『SKY CIRCUS(スカイサーカス) サンシャイン60展望台』は遊べる展望台!

1,102view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『SKY CIRCUS(スカイサーカス) サンシャイン60展望台』は遊べる展望台!

東京の三大副都心のひとつであり、近頃は秋葉原に次ぐサブカルチャーの街としても注目を集めている池袋。そんな池袋のランドマークとして知られているのが、大型商業施設「サンシャインシティ」です。プラネタリウムや水族館、ショッピングモールなど、さまざまな施設が入るサンシャインシティ。今回は最上階にある展望台「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台(以下、スカイサーカス)」について、その見どころをご紹介していきたいと思います!

『SKY CIRCUS サンシャイン60展望台』前売り割引チケットはこちら

『SKY CIRCUS サンシャイン60展望台』前売り割引チケットはこちら

EPARKママこえで、サンシャインシティ60展望台 SKY CIRCUS(スカイサーカス)の前売り割引チケットを販売中! 事前チケットを購入してスカイサーカスで遊ぼう!

SKY CIRCUS(スカイサーカス)サンシャイン60展望台はどんなところ?

 (71543)

スカイサーカスは、サンシャインビルの60階にあり、海抜251mの高さから東京の街並みを一望できる展望台です。

昔から池袋の定番観光地として人気のあった展望台ですが、2016年に大幅なリニューアルを実施し、ただ見るだけの展望台ではなく、遊び要素がプラスされた「体感する展望台」に生まれ変わったんです!

「体感する展望台」とは一体どういうことなんでしょうか?
その秘密をこれから一緒に覗いてみましょう。

スカイサーカスのチケット料金は? お得な割引チケットの情報も!

スカイサーカスに遊びに行ったときの入場チケット料金やアトラクション料金は以下になります。

入場チケット料金

大人:1,200円
学生(高校・大学・専門学校):900円
こども(小・中学生):600円
幼児(4歳以上):300円
※学生チケットを購入する場合は、学生証を提示

アトラクションの利用料金

・TOKYO 弾丸フライト:1回600円
・スウィングコースター:1回400円
・SKYエスケープ〜高所恐怖体験〜:1回500円
・【MX 4D】ウルトラ逆バンジー:1回500円
・【MX 4D】 オバケリアVR:1回500円
・【MX 4D】 恐竜戯画:1回500円

お得に楽しめる割引情報の詳細はこちらの記事をどうぞ!障害者割引の情報も紹介しています!

『SKY CIRCUS サンシャイン60展望台』のチケット料金とお得な割引情報! - アソビバ

『SKY CIRCUS サンシャイン60展望台』のチケット料金とお得な割引情報! - アソビバ

「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台(以下、スカイサーカス)」は、東京の街並みを一望できるだけでなく、アトラクションもたくさんある遊べる展望台です! ここでは入場やアトラクション利用の際にかかる料金のほか、入場料が割引になるお得な情報をお届けします。

駅から徒歩3分! スカイサーカスまでのアクセスは?

 (71555)

スカイサーカスがあるサンシャインシティは、各線池袋駅からほど近い場所にあるため、電車でのアクセスが便利です。

もちろんバスや車でもアクセスできますよ。

各アクセス方法と所要時間については下記にまとめてます。

電車での行き方

サンシャインシティの最寄り駅は3か所。

最も近いのは東京メトロ有楽町線の東池袋駅で、サンシャインシティまでは徒歩約3分。6、7番出口方面に向かう途中の地下通路を使って行くことができます。

JR・東京メトロ・西武線・東武線の池袋駅を利用する場合は、東口35出口から歩いて約8分。サンシャイン60通りを通って、「東急ハンズ」横にある地下通路入口を使うのが最短経路です。

また、都電荒川線の東池袋四丁目停留所からも、徒歩約4分で移動できます。

バスでの行き方

池袋〜渋谷間を運行する都バス(池86系統)を利用すれば、渋谷や原宿、新宿などの主要スポットから直接サンシャインバスターミナルまで行くことができます。

また、サンシャインバスターミナルは高速バスの発着にも使われるので、遠方からの行き帰りにスカイサーカスに立ち寄ることもできますよ。

車での行き方

首都高速道路5号線の東池袋出口が地下駐車場に直結しています。

1,800台収容できる超大型の駐車場「サンシャインパーキング」は、24時間営業・年中無休で利用可能。

サンシャインシティ内の各施設を利用し条件を満たすと、駐車料金が無料になるサービスもあります。

【駐車料金】
①入庫〜4時間:30分ごとに300円
②4〜8時間:2,400円
③8〜10時間:2,400円+8時間超過30分ごとに300円を加算
④10〜24時間:3,600円
※24時間以降①〜②の料金体系をくり返し適用

空いているのはいつ? スカイサーカスの営業時間と混雑状況

 (71564)

スカイサーカスは年中無休での営業。いつでも海抜251mからの眺めを楽しむことができます。

スカイサーカスの営業時間

スカイサーカスは10:00〜22:00の営業で、最終入場は閉館の1時間前です。

なお、地下1階のチケットカウンターでのチケット販売は、10:00〜20:50となっています。

ゆっくり見たいなら平日がおすすめ

ガイドブックなどでも紹介される人気の観光スポットなので、土・日曜、祝日をはじめ、夏休みやGWなどは混雑が予想されます。

混み合う時期は、チケットカウンターや入場までに長い列が発生することもあるため、なるべく余裕をもってスケジュールを組みましょう。

ちなみにVRコンテンツの当日チケットは、混雑時だと売り切れてしまうこともあるので、事前に入場券とセットになったWebチケットを買っておくと安心です。

スカイサーカスにはどんなスポットがある?

ビルの1フロアに、まるでサーカスのような不思議で楽しい空間が広がるスカイサーカス。

絶景を楽しめる展望コーナーのほかにも、子どもから大人まで遊べる工夫がたくさん仕掛けられています。デートで行ってもカップルで楽しめますよ!

SKY CIRCUS TENT

エレベーターを降りるとまず目に飛び込んでくるのは、頭上をくるくる回る「FLYING TENTS」。幻想的な雰囲気に、一気にワクワク感が高まります!

そしてその先にあるのが、「SKY CIRCUS TENT」です。暗闇の中、どんな体験が待っているのかは実際に行ってみてのお楽しみ♪

天空251

 (71575)

「SKY CIRCUS TENT」から出ると、目の前には雲の上のような空間と、海抜251mからの絶景が広がります。

大きな窓からは、天気が良ければ東京タワーやスカイツリーなどの東京を代表するランドマークをはじめ、時には富士山の姿まで見えることも!

雲がデザインされた床には、地上の景色が映されるモニターも設置されていて、独特の浮遊感を体験することもできます。

カレイドスケープ

 (71578)

「天空251」の先にあるのは、光と鏡のイリュージョンが繰り広げられる「カレイドスケープ」。

空間が無限に広がっているように見える、鏡が張りめぐらされた「無限スケープ」や、海抜251mからの眺望を活かしたダイナミックな写真が撮れる「モザイクSKY」など、楽しみながらまわれる撮影スポットがたくさんそろっています。

SKYブリッジ

 (71581)

「SKYブリッジ」は、五感を使って楽しむ刺激的な体験ができるエリア。

「アソブレラNEXT」では、宙に浮いている傘を握ると、目の前のモニターや傘を伝わる振動を通して、いろいろなものが降ってくる感覚を味わえます。

そしてスカイサーカスの目玉のひとつでもある「TOKYO弾丸フライト」などのVRアクティビティも、この「SKYブリッジ」で体験できますよ。

SKY PARTY

スペシャルな体験の最後を締めくくるのは、家族や友人同士で遊んで盛り上がれる「SKY PARTY」エリア。

大きなモニター上で相手に雷を落としたり、雨を降らせたりできる「SKY PARTY」は、小さい子どもにも大人気のスポットです。

まるでマンガの世界に入り込んだような写真が撮れる「ぐるぐるSHOT」では、ばっちりポージングをキメましょう!

94 件
『SKY CIRCUS(スカイサーカス) サンシャイン60展望台』は遊べる展望台!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集