昆虫探し・木の実探しも!夏の自由研究にもオススメ『菅生緑地』

180view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

昆虫探し・木の実探しも!夏の自由研究にもオススメ『菅生緑地』

小学校の夏休みに小1の息子と私で、自由研究に使う木の実を探しに神奈川県川崎市にある『菅生緑地』へおでかけをしてきました。真夏の真っただ中に木の実が落ちているのかと、私は心配していましたが……。息子は「絶対ある!」と、信じています。果たして、見つけることができるのでしょうか……。『菅生緑地』には沢山の木があるので期待半分で挑戦です。

  • 使ったお金:0円
  • 遊んだ時間:14:00~17:00 計3時間
  • 子供の年齢:6歳(おとこのこ)

2016年8月更新

茹だるような暑さの中、『菅生緑地』へ自転車でおでかけしてきました。

菅生緑地

菅生緑地

『菅生緑地』は、我が家から自転車でおでかけできる距離にあります。

今回は長男と2人だけということもあり自転車でのおでかけをチョイス!

交通費もガソリン代も掛からない家計に優しいおでかけでした。

途中、暑さにバテそうになるも『菅生緑地』に近づくと緑が多いためか心地よい風も感じられました。

目の前が中央卸売市場なので初めてのおでかけのときも迷わずこれそうです。

電車の駅から離れたところにありますが、駐車場はありません。車でおでかけするときは、近くにあるマルエツの駐車場を利用して、帰りにお買い物をするのもおすすめです。

小さな子から小学生まで楽しめるアスレチックで思いきり遊びました!

アスレチックで思いきり遊びました

アスレチックで思いきり遊びました

『菅生緑地』に入ってすぐ目に入るアスレチック。

小さいころは一緒に登ったりしていましたが、小学生になった今は1人でスルスルと登って楽しんでいました。

雨上がりのあとは汚れやすいので、汚れてもよい服装と着替えを用意しておくことをおすすめします。

また、虫除けスプレーやバンドエイドも用意しておきましょう。

アスレチックは小さな子でも楽しめる滑り台から体力の付いてきた小学生くらいから挑戦できるものまで、コンパクトながら充実したラインナップです。

一番高いところにある滑り台までは階段を登っていけるので、パパやママと一緒にヨチヨチ歩きの子でも遊べます。

息子はうん低に挑戦! お猿さんみたいとはいきませんが足場があったので、私が手を出さなくてもぶら下がり、いってかえるができました。

その隣にある遊具は身長が足らず、私が抱っこで掴ませてあげました。

急勾配のアスレチックに挑戦! 登った先で昆虫探し

急勾配のアスレチックに挑戦

急勾配のアスレチックに挑戦

茂みの中に埋まるようにもう一箇所アスレチックがあります。息子は果敢にも挑戦!

途中、ロープの網を越えたりボルタリング要素のある壁をのぼったりして頂上へ。

横の急斜面を高学年くらいのお兄さんたちが坂すべりを楽しんでいました。

おでかけのときにダンボールやそりを持っていくと楽しめそうです。登りきった先は木々で鬱蒼とした小道がありました。トトロが出てきそうです。

地元の方がジョギングやトレーニングにも利用していて人通りもあるので安心です。

虫かごを持ってきていたので、草を分け入って探してみると蝶やカマキリ、トカゲなどもいて息子と2人して夢中で探しました。

虫取り網と軍手もあるといいです。軍手ならかぶれることや虫にかまれる心配がありません。

今日の目的だった木の実を探しに緑地内を散策しました。

木の実探し

木の実探し

ようやく今日のメインイベントの木の実探しです。広い緑地の周辺にはイチョウや樫の木など実がなる木が沢山植えられています。

秋になると拾いきれないくらいのどんぐりや銀杏、カズラの赤い実が実って、クリスマスリース作りや工作に使う人が拾いにきています。

かごやビニール袋を用意しておきましょう。息子と2人でよく探してみるとありました!

きみどり色の小さなかわいいどんぐりが葉っぱと一緒に落ちていました。鳥がついばんで落ちたのかも。けっこう落ちていました。

さらに色水作りに活躍するヤマゴボウも見つけました。つぶすとキレイな赤紫の汁がでてきます。

息子は知らなかったので、持ち帰って絵の具にしてお絵かきに使うことにしました。

アソビバママが見た『菅生緑地』のポイントはココ!

小田急のバス停『南水沢』

小田急のバス停『南水沢』

どの季節におでかけしても楽しむ要素のある施設です。

年に何度か草刈が行われていますが、タイミングが合わないとアスレチック周辺も草が生い茂っているので、おでかけのときは長ズボンがおすすめです。

休日も混雑はしないので広場を広く使って遊べます。ボールやフリスビー、凧遊びにも向いています。持っていくと飽きることなく丸一日過ごすこともできます。

ベンチや日よけの場所は限られているのでレジャーシートや日よけ用の簡易テントもあると便利です。小田急のバス停『南水沢』が目の前で本数もあります。

あざみ野や向ヶ丘遊園からバスを利用するのが良さそうです。トイレは和式なので、慣れていないなら携帯トイレを持っていくとよいでしょう。

文/きな駒

昆虫探し・木の実探しも!夏の自由研究にもオススメ『菅生緑地』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集