夏だけじゃない!横浜の『八景島シーパラダイス』は冬も楽しい!

442view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
夏だけじゃない!横浜の『八景島シーパラダイス』は冬も楽しい!

年末の休日のこの日、神奈川県横浜市金沢区にある『八景島シーパラダイス』へ、パパ・ママ・小学一年生の娘の3人でおでかけしました。『八景島シーパラダイス』はその名の通り横浜市にある八景島という島の中にあり、メインの水族館の他にさまざまなアトラクション・ホテル・ショッピングモール・マリーナを備えた複合型エンタテイメント施設です。

  • 使ったお金:14,350円(入館料:大人3,000円/2人・子ども1,750円、昼食代:3,600円、お土産代:3,000円)
  • 遊んだ時間:11:30~19:00(計9.5時間)
  • 子供の年齢:6歳(おんなのこ)

2017年1月更新

『八景島シーパラダイス』までは渋滞もなく順調に到着!

『横浜・八景島シーパラダイス』までは渋滞もなく順調に到着!

『横浜・八景島シーパラダイス』までは渋滞もなく順調に到着!

当日は午後一番に到着すればいいくらいの気持ちで、比較的ゆっくりめにクルマでおでかけしました。

この日は天気もよくクリスマス間近ということもあり渋滞を予想していましたが、意外と道路が空いていてかなり順調に進み、お昼前に『八景島シーパラダイス』へ到着しました。

八景島シーパラダイスには、AからFまでの大きなパーキングがあるのですが、高速出口方向から八景島に近づくとかなり熱心に左折を誘導する係員の人が目につきます。

この係員の人の指示どおり進むと、Aという駐車場に誘導されるですが、実はこのA駐車場よりもB・C駐車場のほうが八景島シーパラダイスに近いので、空車のマークが確認できたら係員の誘導を気にせず直進して、B・C駐車場に停めると八景島まで歩く距離も短く済みます。

アクアミュージアムの大きな水槽で泳ぐ魚たちの迫力に圧倒!

アクアミュージアムの大きな水槽で泳ぐ魚たちの迫力に圧倒!

アクアミュージアムの大きな水槽で泳ぐ魚たちの迫力に圧倒!

B駐車場にクルマを停めて、八景島シーパラダイスへ入園!こちらは入園料が無料で、それぞれ施設に入館する際に料金がかかります。

お得なのは4つの水族館施設とアトラクションのフリーパスがセットになった「ワンデーパス」(大人4,550円、小・中学生3,300円、幼児1,850円)ですが、この日は強風でほとんどのアトラクションが稼動していなかったため、水族館4つが楽しめる「アクアリゾートパス」(大人3,000円、小・中学生1,750円、幼児850円)を購入。

さっそく水族館 (アクアリウム)へ入館しました。

薄暗い館内には大小さまざまな水槽があり馴染みのある魚や、見たこともないような珍しい魚が展示されており、娘は特に大きな海ガメの泳ぐ姿を興味深そうにずっと眺めていました。

中でも5万尾のイワシが泳ぐ巨大水槽は大迫力で、音楽に合わせてイワシが乱舞する「スーパーイワシイリュージョン」は観る価値ありです!

アクアミュージアムについてはコチラの記事を参考にして下さい⇒『横浜・八景島シーパラダイス』のアクアミュージアムを徹底攻略!

海の動物たちのショーに大興奮!イルカたちに癒されます

海の動物たちのショーに大興奮!イルカたちに癒されます

海の動物たちのショーに大興奮!イルカたちに癒されます

アクアミュージアムは入館 (1F)から順路通り進むにつれ、階層を上がって行く仕組みになっています。

アクアチューブと呼ばれる巨大な水槽の中を上がって行くエスカレーターに乗ると3Fへ到達します。

3Fからさらに階段を上った4Fは大きなスタジアムになっていて、ここではイルカやアシカといった海の人気者たちのショーを観覧することができます。

この日は昼間公演の「Jump Jump Jump」と夜公演ショーの「~絆~」と両方とも観覧しました。

ネタバレになるのであまり書けませんが、昼はアシカたちのコミカルな動きやイルカたちの躍動感ある大ジャンプと、観覧してるお子さんたちは全員大興奮で笑顔になり、夜の公演は子どもも大人もとても感動すること間違いなしですので、時間が許すならばぜひとも両方とも観覧いただきたいです!

アクアミュージアムだけじゃない!ほかにも楽しいアトラクションが盛りだくさん!

アクアミュージアムだけじゃない!ほかにも楽しいアトラク...

アクアミュージアムだけじゃない!ほかにも楽しいアトラクションが盛りだくさん!

アクアミュージアム (スタジアム)のほかにも、横浜・八景島シーパラダイスにはたくさんの見どころ・アトラクションがあります。

「うみファーム」では、魚釣りができたり、その釣った魚を料理して食べたりもできます。

「ふれあいラグーン」では直接、海の生き物に触れ合うことができ、「フレンドリーサークル」ではとっても大きなセイウチに触れたり (娘はその大きさに少し引いてました笑)、岩場をイメージした「さかなリーフ」では本物の岩場そっくりに磯遊びが体験できたり、「ふれあいプログラム」ではイルカにご飯をあげたり触れ合ったり、コツメカワウソと握手できたりとコミュニケーションを楽しむことができます。

ふれあいプログラムは予約もしくは先着順ですのでご注意を。

ふれあいプログラムについてもっと詳しく知りたい方はコチラの記事を参考にして下さい。⇒イルカ好き必見!八景島シーパラダイスのふれあいラグーンについて!

アソビバママが見た『八景島シーパラダイス』のポイントはココ!

アソビバママが見た『横浜・八景島シーパラダイス』のポイ...

アソビバママが見た『横浜・八景島シーパラダイス』のポイントはココ!

八景島シーパラダイスは「島」だけあってその敷地はとても広く、東京ドームで例えると約18個分もあるそうです!

この日は強風のためアトラクションは半分くらいしか稼動していませんでしたが、それでも1日で遊びきれないくらいのボリューム満点のテーマパークです。

おクルマでおでかけした際のご注意ですが、一部の駐車場は出庫時清算なので、帰り時間帯が重なるとほかのテーマパークにくらべて出庫がけっこう大変です。

できるだけ出口に近いところにクルマを停めないと清算の長い列の後ろにつくことにとなり、時間がかかるので注意が必要です。

また、八景島シーパラダイスの目玉のひとつ「アクアスタジアム」は4Fにあるのですが、ベビーカーを押してる方や足腰の悪い方はアクアミュージアムに入館してすぐの通路を右へ進むと奥のほうにエレベーターがあるので、階段を使わずに直接アクアスタジアムに行くことができますので覚えておくと便利です。

文/AOZORA

横浜・八景島シーパラダイスの詳細情報はこちら⇒『横浜・八景島シーパラダイス』は島まるごと水族館&遊園地
夏だけじゃない!横浜の『八景島シーパラダイス』は冬も楽しい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集