『ガスミュージアム』なら家族でガスの身近さと魅力を学べる♪

148view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『ガスミュージアム』なら家族でガスの身近さと魅力を学べる♪

秋晴れの気持ちいい10月の休日に、家族で東京都小平市の『ガスミュージアム』にお出かけしました。 今回のメンバーはパパ、ママ、長男5歳、次男2か月の4人。『ガスミュージアム』は新青梅街道沿いにあり、洋館風の立派な建物が素敵で、いつも道すがらその存在が気になっていました。どんな展示があるのでしょうか?

  • 使ったお金:330円 (自販機のジュース3本)
  • 遊んだ時間:10:30~12:00 計1時間半
  • 子供の年齢:5歳 (おとこのこ)・2か月 (おとこのこ)

2016年11月更新

洋館風の建物と広い庭園が目印の『ガスミュージアム』に到着!

ガスミュージアム

ガスミュージアム

交通量の多い新青梅街道沿いということもあり、車でお出かけしました。

週末の朝の10時半ごろだと、渋滞もなく、スムーズに到着。

駐車場は30台ほどが駐車できる、広い砂利が敷かれた敷地で、この日もマイクロバスが3台ほどと自家用車が数台停まっていました。

車が停めやすいのは嬉しいポイントです。受け付けは駐車場に隣接した庭園を通った先にあり、少し距離があります。

庭園内は石畳になっていて、段差は少ないので、庭園だけならベビーカーでも問題なさそうです。

来場客は庭園だけなら2~4人くらいだったので、混雑もなく静かで、緑豊かな過ごしやすい空間でした。

この日はちょうどハロウィン前なので、広場には可愛いオバケの人形が鎮座していました。

ガス灯の実演講義で意外な歴史の深さに学べる

歴史の深さを学ぶ

歴史の深さを学ぶ

受付を済ませると、ちょうどガス灯の実演講義が行われているとのことで、早速参加してみることに。

『ガスミュージアム』の敷地内には3つの建物があり、ガス灯館、くらし館、ミュージアムショップがあります。

今回の講義はガス灯館で行われていました。暗くした部屋で、明治時代のガス灯などをいくつも紹介してもらい、実際に着火した姿を見ることができました。

いろんなタイプのガス灯があり、中には菊の花の形をしたガス灯までありました。オレンジや黄色に揺らめく灯りは、なんとなく落ち着いた気持ちになります。

ただ、部屋が暗いので、小さいお子さんだと怖がる子もいるかもしれません。講義が終わり、2階へ行くと、錦絵という浮世絵の仲間が展示されていました。期間限定の展示だそうです。

やんちゃ盛りの5歳の長男にはまだ難しく、すぐに通過してしまいましたが、時間があったらまたゆっくり見てみたいです。

歴代のポスターに囲まれて塗り絵タイム!

塗り絵タイム!

塗り絵タイム!

次に向かったのは、生活の中のガス機器を紹介している『くらし館』。明治時代に登場した、ガスを利用した家具などの展示や、ガスで炎を操って演奏するオルガン、ガスを使っている風景のジオラマなどが展示していあります。

また、子どもも楽しめるように、塗り絵コーナーも。お絵かき大好きな長男は飛びつきました。

その間にパパとママはウロウロ展示を見ることができました。塗り絵コーナーの周りには、歴代のガス広告のポスターが展示されていました。

最近のものだと広瀬すずさんや妻夫木聡さんのポスター、森本レオさんとダチョウ倶楽部の肥後さんの2ショットのポスターなどがあり、「あれ?これは見たことあるぞ?」というものがいくつかありました。

この館にはエレベーターがないので、ベビーカーだと大変かもしれません。

ガスライトガーデンでほっと一息

ガスライトガーデンでほっと一息

ガスライトガーデンでほっと一息

一度トイレ休憩をし、喉が渇いたのでガスライトガーデンで一息つくことに。
受付のミュージアムショップの隣に自販機があったので、ジュースを購入。

ちょうど大きな藤棚の下の椅子が空いていたので腰を掛けました。お昼12時頃になっており、カップルや家族連れなど、続々と新しい来場客が訪れていました。

ガスライトガーデン内にはポケスポットが4か所もあるので、散歩で訪れる方もちらほら。花が植えられ、芝が敷かれた箇所もあり、ガスライトガーデン内はとっても気持ちいい場所です。

藤の花は花の時期は終わってるものの、大きな豆の房がたくさん実り、秋風に揺れていました。

職員の方の説明によると、ガスライトガーデン内のガス灯は、ほぼマントルタイプですが、一本だけ魚尾灯という炎が揺らめくタイプのガス灯があるんだとか。子どもと探してみるのも一興かもしれません。

アソビバママが見た『ガスミュージアム』のポイントはココ!

展示企画

展示企画

『ガスミュージアム』では定期的に展示企画や開催企画が催されているようです。
今回は昔の築地を錦絵の展示のほかに、小平市のスタンプラリーが開催中だとか。

スタンプを集めてると、記念のポストカードがもらえるようです。さらに、受付にある記念スタンプを押すことでもポストカードがもらえました。

これはスタンプラリーのものとは異なりますが、思いがけず記念品をもらうことができてびっくりしました。

『ガスミュージアム』には授乳室やおむつ替えシートはありませでした。ですが、館内の展示物をくまなく見学しても2時間ほどで周ることができるので、困ることは少ないかもしれません。

小学生以上の子どもたちだと、展示物の内容に理解できそうです。

文/田原富美子

公式サイト:http://www.gasmuseum.jp/

『ガスミュージアム』なら家族でガスの身近さと魅力を学べる♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集