千葉県で唯一のライオン展示!『千葉市動物公園』へおでかけ♪

378view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
千葉県で唯一のライオン展示!『千葉市動物公園』へおでかけ♪

平日の幼稚園の代休を利用して4歳の息子、1歳の娘、私、母の4人で千葉県千葉市にある千葉市動物公園におでかけしました。 今年の4月末から千葉県で唯一のライオンの展示がされるようになった千葉市動物公園。 以前から「行きたい行きたい!」と騒いでいた息子君は迫力満点のライオンやたくさんの動物を見て楽しんでくれるでしょうか。 最近色々なものに興味を持ち始めた娘も喜んでくれると嬉しいです。

  • 使ったお金:1,850円
  • 遊んだ時間:11:00〜13:30 計2時間30分
  • 子供の年齢:4歳(おとこのこ)、1歳(おんなのこ)

2016年10月更新

モノレールに乗って『千葉市動物公園』に到着!

千葉市動物公園

千葉市動物公園

動物公園までは息子が楽しみにしていたモノレールに乗って行きました。

モノレールの駅でフリーきっぷと動物公園のセット券が販売されており、通常は1320円(フリーきっぷ620円・入園料700円)かかるところ800円でとてもお得に購入出来ました。

車ではなく電車で行く方にはおすすめです。ただし販売されている駅は千葉・千葉みなと・都賀・千城台の4駅ですのでご注意下さい。もちろん駐車場も完備しているので車で行くこともできます。

そして11時頃に動物公園に到着。入り口で250円でベビーカーをレンタルできるので持参しなくても大丈夫です。

ベビーカーは普段皆が使っているようなメーカーのもので背もたれも硬くないので安心して利用することができます。

入ってすぐ上り坂がありますがそこ以外は平らな道なので、移動も簡単です。

ゾウの骨に大興奮!動物科学館でお勉強

動物科学館

動物科学館

まずはモンキーゾーン。初めに見ることができるのがニホンザルです。
サルの群れを見て子どもたちは大喜び。

その他いろいろな種類のサルを見て、最後はゴリラです。オスとメスで分かれていましたが、二匹とも座って柵の方を見ていたのでさらに息子は大興奮でした。

柵によじ登ると下に落ちてしまいそうで危ないので、やんちゃなお子さまは目を離さないようにお気をつけください。

モンキーゾーンを過ぎると左側に動物科学館がありました。入ると目の前に大きなゾウの骨が展示されています。

恐竜好きな息子は初めは恐竜の骨と思ったようで、目の前の大きな骨に興味津々でした。ゾウの長い鼻には骨がないことを初めて知り、息子の良いお勉強になりました。

次は二階へ。エレベーターがあるのでベビーカーでも大丈夫です。

ここにはサルや小動物などの骨や卵、うんちなどが展示されており息子はひとつひとつ「これは何?」と聞きながら真剣そのものでした。

こども動物園で人懐っこいウシに遭遇!

人懐っこいウシに遭遇!

人懐っこいウシに遭遇!

ランチを取り、午後一番は動物と直接触れ合える子ども動物園に向かいました。

最近ウマの歌が大好きな娘は、入り口にいた本物を見て大喜び。そして奥にはこぶのある真っ白なウシがいます。

周りにいる人が「おいで」と呼ぶとゆっくりと近づいて来ます。見ている人の中には体を触っている人もいました。

近づいてくるウシに息子も娘も大興奮。2人で「おいでおいで」と手招きをしていてとっても楽しそうでした。

こども動物園を出て左に行くと、立ち上がるレッサーパンダとして話題になった風太君を見ることができます。

仕切りで分かれているのですが、風太君は中央にいます。最近は歳のせいで寝ていることが多いそうで、当日も寝ていました。

風太君の隣の部屋に子どもが、さらにその隣には孫がいます。私もそうでしたが、風太君だと思って一番手前の部屋の前で写真を撮っている人がたくさんいました。

お子さまと記念写真を撮る際はお間違いなく。

遂に念願のご対面?!ライオン展示場へGO!

ライオン展示場へGO!

ライオン展示場へGO!

次はいよいよライオンのいる草原ゾーンに向かいました。大きなゾウやキリンを見て真剣な眼差しの子どもたち。

特に動物園が初めての娘は真剣そのものでした。そして遂に今回のメイン、ライオン展示場へ。

とても広い敷地のはまるで野生のライオンに会いに来たような平原。奥に小さな山のようなものがあり、その後ろにライオンがいました。

遠くにいましたが初めてのライオンに息子は大興奮。先を進むともう一つの展示場があります。

そこはガラス越しに間近でライオンを見ることができます。そこにはひっくり返って可愛らしい姿で寝ているライオンが。

目の前で迫力あるライオンを、とはいきませんでしたがライオンを見ることができて大満足な息子君でした。

外のライオンを見る際は、目の前まで来ることはありませんが柵によじ登ると危険なので気を付けてくださいね。

動物公園をあとにしたのは13時半頃。再びモノレールに乗ることができて息子は大喜びでした。

アソビバママが見た『千葉市動物公園』のポイントはココ!

ランチ

ランチ

動物公園内にはレストランが3か所あります。ポテトなど軽食がある屋外のお店、パスタなどが食べられるレストラン、動物科学館の中のカフェです。

今回私たちは出発駅に向かう途中のコンビニでおにぎりを買っていたのでランチはベンチでいただきました。

遠足で来ていた小学生はレジャーシートを敷いて、レストラン前の大きな通りで食べていました。暖かければピクニック気分で食べられるのでレジャーシートを持参してもいいかもしれません。

トイレにはオムツ替えシートがあるので小さなお子さまのおむつ替えも安心です。

ただショッピングモールのようにおむつを捨てるごみ箱がなく、トイレのごみ箱にはおむつは捨てないよう書いてあるのでビニール袋を持参してください。

私は利用しませんでしたが授乳室もあるようなので、赤ちゃんがいても大丈夫です。

今回は肌寒かったため滞在時間が短かったのですが、子どもたちが楽しんでくれて良い一日になりました。

文/ココア

千葉県で唯一のライオン展示!『千葉市動物公園』へおでかけ♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集