【2018年冬】北海道満喫!子連れで遊べる北海道スポット7選!

15view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

【2018年冬】北海道満喫!子連れで遊べる北海道スポット7選!

日本一の面積を誇る北海道には、観光スポットがいっぱい! 子連れで楽しい施設ってどこ?どこに行こうか迷っちゃう… そこで、「新千歳空港」「旭川空港」から行きやすいスポットをご紹介します♪

旭山動物園

 (89691)

旭山動物園は、日本最北の動物園で「伝えるのは、命」をテーマに、動物の自然な生態が見られる「行動展示」で有名です。ホッキョクグマが頭上に迫ってきたり、円柱状の水槽をアザラシが行ったり来たりするのを目前で見られたり、迫力満点!特に、雪が積もった時しか見られない、ペンギンのおさんぽは必見!散歩ルートをよちよちと気ままに歩くペンギンを間近で見ることができるんです♪

 (89693)

また、「もぐもぐタイム」には、動物たちがご飯を食べる姿を見ることができます。ホッキョクグマが泳ぐ姿をほぼ確実に見られるおすすめのイベントですよ!

 (89695)

~旭山動物園~

〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼
https://mamakoe.jp/odekake/detail/index/id/6101

営業時間:2018年11月11日(日)~2019年4月7日(日) 10:30~15:30 (最終入園/15:00)
休園日:2018年12月30日~2019年1月1日
※園内の安全かつ円滑な運営に支障をきたすおそれがあるときには、事前に告知することなく閉園する場合があります。

入園料:■一般 大人(高校生以上)820円 団体(大人25名以上)720円
■旭川市民特別料金 大人(高校生以上)590円 団体(大人有料25人以上)490円

アクセス:旭川駅から…路線バスで約40分・大人440円 小人220円
旭川空港から…直行バスで約35分・大人550円 小人280円 ※本数が少ないので注意

雪の美術館

 (89700)

北海道旭川市、大雪山連峰を望む高台にある、中世ヨーロッパを思わせる建物が雪の美術館です。ドームやアーチといった曲線を多用した外観が優雅な印象で、フォトジェニックな写真が撮れること間違いなし!お城のようなこの美術館で、きれいなドレスやタキシードを着て写真を撮れる「お姫様体験」も大人気です。

 (89702)

ディズニー映画の「アナと雪の女王」が好きな人にはぜひ訪れてもらいたいスポットです。

 (89704)

~雪の美術館~

〒070-8028 北海道旭川市南が丘3丁目1−1
https://mamakoe.jp/odekake/detail/index/id/20373

営業時間:9:00~17:00
休館日:年中無休(ブライダルなどで入れない場合もあるので、公式サイトで予定表をチェック)
入館料:一般700円 高校・大学生500円 小・中学生400円 幼児無料

アクセス:JR旭川駅から徒歩5分のバス停:1条7丁目→道北バス53・67・530・667番で15分、高砂台入口下車、徒歩5分

サホロリゾート

 (89709)

サホロリゾートは十勝にあるリゾート施設で、ホテルやゴルフ場、スキー場など大人から子どもまでたっぷり遊べる施設です。アクティビティが豊富で、夏期は乗馬や搾乳体験など動物とのふれあいから、カヌーや釣りなどの自然体験、もの作りなど多彩な遊びが楽しめます。

 (89711)

冬期はバックカントリーツアーやスノーシューダウンヒルなどの雪遊びや、わかさぎ釣り、霞の滝トレッキングツアーなど冬の北海道を満喫できるアクティビティがそろっています。スキー場の景観の良さも有名で、サホロ山頂の晴れた日には十勝平野と十勝岳連峰、日高山脈を一望できる数少ない場所です。

 (89713)

~サホロリゾート~

〒081-0039 北海道上川郡新得町新内西5線 狩勝高原https://mamakoe.jp/odekake/detail/index/id/130236

営業期間(スキー場):オープン期間 2018年12月1日~2019年4月14日(予定)
時間:9:00~18:00 但し 12/1~12/14、3/24~4/14は ~16:00まで

アクセス:新千歳空港から…直行バスで2時間(片道6,000円/1シート)
道東自動車道
■トマムIC利用(札幌方面)
ICを降りたら右へ、15分ほど先の国道38号線のT字路を右折、
道なりに進み狩勝峠4合目付近(帯広側)のサホロリゾートの看板を左に。
■十勝清水IC利用(釧路方面)
ICを降りたら右へ、10分ほど先の国道38号線のT字路を左折、
道なりに進み狩勝峠3号目付近のサホロリゾートの看板を右に。

登別マリンパークニクス

 (89717)

登別マリンパークニクスはデンマークに実在する「イーエスコー城」をモデルに造られた「ニクス城」の中にある水族館で、遊園地も併設されています。約400種・20,000点の生き物を展示しており、高さ8mのクリスタルタワーや北海道最大級のクラゲ水槽など見どころがいっぱい!

 (89719)

イルカ・アシカのショーやペンギンのパレード、タッチング水槽など生き物を身近に感じられるイベントも多く、遊園地の乗り物は観覧車やメリーゴーランドなど赤ちゃんから楽しめるので、子連れで一度は来たいスポットです。

 (89721)

~登別マリンパークニクス~

〒059-0492 北海道登別市登別東町1丁目22
https://mamakoe.jp/odekake/detail/index/id/16233

営業時間:9:00~17:00
休館日:4月上旬の保守点検日
入館料:大人(中学生以上)2,450円(税込)
子ども(4歳~小学生)1,250円(税込)3歳以下無料

アクセス:
■車 新千歳空港から道央自動車道約60分 登別東インター下車 5分
■バス
札幌駅発 室蘭行き高速バス 約100分 登別下車
新千歳空港発 室蘭行き高速バス 約60分 登別下車
■電車
札幌発 室蘭又は函館行き 特別急行(室蘭本線)約60分 登別駅下車
南千歳発 室蘭又は函館行き 特別急行(室蘭本線)約45分 登別駅下車

サケのふるさと 千歳水族館

 (89725)

サケのふるさと千歳水族館は、淡水では日本最大級の水槽がある水族館で、日本初となる川(千歳川)の水中を直接見ることのできる「水中観察室」があり、サケの仲間や北海道の淡水魚を中心に、世界の様々な淡水生物や千歳川の生き物を観察することができます。

 (89727)

バックヤードツアーなどのプログラムや、タッチプールやドクターフィッシュなど生き物を身近に感じられる体験が豊富に用意されています。

 (89729)

~サケのふるさと 千歳水族館~

〒066-0028 海道千歳市花園2丁目312
https://mamakoe.jp/odekake/detail/index/id/16192

営業時間:9:00~17:00
休業日:年末年始休館  2018年12月29日~2019年1月1日
メンテナンス休館  2019年1月15日~31日
入館料:大人800円 高校生500円 小・中学生300円 乳幼児無料

アクセス:新千歳空港から車で約10分
JR千歳駅から徒歩約10分
国道337号線沿い・道の駅「サーモンパーク千歳」内

JRタワー展望室T38(タワー・スリーエイト)

 (89733)

JRタワー展望室T38は札幌駅に直結している、ショッピングモールやレストラン、ホテルなどが集まるJRタワーの最上階にあります。地上160mと建造物では北海道一の高さを誇り、札幌の街並みを360°楽しめます。北は晴れていれば左手に遠く小樽が見え、西は円山、大倉山、三角山、手稲山。手稲山系から支笏洞爺国立公園と多くの山々が望めます。南は碁盤の目に整備された夜景が豪華な札幌中心部から札幌ドームなどが一望でき、東は海まで続く石狩川や野幌原始林、天気が良ければ夕張岳や芦別岳など大自然がみえます。

 (89735)

夜はお酒も提供しているカフェや、ココでしか手に入らないアイテムを扱ったスーベニアショップもあり、おみやげも困りません。

 (89737)

~JRタワー展望室T38(タワー・スリーエイト)~

〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西2丁目5 JR タワー

営業時間:10:00~23:00(最終入場22:30)
入館料:大人720円 中高校生500円 小学生・幼児(4歳以上)300円

アクセス:地下鉄南北線・東豊線・JR線「さっぽろ(札幌)」 駅直結 JRタワーイースト6Fで専用エレベーターに乗換

ルスツリゾート

 (89741)

ルスツリゾートは、北海道内屈指のアトラクション数を誇るリゾート施設です。遊園地、スキー場、ゴルフ場、テニスコート、宿泊施設などのアミューズメント施設が充実していて1年を通して滞在・利用することができます。遊園地にはスリルたっぷりのコースターや園内をのんびりと走るトレイン、小さな子でも遊べるキッズパーク&こどもランドなど、たくさんのワクワクが詰まっています。※遊園地は冬季休業

 (89743)

スキー場は、WORLD SKI AWARD Japan’s Best 部門2年連続・最優秀賞をダブル受賞していて、極上のパウダースノー、雄大なロケーション、コースのバリエーションと広さ、バーンの整備、リフト輸送、そのすべてがワールドクラス!全くの初心者から超上級者まで満足できる世界最高峰のスキーリゾートです。
アクティビティも、冬はスノーラフティングなど雪遊び、夏は川下りやサイクリングなどで北海道の自然をたっぷり満喫しちゃいましょう!

 (89745)

~ルスツリゾート~

〒048-1711北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
https://mamakoe.jp/odekake/detail/index/id/421

営業期間(スキー場):2018年11月23日(祝)~2019年4月7日(日)※予定
入園料:
■初すべり1日券 ①11/23(祝)予定~12/7(金)
大人:3,500円
こども:1,800円
中学生・シニア(60歳以上) ※要年齢証明:2,900円
■初すべり1日券 ②12/8(土)~12/14(金)
大人:4,600円
こども:2,400円
中学生・シニア(60歳以上)※要年齢証明:3,500円
■1日券(朝9:00~ナイター終了までOK!※)12/15(土)~3/17(日)
大人:5,900円
こども:3,000円
中学生・シニア(60歳以上)※要年齢証明:4,900円
■春スキー1日券 3/18(月)~4/7(日)
大人:4,600円
こども:2,400円
中学生・シニア(60歳以上)※要年齢証明:3,500円 …他

アクセス:札幌・新千歳空港からルスツリゾートまで直行バス(事前予約制)
■車
札幌から国道230号経由で約90分
新千歳空港から北海道道16号支笏湖公園線・国道276号(国道453号)・国道230号経由で約90分

【2018年冬】北海道満喫!子連れで遊べる北海道スポット7選!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:あそぶのお役立ち情報

お役立ち情報

RANKINGお役立ち情報ランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら