モネ、ゴッホ、ピカソ…『上野の森美術館』で芸術を感じよう!

704view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
モネ、ゴッホ、ピカソ…『上野の森美術館』で芸術を感じよう!

週末の休日に、重要文化財の公開をはじめさまざまなジャンルの美術を紹介していることでおなじみの、東京都台東区上野駅そばにある『上野の森美術館』におでかけしました。おでかけメンバーは私、4歳(長女)の2人。なぜ『上野の森美術館』に来たかというと、そろそろ素敵な絵にも興味を持ってくれるかなと思ったからです。

  • 使ったお金:3,000円
  • 遊んだ時間:11:45~13:00 計1時間15分
  • 子供の年齢:4歳(おんなのこ)

2016年10月更新

連休で混雑している上野公園を通って『上野の森美術館』に到着!

上野の森美術館

上野の森美術館

電車でおでかけしたのですが、3連休ということもあって上野駅は大変混雑していました。

人通りが大変多く、また東京都が認定しているヘブンアーティストの大道芸の誘惑に負けて、大道芸を楽しんでから無事に『上野の森美術館』に到着しました。

チケット売り場は施設の外側に設けられていました。4人ぐらい販売員の方がいたのですが、少し列ができておりチケットを購入する待ち時間がありました。

当日券は現地以外でも購入することができるので、あらかじめ予定を立てている方は、事前にチケットを購入しておくて並ばずに美術館に入ることができます。

デトロイト美術館展示を楽しもう♪

デトロイト美術館展示

デトロイト美術館展示

「デトロイト美術館 ~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~」ということで絵画を展示していました。

モネ、ゴッホ、ピカソといった、名前だけなら誰しもが聞いたことがあるような画家の名画を見ることができるというので、会場内は人だらけ。

会期の月・火は写真撮影可とのことでしたが、訪れたのは3連休で、この3連休は写真撮影をすることができました。

絵画の隣には、画家の名前及び絵画の説明が書かれているので、絵を理解しやすくてとてもよかったです。

ただ、会場内はとても静かなので、子どもに説明しようと思ってもなかなか難しかったですが、子どもは自分なりに美術館の空間を楽しんでいました。

絵画展示に大満足したら……おなかがすいた?

おなかがすいた!

おなかがすいた!

お腹が満たされたら、展示の後半戦スタート!

ティータイムを楽しんだあとは、もう少し美術館を楽しみます。
喫茶店を出たところに、触れる絵が展示してありました。

これは実際の絵と同じ描き方をしてあるとのことで、描き方によって絵具の塗り方の違いを感じることができます。

大人だけではなく子どももとても興味津々で「この部分だけじゃなくて、もっと上のここの部分を触りたい!」と楽しんでいました。

「興味あるものは実際に触ってみたい」という子どもの心にかなり響くコーナーでした。

ここは展示を見終わったら必ず通るところで、ティータイムの前はとても混雑していてゆっくりと楽しめませんでしたが、時間をちょっとずらしただけで人が少なくなり、ゆっくりと絵の感触を楽しむことができました。

アソビバママが見た『上野の森美術館』のポイントはココ!

グッズ売り場

グッズ売り場

『上野の森美術館』では、グッズを販売しているショップが最後にあります。

ここは外から直接入店することはできなくなっており、美術館に入った人のみが入れるショップになっていました。

このショップでは『上野の森美術館』のオリジナルノートやメモパッドなどがありましたが、その時に展示しているテーマに合わせたグッズを販売しているみたいで、モネ、ドガ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、マティス、モディリアーニ、ピカソの絵のポストカードやタオルまで販売していました。

また、子どもの心をくすぐるピカソとモネの人形があり、子どもはしばらくその人形で遊んでいました。

この人形はマグネット式にもなっているものもありました。

文/wakko

モネ、ゴッホ、ピカソ…『上野の森美術館』で芸術を感じよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集