『東京サマーランド』の遊園地エリアは水着のまま遊べることが魅力!

972view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『東京サマーランド』の遊園地エリアは水着のまま遊べることが魅力!

東京サマーランドといえば、一年を通してプールで遊べる水のアミューズメントパークとして有名ですが、水着のまま遊べる遊園地エリアも絶対に遊んでおきたいスポットです。親子でのんびりと楽しめるアトラクションから絶叫マシンまでそろっているのでぜひ楽しんでみてください!

水着のまま遊べるスリルマウンテンは人気の遊園地エリア!

スリルマウンテンは、屋外遊園地エリア。遊園地ならでは!の様々な乗り物で遊べます。

 (68497)

Tシャツなどの上着と履物を着用すれば、水着のまま、乗り物で遊ぶことができます。

「プールに飽きたら、乗り物に!プールが恋しくなったら、プールに戻る!」一度に、2つのレジャーを満喫できる、それが東京サマーランドです。

 (68498)

アドベンチャードームの2階の左に「遊園地入口」があるので、そこから「スリルマウンテン」に行くことができます。

ドーム内の室温と外の気温が異なるので、外の気温に適した格好と履物を忘れないようにご注意ください。

 (68499)

桜の並木道沿いを歩いていくと、「ダウンタウン」が見えてきます。

 (68500)

このダウンタウンも充実したゲームが揃うゲームコーナー。

奥のテントでは、お祭り縁日さながらの射的などのミニゲームを楽しむことができます。

屋外は、小さなこども遊園地です。のりもののほとんどは、コイン投入型なので、フリーパスやのりもの券は使用することができません。

 (68501)

トーマスやドラえもん、ポケモンなど、こどもたちにお馴染みの顔ぶれが並んで、すぐにのりものに乗り込む子どもたち。

 (68503)

「ダウンタウン」では、アンパンマンの汽車に乗りました。

アンパンマン、カレーパンマン、バイキンマン、ドキンちゃんも乗っています。よく見ると、うしろに食パンマンもいるようです。

このアンパンマンの汽車は、1回200円で遊べます。コースを3周まわります。

 (68514)

出発進行!アンパンマンやドキンちゃんなど、ボタンを押すと、各キャラクターの声が聞こえます。

 (68516)

電車に乗りながらボタンを押して、運転手さんの気分になれます。

次に興味が湧いたのが、ショベルカー。

はたらくクルマが大好きな3歳の男の子。いつもはたらくクルマのDVDを楽しく観ています。せっかくなので、ショベルカーを体験してみました。

 (68518)

この乗り物も1回200円。制限時間内に、シャベルでいくつボールをすくえるかな?
ちょっと操作が難しいので、ママと一緒に頑張りました。

 (68521)

 (68522)

意外と本格的なショベルカー。ママと協力して、シャベルを動かします。

 (68524)

だんだんショベルカーを動かす姿も様になってきて、親子で夢中になって楽しめました。

スリルマウンテンで遊べるのりものは、スーパーバウンティやフリーフォールなど、スリルを味わうアトラクションが多くあります。

 (68526)

身長制限や年齢制限がありますが、5歳以下のお子様が遊べるアトラクションも充実しています。

 (68527)

遊園地の定番「メリーゴーランド」。奇妙な動物たちの中から、どれを選ぶのかな?

こちらは、のりもの券1枚で乗ることができます。5歳以下のお子様の同伴保護者は、のりもの券が不要なので、お得です。ただし、同伴保護者の場合は、遊具に乗ることができません。

 (68536)

いよいよメリーゴーランドが動き始めると、笑顔満載!近くには遊園地のたのしい景色、遠くを見渡すと、秋川の自然に囲まれた景色を眺めることができます。

空気の気持ちよさを感じます。3歳の男の子も楽しく、メリーゴーランドに乗ることができました。

次に体験したのは、ランダーズカップ(幻の蜜と空の戦い)。

 (68638)

 (68639)

クルマが約6mの高さまで上昇し、上下に動きながら、ぐるぐると周ります。

でも、このアトラクション、ただのライドアトラクションではないようです。詳しいあそびかたが書いてありました。

 (68640)

各ライドについているビール銃で、ライバルのライドを打って、ランダーズカップを目指して競い合います。クルマの前方にレーダーのランプがついたら、シューティングスタート。

 (68641)

他ののりものの高さと向きに合わせて、ビームを発射。

ビームが当たったら、他のクルマが15秒間下に落ちます。一番多くビームを当てた人が優勝です。

 (68642)

6mは結構高さがありましたが、子どもがビームに夢中。意外と風をきって、スピード感があるので、ママもすこし驚いたアトラクションでした。

ただ乗るだけでなく、空中で対戦をしながら遊べるライドアトラクションは、子どもたちも白熱します。一番多くビームを当てた人は、「はちみつ」がもらえるようです。

 (68643)

他にも、ランダーズカップが不安だったら、くるくる回るヘリコプターののりもの「ファンコプター」もおすすめです。

5歳以下のお子さまが保護者同伴付きで乗ることができます。

このライド系アトラクションはドアが閉まり、スピード感を感じることなく、まわりながら、上下に動くので、ほのぼのとしたアトラクションを希望されるお子様でも楽しむことができます。

 (68644)

3歳の男の子は、大きなのりものよりも小さなのりものが好きなようで、やはり乗ってみたいのは、コイン投入型ののりもの。

可愛らしいキャラクターよりも、のりものが好きなようです。

 (68645)

「ひとつだけ!」と言われて選んだのは、新幹線。

本物の新幹線かと思うくらい、よくできている運転席。博多~東京を往復します。やっぱり、子どもは、こういう身近でわかりやすいのりものが大好きです。

 (68646)

東京サマーランドの屋外遊園地の顔とも言えるのが、このスターホイール。海抜223mの大きな観覧車は、秋川の雄大な自然から大都会までが一望できます。

東京郊外にあるサマーランドならではの景色。特に夕方のライトアップがおすすめです。園内を充分遊んだあとに、家族みんなで乗ってみてはいかがでしょうか?

★サマーランドのプールエリアについて詳しくは…

東京サマーランドの通年遊べる屋内プールエリア『アドベンチャードーム』 - アソビバ

東京サマーランドの通年遊べる屋内プールエリア『アドベンチャードーム』 - アソビバ

冬場でもドーム内は南国のようにあたたかく季節を関係なく水遊びができます。今回はその屋内プール「アドベンチャードーム」の魅力を徹底的にご紹介していきます!

★サマーランドについてもっと詳しく…

『東京サマーランド』一年中プールで遊べる!徹底攻略レポート - アソビバ

『東京サマーランド』一年中プールで遊べる!徹底攻略レポート - アソビバ

「東京サマーランド」といえば、「水」と「冒険」をテーマにした、遊びきれないほどバラエティ豊かなプールがあることで知られます。熱

『東京サマーランド』の遊園地エリアは水着のまま遊べることが魅力!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集