ポニー乗馬も!ヤギ・ウシとも触れ合える『相模原麻溝公園』

328view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
ポニー乗馬も!ヤギ・ウシとも触れ合える『相模原麻溝公園』

10月中旬、家族で東京都相模原市にある『相模原麻溝公園 ふれあい動物広場』へ家族でおでかけしてきました。 メンバーはパパ、ママ、息子(9歳)の3人です。実は、とっても怖がりなウチの息子、小さい頃はチョウチョを見ても泣いていた彼。そんな彼を動物達とちょっとでもと仲良くさせてあげようと思っています。さあ、どこまで、動物達と仲良くなれるでしょうか?

  • 使ったお金:0円
  • 遊んだ時間:12:00~14:30 計2時間30分
  • 子供の年齢:9歳(おとこのこ)

2016年11月更新

渋滞もなく『相模原麻溝公園 ふれあい動物広場』へ到着

 (13815)

『相模原麻溝公園 ふれあい動物広場』への最寄り駅はJR相模線の原当麻駅より徒歩20分、当日の我が家はマイカーで行く事にしました。

日曜のお昼前に出発、途中のコンビニでお昼ご飯を買って行きました。

お菓子などを売っている所はありますが、お昼を食べる施設は無いので、持参される事をおすすめします。(ベンチや芝生などのお弁当類を食べる場所はたくさんあります。)

休日はかなり混む公園なので、着くまでの渋滞が心配でしたが、特に混むこともなく、到着。

現地の駐車場もかなり、混んではいましたが、なんとか端っこに駐車する事ができました。

公園の周りには、駐車場がいくつかあり、合わせて1300台近く停められます。入園料は無料なので、安心して遊べます。

いざ、動物達とのふれあいタイム、開始~

動物達とのふれあいタイム

動物達とのふれあいタイム

入り口は北側と南側の2箇所にあります。
我が家は南口の入り口から入りました。

まず、見えて来たのがポニーの乗馬コーナー。
ポニー乗馬は2歳の子から小学校6年生までのお子さんが1回100円で乗ることができます。

「乗馬」といっても、係員の人が1頭1頭手綱を引いて、ゆっくりと200メートル位のところを1周します。

興味深そうに見ているので、「ポニー……乗って見る?」と声をかけてみました。
目の前を2~3歳位の女の子がにこにこと乗馬しながら通りすぎて行きます。

しかし、 「ん~…まだいいよ」の返事。やはり、ちょっと怖い様です。
人気スポットなので、いつも長蛇の列ができています。

時間によっては、親子でできる乗馬もあるみたいなので、次回はチャレンジしてくれるといいなと思っています。

柵の中から牛さんの積極的なアプローチ

牛さんとのふれあい

牛さんとのふれあい

ポニー乗馬の場所から少し行くと、牛さん、豚さんや鹿さんが柵の中でのんびりと過ごしています。

柵の中だし、ここは見るだけだし、問題ないかと思っていたら、牛さんが、大胆な行動を……。

隣にいたおじさんのさし出した腕を、まるで、アイスキャンディーの様にべろんべろんと舐めだしたのです。

それも、何度も何度も。牛のベロって、ムラサキ色なんですね! 初めて知りました。

おじさんは慣れているのか、笑顔でされるがまま、隣で固まっているうちの息子。

その息子に、ちらっと、牛さんから熱~い視線を感じました。ここでも、また聞いてみました。

「牛さんに舐めてもらう?」うちの息子、無言で首を横に振りました。

食べられてしまうと思ったようです。まわりの子どもたちも思いっきり引いていました。

もう少し、ハードルの低いふれあいもあります

ハードルの低いふれあいもあります

ハードルの低いふれあいもあります

場所を移動して、動物に触れあえるちゃんとした「動物ふれあいコーナー」へ。

先ほどの牛は、触れあえる設定には特にしていませんが、むこうからのサービスだったようです。

このふれあい広場では、ヤギやヒツジに触れる事ができます。

うさぎは抱っこしてエサをあげることもできますが、こちらは競争率が高く、長蛇の列でした。

牛さんと比べると、なんて、扱いの違いでしょうか?
柵で囲われた中には、ヤギさんとひつじさんがいました。

人が近づいても、逃げもしません。よく慣れているのだと思いました。

うちの息子はその様子を見て、自分から近づいて、そっとヤギの頭をなでなで……
羊のウール100%の毛をなでなで……無事、ふれあえる事ができました!

上着のフードをすっぽりかぶって、腰も引けていたんですけどね。

アソビバママが見た『相模原麻溝公園 ふれあい動物広場』のポイントはココ!

相模原麻溝公園

相模原麻溝公園

やっぱり、動物とふれあえることがポイントです。

うちの子みたいな怖がりな子も、そうでない子も、自分のできる範囲で動物達と触れあえるのが良いです。

ふれあう以外にも、おさるさんやアライグマを見ることもできますし、小鳥やクジャクを放し飼いにした、バードエリアの中に入って間近で見ることができる施設もあります。

ふれると言えば……ふれあい広場には、一応、注意書きが書いてあるのですが、動物を触ったら、必ず!

手を洗いましょう。これ大事です。

あと、ポニー乗馬券の発売所の横に、いつもなら、白いオウムの「キバたん」という、名物オウムがいるのですが、今日は体調不良ということで静養中。

運がよければ、合えるかも知れません。

色々な催し物をやっているので、何度行っても楽しめます。

季節によって開園時間が変わるようなので、HPも確認することをオススメします。

文/石井 けん

ポニー乗馬も!ヤギ・ウシとも触れ合える『相模原麻溝公園』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集