4次元ポケットのひみつ道具で遊ぼう!『藤子・F・不二雄ミュージアム』

1,012view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
4次元ポケットのひみつ道具で遊ぼう!『藤子・F・不二雄ミュージアム』

11月の週末、神奈川県川崎市にある『藤子・F・不二雄ミュージアム』におでかけしました。おでかけメンバーは、ママ・おばあちゃん・2歳の娘の3人。『藤子・F・不二雄ミュージアム』は、ドラえもん好きの娘と一緒にぜひ行ってみたかった場所。オープンから数年は、人気の高さからチケットの入手が困難でしたが、最近は比較的チケットが取りやすくなったようです。今回、やっと希望の日時にチケットがとれたので、満を持しておでかけしました!

  • 使ったお金::2,860円
    (入館料:大人1,000円/1人×2・子ども0円、おやつ代:560円、お土産代:300円)
  • 遊んだ時間:10:00~12:30 計2時間30分
  • 子供の年齢:2歳(おんなのこ)

2016年11月更新

電車とバスを乗り継いで、『藤子・F・不二雄ミュージアム』に到着

『藤子・F・不二雄ミュージアム』に到着

『藤子・F・不二雄ミュージアム』に到着

『藤子・F・不二雄ミュージアム』には、バスを乗り継いで行きました。

日曜日の朝早くとあってか、渋滞もなくスムーズに到着しました。

ミュージアムの目の前のバス停を降りると、すでに入館を待つお客さんで長蛇の列!

この日はオープン15分前から入館が始まったので、私達もそれほど待たずに入ることができました。

なお、チケットは日時指定による完全予約制。

当日ミュージアムで購入することはできないので、事前にローソンで購入してから行きましょう!

また、ベビーカー・飲食物の持ち込みはNGなので、注意が必要です。

涙あり、笑いあり。「ドラえもん」の貴重な原画がズラリ!

「ドラえもん」の貴重な原画がズラリ!

「ドラえもん」の貴重な原画がズラリ!

今年で5周年を迎える『藤子・F・不二雄ミュージアム』。

特別企画展の「ドラえもん名作原画展 ミュージアムセレクション」では、「ドラえもん」の原画がズラリと並んでいました。

原画ならではのイキイキとした表現や美しいカラー原稿に、ママとおばあちゃんは感動。

つい夢中になって読みふけってしまいました。

2歳の娘も、大好きな「ドラえもん」だらけの部屋に興奮!

文字が読めるようになったら、もっと楽しめるのではと思いました。

通常、館内の展示は撮影禁止ですが、今回の企画展に限っては撮影OK。

「ドラえもん」ファンにはたまらない展示だと思いますよ。

なお、展示場内は原画の保護のため薄暗くなっています。

夢中になりすぎて、子どもとはぐれたり人とぶつかったりしないよう注意しましょう。

マンガ読み放題、四次元ポケットで遊べる「みんなのひろば」へ!

マンガ読み放題

マンガ読み放題

展示室を出ると、藤子・F・不二雄先生のまんがが読める「まんがコーナー」が見えてきました。

ここでは、「ドラえもん」や「エスパー魔美」、「オバケのQ太郎」といった名作が読み放題!

娘は「ドラえもん」のまんがを取り出してパラパラとめくり、一緒に来たおばあちゃんも夢中になって読んでいました。

すぐ隣の「みんなのひろば」には、画面にタッチすると四次元ポケットからさまざまなひみつ道具が飛び出すモニターや絵合わせパズル、巨大クリスマスツリーが。

娘はひみつ道具がつぎつぎと飛び出すモニターに夢中!

「ほんやくコンニャク」や「スモールライト」といった懐かしいひみつ道具が出てきて、ママも一緒になって楽しみました。

「みんなのひろば」の先には、「Fシアター」という10分程度のアニメが見られるミニ映画館も。

午後は大変混雑するそうなので、午前中が狙い目です。

空き地の土管もリアルに再現!屋上のフォトスポットで記念撮影♪

屋上のフォトスポットで記念撮影♪

屋上のフォトスポットで記念撮影♪

最後は、自然に囲まれた屋上広場「はらっぱ」で記念撮影です。

「ドラえもん」でおなじみの空き地の土管やどこでもドアのほか、人気キャラクター達と写真を撮ることができます。

一番人気のフォトスポットは、空き地の土管。

実際に登ったり中に入ったりすることができ、まるで「ドラえもん」の世界に入ったみたい!

さらに広場を散策すると、ベンチに座る「コロ助」や芝生で寝転ぶ「パーマン」、「オバケのQ太郎」とも遭遇。

娘は「一緒に写真とって!」と大喜びでした。

なお、「はらっぱ」には屋根がないので、雨の日は傘かレインコートが必須です。

傘の貸し出しもあるようなので、雨の日でもぜひ行ってみてくださいね。

ちなみに、かの有名な「きれいなジャイアン」は、「はらっぱ」とは別の場所にひっそり展示されています。

ぜひ、そちらも忘れずにチェックしましょう!

アソビバママが見た『藤子・F・不二雄ミュージアム』のポイントはココ!

『藤子・F・不二雄ミュージアム』のポイント!

『藤子・F・不二雄ミュージアム』のポイント!

『藤子・F・不二雄ミュージアム』は、木のおもちゃで遊べる「キッズスペース」や、ここでしか買えない限定商品が並ぶ「ミュージアムショップ」など、みどころがたくさん。

授乳室やおむつ替えコーナーも完備されており、小さい子どもからおばあちゃんまで世代を超えて楽しめる施設です。

なお、屋上には、館内唯一の飲食店「ミュージアムカフェ」があります。

11時頃にカフェに行ったところ、30組待ちということだったので今回は見送り。

代わりに近くの売店で「どら焼きアイス」を買って食べました♪

もし「ミュージアムカフェ」をゆっくり利用したい場合は、オープン直後が狙い目のようです。

ここでランチをしたい場合は、早めに行って整理券をもらいましょう!

文/mfd

公式サイト:http://fujiko-museum.com/

4次元ポケットのひみつ道具で遊ぼう!『藤子・F・不二雄ミュージアム』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集