『マルミエプラザ』は映像を通して世界各地の歴史や文化を学べる体験型施設

10view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『マルミエプラザ』は映像を通して世界各地の歴史や文化を学べる体験型施設

大阪府北部に位置する万博記念公園。岡本太郎の作品「太陽の塔」があることでも有名ですよね。そんな万博公園の敷地内に建つ「エキスポシティ」は、日本最大級の大型複合施設です。ショッピング施設を中心に、家族連れで楽しめるさまざまな施設が集まっていて、子ども連れでのお出かけスポットとして大人気! 今回は、その中にある「マルミエプラザ」について詳しくご紹介していきたいと思います。

マルミエプラザってどんな施設?

 (81451)

マルミエプラザは2018年10月にオープンした施設で、世界各国・地域の文化や歴史について親子で学ぶことができる体験型のミュージアムです。

もともと同じ場所に「オービィ大阪」という施設が入っていたのですが、2018年9月30日にライセンス契約が終了したことから閉館し、その跡地に登場したのがマルミエプラザなんです。

「地球大冒険」をテーマに、さまざまな映像を通して世界各地の文化や歴史を体感できるマルミエプラザ。

上映される映像は、アメリカ最初の国立公園やマリアナ諸島の海、オーロラなど、地球の壮大な自然をおさめたものが中心です。

また、映像上映のほかにクラフト作りや極寒体験なども行われていて、親子で一緒に楽しい時間を過ごすことができますよ。

小学生以上は共通料金!マルミエプラザのチケット料金

 (81454)

マルミエプラザのおもなターゲット層は小学生とその親。チケット料金も、小学生と大人で共通になっています(幼児は半額、3歳以下は無料)。

一度チケットを購入して入館すれば、基本的にすべてのコンテンツを視聴・体験することができるので、コンテンツごとに料金を支払う必要はありません。

なお、併設されている「アニマルワールド」を利用する際は、別途入場料が必要なので注意してくださいね。

【マルミエプラザチケット料金】
大人(中学生以上):1,200円
こども(小学生):1,200円
幼児:600円
3歳以下:無料

【アニマルワールドチケット料金】
大人(中学生以上):1,200円
こども(小学生):600円
幼児:600円
3歳以下:無料

最寄り駅から徒歩5分!マルミエプラザまでのアクセス

徒歩5分の距離に最寄り駅があり、各主要駅からもアクセスしやすいマルミエプラザ。

土日は駐車場や周辺道路が混雑することも多いので、公共交通機関の利用がおすすめです。

電車での行き方

最寄り駅は大阪モノレールの「万博記念公園駅」です。

大阪市内はもちろん、京都や神戸からも1時間かからずに行くことができますよ。

下に主な駅からの所要時間をまとめているので、参考にしてみてくださいね。

【各主要駅からの所要時間】
なんば駅→大阪メトロ御堂筋線・大阪モノレールを使って約36分
梅田駅→大阪メトロ御堂筋線・大阪モノレールを使って約27分
新大阪駅→大阪メトロ御堂筋線・大阪モノレールを使って約20分
京都駅→JR東海道山陽本線・阪急京都本線・大阪モノレールを使って約24分
神戸三宮駅→阪急神戸本線・阪急京都本線・大阪モノレールを使って約44分

バスでの行き方

バスを利用する場合は、JR京都線茨木駅のJR茨木停留所からエキスポシティ行きのバスに乗り約20分で到着します。

また、土・日曜、祝日の9:00台〜21:00台には阪急梅田駅から直行バスが出ているので、乗り換えなしでラクラク移動できちゃいます!

車での行き方

公共交通機関でのアクセスがしやすいマルミエプラザですが、遠方からだと車が便利な場合も。

名神高速道路・近畿自動車道を利用する場合は吹田IC、中国自動車道を利用する場合は中国吹田ICで降りましょう。

エキスポシティのウェブサイトに詳しい行き方や地図が掲載されているので、車で訪れる際はチェックしておくと便利です。

また、エキスポシティには4か所の駐車場があり、マルミエプラザに一番近いのはC駐車場です。

駐車場を利用する際の基本料金は30分ごとに200円。

ただしマルミエプラザ利用者は駐車場が2時間無料になるほか、エキスポシティでの買い上げ金額に応じて最大5時間まで無料になるお得なサービスもありますよ♪

マルミエプラザの営業時間と混雑状況は?

 (81455)

マルミエプラザに定休日はありませんが、エキスポシティの休館日などで臨時休業する場合も。

その場合はエキスポシティのウェブサイト上のインフォメーションコーナーに掲示されるので、出かける前にチェックしておくと安心です。

営業時間

マルミエプラザの営業時間は10:00〜18:00。
なお、最終入館は16:00までなので、余裕をもって行くことをおすすめします。

混雑状況

平日は混雑することが少ないようですが、土日などの休日はお昼過ぎの時間帯を中心に利用者が増えることも。

また、休日や行楽シーズンはエキスポシティの駐車場が混雑しがちで、駐車するまでに時間がかかることもあるため、車で訪れる場合は早めに出発した方がよさそうです。

世界の文化や歴史を学べる映像エリア

 (81450)

2フロアある館内には約5つの映像エリアがあり、迫力ある映像を大画面で視聴することができます。

上映作品はどれも、普段はなかなか知ることのできない世界各地の歴史や文化について、映像を通して楽しみながら学べるものばかり。

そのなかから、とくにおすすめのコンテンツを3つピックアップしてご紹介します。

ただし上映内容は変更になる場合もあるので、現在どんな作品を上映しているのかはマルミエプラザのウェブサイトをチェックしてみてくださいね。

恐竜絶滅の日

今から約6500万年前、巨大隕石が現在のユカタン半島に衝突し、たった1日で当時の生物種の75%が死に絶えたとされています。

『恐竜絶滅の日』では、隕石が衝突する24時間前の地球の姿をCG映像を通してリアルに再現。

約20分の映像体験を通して、遙か昔の地球へとタイムスリップできちゃいます!

グランド・キャニオン

アメリカを代表する国立公園のひとつであるグランド・キャニオン。
コロラド川が作り出した雄大な峡谷で、その面積は約5000㎢にものぼります。

そんなグランド・キャニオンで、調査隊が2週間にわたる川下りを通してさまざまな謎に迫る様子を追体験することができます。

オーロラの世界

夜空にカーテンがかかったように光の帯が現れる自然現象・オーロラは、多くの人が一生に一度は見たいと願う光景です。

ただし実際にその目で見るためには、北欧やカナダなどに行かねばならず、気軽に見ることはできません。

『オーロラの世界』では、スクリーンを通してそんなオーロラを目の前で見ることができるんです。

その神秘的な美しさは、大人だけでなく子どもの心にも感動を呼ぶはず。

感覚を刺激する体験エリア

 (81448)

マルミエプラザでは映像上映のほかにも、実際の体験を通して自然への理解や空間認識力が深められるコンテンツも用意されています。

ペーパークラフト

世界にたった一つのオリジナルカーをデザインし、大画面上に広がる街を走らせることができます。

自分が作った車が仮想空間の中を動き回る体験に、子どもも興奮すること間違いなし!

もちろん子どもだけでなく、大人までついつい夢中になっちゃうかも!?

ラップランドの極夜

フィンランド北部にあるラップランドでは、11月から約2か月の間、太陽が地平線より上に昇ることがない「極夜」が続きます。

『ラップランドの極夜』では、極寒体験を通してそんなラップランドの世界を体感することができます。

昆虫の世界

木の葉や枝に見立てた遊具で遊べるプレイゾーン「昆虫の世界」。

自分が昆虫サイズになったような気分になれて、昆虫の視点を体感できるエリアです。

こちらのエリアには年齢制限が設けられていて、対象年齢は3〜10歳。子どもを遊ばせている間にママ・パパはベンチで休憩することができちゃいますよ♪

併設のアニマルワールドも要チェック!

前施設「オービィ大阪」で人気だった「アニマルワールド」は、マルミエプラザ開館後も継続して営業しています。

「アニマルワールド」はその名の通り動物をテーマにした施設で、ミーアキャットやハリネズミなど、約15種類の小動物たちと「心のふれあい」を楽しめます。

小動物が中心なので、小さな子ども連れでも安心して利用できるのがうれしいですね。

フクロウやミーアキャットなど、日常生活ではなかなか出会えない動物たちを間近で観察する体験は、子どもの感性を育んでくれることでしょう。

マルミエプラザの飲食スポット情報

マルミエプラザの館内には飲食店はありませんが、食事をする際は同じエキスポシティに入っている「ららぽーとEXPOCITY」が便利です。

そのなかでもとくに家族連れにおすすめの飲食店を厳選してご紹介。

どのお店もベビーカーでの入店・着席ができるので、赤ちゃん連れでも気兼ねなく利用できますよ。

REDHORSE MARUMIE PLAZA

マルミエプラザと同じ運営元のこちらのお店。

高さ日本一・全ゴンドラの床がシースルーの大観覧車「Redhorse OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)」のオフィシャルショップ兼カフェレストランです。

観覧車の乗り場前にあるので、観覧車の利用前後に立ち寄るのにもぴったり。

パスタからスイーツ、ドリンクメニューまでそろっていて、食事はもちろんちょっと休憩するのにも便利ですよ♪

ちなみに離乳食の持ち込みもできて、申し出れば温めてくれるサービスも!

KFC ららぽーとEXPOCITY店

大人から子どもまで、老若男女に人気のケンタッキーフライドチキン。

あのオリジナルチキンをめいっぱい食べてみたい! と思ったことがある人も多いのでは?

なんとそんな欲望を叶えてくれるお店が全国に3店舗あるんです!

そのうちのひとつが「KFC ららぽーとEXPOCITY店」。

こちらのお店では、人気のオリジナルチキンをはじめ、パスタやサラダ、スイーツまで、数十種類のメニューを食べ放題で提供しています。

ちなみに大人にはうれしいアルコール飲み放題を付けることもできちゃいます♪

また、こちらのお店でも離乳食の持ち込み・温めが可能です。

神楽揚処本串家

食事の時間も楽しみたい! という人におすすめなのが「神楽揚処本串家」。

ビュッフェスタイルで好きな串を選び、自分たちで揚げることができるんです!

串ネタは定番から変わり種まで約30種類あり、好き嫌いが多い子どもでもメニュー選びに苦労する必要なし。

実際に目の前で串を揚げ、揚げたてアツアツの串揚げを食べられるので、食事の時間がちょっとしたエンターテインメントに!

もちろん串揚げ以外にサラダやお惣菜、デザートもそろっているので、家族みんな大満足できますよ♪

マルミエプラザのお土産情報

マルミエプラザのエントランスには、動物をモチーフにしたかわいいぬいぐるみやグッズの販売コーナーが設けられています。

お出かけの思い出に、ママ友やご近所さんへのお土産に、思わず笑顔になれるキュートな一匹を連れ帰ってみては?

子ども連れにうれしい設備も完備

子ども向けの施設なだけあって、マルミエプラザにはママ・パパが助かる設備が完備されています。

おむつを交換したいときは、2階の多目的トイレに交換台が設置されています。

また、2階のすべてのトイレ(女性用・男性用・多目的)にはベビーシートがそれぞれ1か所ずつ備え付けられていますよ。

ちなみに2階の救護室は授乳室としても使えるので、利用の際はスタッフへ申し出ましょう。

なお、エキスポシティ内のららぽーとにもキッズトイレや広々としたおむつ替えスペースがあるので、そちらもあわせて利用しましょう♪

あわせて行きたいエキスポシティ内の施設

さまざまな施設が集まるエキスポシティには、マルミエプラザのほかにも親子で楽しめるスポットがたくさんあります。

どうせなら、いろんな施設をめぐって思いっきり楽しんじゃいましょう♪

ニフレル

「感性にふれる」をコンセプトに、水辺や陸で暮らす生き物たちを展示する“生きているミュージアム”。

こちらの施設は大阪の人気水族館「海遊館」がプロデュースしているだけあって、魚やペンギン、カピバラなど、水辺の生き物たちの展示が充実しています。

ほかにもホワイトタイガーといった人気の猛獣、シアターやインスタレーションなど、多彩な展示が魅力です。

館内は「○○にふれる」というテーマごとに7つのゾーンに分けられていて、なかでも注目を集めているのが「うごきにふれる」ゾーン。

動物たちがゲージなどに閉じ込められておらず、ペリカンやワオキツネザルが自由にゾーン内を動き回っているんです!

至近距離から生き物を観察する経験は、子どもたちの好奇心をかき立てること間違いなし。

また、館内には「食べる水」などユニークなメニューが話題のカフェや、オリジナルアイテムがそろうショップもありますよ。

【施設情報】
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
TEL:0570-022060(ナビダイヤル)
公式サイト:https://www.nifrel.jp/index.html

ひつじのショーンファミリーファーム

世界中で大人気のクレイアニメ『ひつじのショーン』。親子でファンだという人も少なくないのでは?

そんな人気作品の世界観を体験できるアミューズメントパークがエキスポシティにあるんです。

パーク内にはちびっこ専用ゾーンや滑り台、ボールプールなど、子どもが喜ぶ遊具がそろっています。

どれも『ひつじのショーン』をイメージしたデザインになっているので、作品の世界に入り込んで楽しむことができますよ。

また、隣にはグッズショップも併設されていて、エキスポシティ店でしかゲットできない限定商品もあるのでお見逃しなく♪

【施設情報】
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1ららぽーEXPOCITY 3F
TEL:06-4864-8122
公式サイト:http://family-farm.jp/expocity/index.html#menu2

VS PARK

2018年4月にオープンした「VS PARK」は、新感覚のスポーツ体験ができる施設です。

館内では、壁に投影された猛獣の映像と短距離走対決ができる「ニゲキル」、バーチャル映像を通して波動を飛ばして相手チームと戦う「HADO(ハドー)」、プロジェクションマッピングとボルダリングが融合した「ワンダーウォール」など、約25種類のコンテンツで遊ぶことができます。

屋内施設で天候に左右されることなく思いっきり体を動かせるので、エネルギーをもてあました子どもを遊ばせるにはぴったり♪

ただしこちらの「VS PARK」、ほとんどのコンテンツが小学生以上の年齢制限を設けているので、小さい子ども連れのママ・パパは要注意です。

【施設情報】
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
TEL:06-6369-7186
公式サイト:https://bandainamco-am.co.jp/others/vspark/

マルミエプラザのまとめ

 (81619)

「地球大冒険」をテーマに、迫力ある映像や感覚を刺激する体験を通して、世界各地の歴史や文化を楽しみながら学ぶことができるマルミエプラザ。

上映される映像はどれも大人が見ても見ごたえのあるものばかりで、子どもの好奇心をおおいに刺激してくれるはず。

楽しいイベントも随時開催される予定なので、ウェブサイトの情報をチェックしてみてくださいね♪

また、マルミエプラザが入っている「エキスポシティ」には、ショッピングやグルメが充実した商業施設や、多種多様な生き物を展示するミュージアムなどが入っていて、一日中遊び尽くすことも可能!

晴れた日には隣接する万博記念公園でピクニックをしたり散策したりするのもおすすめです。

最寄り駅からほど近く、関西圏からのアクセスも便利なので、休日のお出かけ先に迷ったらぜひマルミエプラザへ♪

【施設情報】
施設名:MARUMIE PLAZA
住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
TEL:06-6155-7299
営業時間:10:00~18:00 (最終入館は16:00まで)

『マルミエプラザ』は映像を通して世界各地の歴史や文化を学べる体験型施設

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「大阪」のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集