『かつうら海中公園海中展望塔』で水深8mの海底の様子が観察できる!

416view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『かつうら海中公園海中展望塔』で水深8mの海底の様子が観察できる!

9月の平日、東洋一の規模を誇るかつうら海中公園海中展望(千葉県勝浦市)におでかけしました。 おでかけメンバーは、私、パパ、2歳(長女)、の3人。 なぜ『かつうら海中公園海中展望塔』に来たかというと、娘が魚を見るのが好きということと、東洋一の海中観察ができるということでしたので、前々から気になっていたためです! 果たして、実際の海底はどんな風になっているのでしょうか?

  • 使ったお金:1,480円(駐車場200円込)
  • 遊んだ時間:9:30~10:30 計1時間
  • 子供の年齢:2歳(おんなのこ)

2016年10月更新

平日ということもあり、渋滞もなくスムーズに『かつうら海中公園海中展望塔』に到着!

かつうら海中公園海中展望塔

かつうら海中公園海中展望塔

マイカーでおでかけしたのですが、平日ということもあって、渋滞もなくスムーズに到着しました。
駐車場は「海の博物館」の駐車場を利用します。2時間200円です。

入口から海中展望塔までは徒歩で10分ほど。オーシャンビューの絶景が広がる海の上の道を歩けるので、非常に気持ちが良いです。

しかしながら、この日は非常に風が強く、塔の直前の細い桟橋では、体が飛ばされそうなくらいの強風でしたので、少し危なく感じました。

柵が高めなので落ちるといったことはありませんが、隙間がありますので小さいお子さんがいらっしゃるようでしたら、気を付けてください。

また高所恐怖症の方もご注意ください。

いざ塔の中へ入ります。入口には「階段が96段、エレベーターはありません」との文字が・・・

階段

階段

入口に着くと、注意書きが目に留まります。

螺旋階段で海中展望室まで96段あります。エレベーターはございません。といった内容。
当然ベビーカーは無理です。

普段階段の数を数えることがないので、数字をみてピンときませんでしたが、下る分には特段疲れることはありませんでした。

螺旋階段を半分くらい降りたころでしょうか、「これより海中」の文字が!

階段には窓がないので、外の様子が見えず、実感はありませんでしたが、いよいよクライマックスといいますか、冒険しているようなドキドキ、ワクワク感がありました。

2歳の娘は、どこへ行くんだろうといった感じで若干不安げな様子。そんな様子を伺いながらも、パパはどんどん階段を下っていきます。

いよいよ塔の最下層に到着!魚がたくさん!!!

海底観察

海底観察

"螺旋階段を下りきると、そこは薄暗い丸い部屋になっています。海底の様子を観察するために、塔内を外より暗くしているのでしょうか。

周りの壁には楕円形の窓が並んでおり、のぞくと魚がたくさんおりました!
どうやら、塔の周りで餌をまいて、魚をおびき寄せている様子でした。

魚が大好きな娘の様子はと言いますと、「お魚、いる!」と声をあげ満面の笑顔!

入場の際、本日の透明度は悪いですと言われましたが、近くに寄ってきている魚に関してはよく見えました。

透明度が良い時だと、海底の様子がはっきりと確認できるようです。興味を掻き立てられます。
この日は30センチくらいの大きいものから、3~4cmくらいの小さいものまでが観察できました。

海底観察を満喫した後は、96段の階段を上ります

階段をのぼる

階段をのぼる

海底に10分ほど観察をして、いよいよ96段の階段を上って地上へ出ます。

少しインターネットで調べたのですが、一般的な戸建て住宅の1フロアの階段数は13~14段が平均らしいです。
とすると通常の家を7階くらい上る感じだと思ってください。

行きの下りの際はまったく感じなかったのですが、普段運動不足なせいか上りはさすがに息が切れます。

入口の注意書きの意味が帰りになってわかりました。
そんな気持ちを汲んでくれているのか、途中ベンチがあるので、ちょっと休憩できます。

階段部分では娘は下りも上りもずっとパパに抱っこされておりましたが、ベンチに座って一言「あー、疲れたねー」です。

パパは失笑しておりました。

アソビバママが見た『かつうら海中公園海中展望塔』のポイントはココ!

『かつうら海中公園海中展望塔』では、その日の透明度の良し悪しによって料金が変更になるようです。

通常960円のところ、我が家はあらかじめ観光案内所にあった割引チケット(850円)を持参して行ったのですが、「本日は透明度が悪いため640円です。割引券は使えません」との看板があり、安くなりました。

その日の透明度はかつうら海中公園海中展望塔のホームページで確認できますので、事前にチェックしたい方はぜひご確認ください。

ちなみに円塔の海上部分は展望台になっていて、360度海を見渡せます。コインを入れて観察できる望遠鏡もありました。

また、塔の最下層には魚の図鑑が貼られていて、海底にいる魚の名前を確認することができます。

文/SU-MIX

公式サイト:http://www.katsuura.org/

『かつうら海中公園海中展望塔』で水深8mの海底の様子が観察できる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集