『現代彫刻美術館』は想像力を育める小さな憩いの美術館♪

123view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『現代彫刻美術館』は想像力を育める小さな憩いの美術館♪

秋晴れで気持ちのよい週末、東京都目黒区の閑静な住宅街の中にある『現代彫刻美術館』へ私と3歳の長女と2人でおでかけしてきました。 小さな子どもと一緒だと静かな美術館には入りにくいものですが、この美術館は内外に展示物があり、晴れた日の屋外展示は遊ぶように作品を見ることができる小さな公園のような場所です。 静かな住宅街の奥まった場所にあり、駅から徒歩だとかなり歩くので人も少なく、穴場なスポットです。

  • 使ったお金:0円
  • 遊んだ時間:10:30~11:15 計45分
  • 子供の年齢:3歳(おんなのこ)

2016年11月更新

住宅街の中の大小の坂道を越えた先にある『現代彫刻美術館』

現代彫刻美術館

現代彫刻美術館

この日は晴れており、わたしたちは歩いて向かいました。

閑静な住宅街の中にあり、近くに小さな公園もあるので晴れた日は駅から散歩がてら歩くのも気持ちがいいです。

途中急な坂がいくつかあるので子どもと「いくぞー」と気合を入れて登りました(笑)。

電車の最寄りの駅は複数ありますが、どの駅からも子連れで歩いていくには非常に距離があり、急な坂もいくつかあるため可能ならばバスの利用をオススメします。

駐車場もありましたので車であればスムーズですね。近隣にお店や自販機が無いので、飲み物は事前準備を忘れずに。

まずは野外の展示場の作品群がお出迎え

野外の展示場の作品群がお出迎え

野外の展示場の作品群がお出迎え

美術館に向かった際にまずあったのは、現代彫刻美術館に3箇所ある野外展示場の1つ。

こちらには、大中さまざまな大きさの石でできた抽象的な作品が並んでいました。

はっきりと「これは○○」といえる作品ではなかったので、「ドーナツみたい」「これなに?」「のぼってもいいの?」など子どもは作品を見て浮かんだことをぽつぽつ話すのに答えながら、前から後ろから作品を覗いて楽しみました。

野外にあるので声の大きさなどに気を使うこともなく、子どものペースで鑑賞できます。

子どもに「これなんだろうね?」と聞いてみると、意外な答えが返ってきたり。

親子で何に見えたかの言い合いっこも面白いですよ。

小さな美術館でゆったり鑑賞時間

小さな美術館でゆったり鑑賞時間

小さな美術館でゆったり鑑賞時間

屋外の第3展示場のすぐ先にある美術館には名前を記帳して入館します。

この日は土曜でしたがほぼ人はおらず、スタッフさんも話しかけてくれました。

館内は1階と2階が展示室で、エレベーターはなく、階段を使って上がります。

3歳の子どもは人の姿の作品や、木が下に散らばった作品などに興味を持っていました。

3階もあるようですが立ち入り禁止です。ただ3階へ上がる階段に、歌に出てくるような『大きな古時計』が置いてあって「歌の時計だ」と子どもと少し盛り上がりました。

1階にはソファーと椅子のある休憩所がありますので、暑い日や疲れた際には、屋内のこちらで休むといいと思います。

館内の窓から外の展示場も見え、素敵な風景なので窓からの景色も覗いてみるといいですよ。

外に出たら小さな庭園・野外展示場で遊ぼう!

小さな庭園・野外展示場で遊ぼう!

小さな庭園・野外展示場で遊ぼう!

屋内展示を見た後は、外の庭園のような野外展示場1・2へ。

美術館を出てすぐ右にある階段を下ると、さらなる作品が出迎えてくれます。こちらにはいくつか椅子があって休憩にちょうどいいです。

座った女性像もあり、隣に座ることのできるベンチもあるのでぜひここで写真撮影をしてみてくださいね。

実は座るとくるくる回る石の椅子があり、子どもが座った時にくるくる回すととっても喜んだので、繰り返し遊んでしまうほどお気に入りになったようです。

美術館が坂の上の高い場所に位置しているので、目黒の見晴らしのいい景色も楽しむことができます。

小さな場所ではありますが、お花も咲いているのでとても気持ちがいい場所でした。

アソビバママが見た『現代彫刻美術館』のポイントはココ!

『現代彫刻美術館』のポイントはココ!

『現代彫刻美術館』のポイントはココ!

『現代彫刻美術館』は小さな美術館ですが閑静な住宅街にあるので、とても静かなで落ち着いた環境でゆったりと時間を過ごせることが魅力です。

実際に訪れてみて感じた一番のオススメは、屋外展示場の庭園。外で遊べる場があるのは小さい子どもにとって貴重です。

芸術作品を遊びながら楽しむことができるのも親としては嬉しいところです。

この屋外展示場には椅子がいくつかあり休みやすいのですが、日差しを遮ることのできる椅子は1箇所で、基本的には日差しは避けられませんので夏や晴れた日は帽子はあったほうがいいです。

屋内に移動すれば休憩スペースがあるので、ランチを持参して訪れてもいい場所です。

文/pati

『現代彫刻美術館』は想像力を育める小さな憩いの美術館♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集