃厚ソフトクリーム

濃厚ソフトクリーム

『こどもの国』におでかけのときにぜひ食べてもらいたいのが、園内にある雪印牧場で取れた牛乳を使って作っている濃厚ソフトクリームです。

息子も大好きでソフトクリームのために『せせらぎ』からの長い道のりを頑張って歩いてくれました。母、大助かりです!

購入のための行列ができていましたが、回転がよく5分くらいで買うことができました。1つ350円でカップかコーンが選べます。3才の息子にはカップにしました。

食べているときに溶けて手が汚れないので、息子は安心してゆっくり食べていました。

ちなみに、この日は夏季限定で白桃ソフトも400円でありました。

牛乳を搾ってからの加工の工程も見られるので、ちょっとした社会見学も楽しめました。

アソビバママが見た『こどもの国』のポイントはココ!

沢山の施設

沢山の施設

『こどもの国』では一日では遊びきれないほど沢山の遊び場があります。

立体迷路や自転車乗場、ボート乗り場に動物園。夏はプールにキャンプ場、バーベキューも楽しめますし、冬はスケート場があります。

事前に予約が必要な施設もあるので、問い合わせてみてください。

荷物は入り口すぐのコインロッカーや、貸し出し用のベビーカーや台車を使うと便利です。
アウトドア用キャリーを利用している人もいました。

入園料は大人600円、小中学生200円、3歳以上100円で、利用頻度が高いなら年パスもあります。

木陰も多くありますが、日差し対策は万全にしておきましょう。
また、園内は自販機も含めすべて現金払いなので現金の用意を忘れずにしておきましょう。

文/きな駒

下記の記事では、こどもの国の魅力をたっぷりと紹介しています。合わせてごらんください♪

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

横浜市青葉区にあるこどもの国は都心から近く、家族で気軽にリーズナブルに遊べる人気のスポット。牧場をはじめ、たくさんの遊具や乗物、バーベキュー、夏場はプール、冬場はアイススケートと小さな子どもから小学生まで遊べるスポットです。今回はこどもの国を子供と一緒に遊び倒した攻略情報をご紹介します!

水遊び&絶品ソフトクリーム!『こどもの国』は遊びが盛り沢山♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集