京急油壺マリンパークでアシカやイルカ、かわうそと触れ合おう!

1,581view
京急油壺マリンパークでアシカやイルカ、かわうそと触れ合おう!

休日を利用して、家族で「京急油壺マリンパーク」へ遊びに行ってきました。アシカやイルカ、カワウソたちと触れ合える、海の動物好きにはたまらないスポットです。ペットも同伴でき(要手続き)、大人も子供も一緒になって楽しめます。

マリンパークは神奈川県の三浦半島のほぼ先端に位置しています。相模湾が一望できて、三浦の自然も同時に味わえます。

本場の三崎マグロも食べられます!それでいて都心から遠すぎない距離なので、日帰り遠足にぴったりですよ。

今回は、マリンパークを遊びつくすためのお役立ち情報をレポートします。

様々なアトラクションやパフォーマンス、体験イベントがある中で、「どうやって回ったらいいか分からない」という方がほとんどでしょう。

そんな方でも、これを読み終わった頃にはきっとコツがつかめているはずです。

また、割引情報も載せています。できるだけお得に遊ぶためにはどんな方法があるのか、是非参考にして役立てて下さい。

それでは、一緒に「京急油壺マリンパーク」へ行ってみましょう!

京急油壺マリンパークとは?

 (50348)

京急油壺マリンパークは神奈川県三浦市にある、来年で開館50周年を迎える歴史ある水族館です。

後ほどご紹介する視界360度の回遊水槽は開園当初からのもので、その後誕生した関東近郊の水族館のモデルにもなりました。

イルカ・アシカのパフォーマンスをはじめ、動物たちのアトラクションが豊富です。体験型のイベントも数多く用意しています。

また、園内には標本を含めて希少生物が多く展示されており、同時に絶滅危惧種の繁殖保護活動も行っています。

“水族館に詳しい人が勧める水族館”として、京急油壺マリンパークを挙げる人は少なくありません。

電車・バス、車を使ったアクセス方法

1. 電車とバスを利用する

 (50349)

最寄り駅は、京浜急行の「三崎口駅」です。改札は1ヶ所で、エレベーターとエスカレーターが連絡しています。
ここから、京急バスに乗り換えます。

 (37587)

※写真は2017年3月時点のものです。現在は変更になっています。

改札を出ると、目立つ位置に京急バスの案内が出ています。
京急油壺マリンパークへは、1番の「京急油壺マリンパーク」行きバスを利用します。

 (50350)

バス乗り場は駅改札を出てすぐ左方面です。ロータリー沿いにあるので、簡単に見つけられます。油壺までの運賃は片道270円(IC運賃は268円)です。
※城ヶ島行きのバス乗り場と間違えないように気をつけて下さい。

 (50351)

終点「京急油壺マリンパーク」で下車して下さい。
エントランス目の前に到着します(連休や繁忙期はひとつ手前の「油壺」が終点となります)。

2. 車を利用する

首都高速、第三京浜、東名高速をご利用の際は、三浦縦貫道路の終点「林I.C」が最寄りのインターチェンジとなります。

 (50352)

林I.Cを出たら、突き当たりの交差点「三浦縦貫道路林入口」を左折します。134号線を「城ヶ島・三崎」方面へ向かって下さい。

 (50353)

三崎街道をドライブしていると、途中で広大な三浦野菜の畑が見渡せました。
こんな風景が楽しめるのも、三浦ならではです。

 (50354)

林ICを出てから約15分。「油つぼ入口」交差点を右折します。
その後、道なりに5分ほど進むと到着します。

京急油壺マリンパークの入園料

1. 通常料金

通常料金は下記の通りですが、お得なクーポン券や割引チケットを手に入れる方法があります。

・高校生以上:1,700円
・中学生:1,300円
・小学生:850円
・幼児(3歳~):450円
・2歳以下無料
・ペット:500円(要手続き)

2. 購入方法

購入方法は様々です。ご自分にとって都合の良い方法で購入できます。

・パークのチケットカウンターで当日券を購入する
・パソコンかスマホで電子チケットを購入する
・コンビニの専用端末から前売り券を購入する

3. 駐車料金

 (50355)

パーク目の前に専用駐車場が隣接しています。係員の誘導に従って駐車して下さい。
料金は乗用車で1回700円です(二輪車は1回200円)。
※7月15日~8月31日は夏季料金で入園の方は1,000円、入園されない方は3,000円となります。
営業時間はマリンパーク営業時間と同じとなっています。※季節によって変動あり。

駐車場には限りがあるのでバスでの来園がおすすめです。

どれが一番お得?クーポン、チケット割引

京急油壺マリンパークには、お得なクーポンやチケット割引が沢山あります。利用する交通手段やチケットの購入方法によって異なりますので、最もお得な方法を見つけて下さい。

1. アンケートに答えて10%割引

ホームページのクーポン・前売り 割引情報から該当月のクーポンをプリントアウトし、アンケートを記入します。当日、チケットカウンターに持参するとクーポンが適用されます。

 (50356)

クーポンは月ごとに変わりますが、回答内容は毎月ほぼ同じで、入園料が10%OFFになる場合が多いです。
※クーポン1枚につき5名まで有効で、他の割引券との併用はできません。
※ご自宅にプリンターがない場合は前日までにお電話にてご連絡ください。割引可能になります。

2. 京急線のサービスを利用する

電車やバスを利用するなら、みさきまぐろきっぷを使った方が断然お得です。京急線の各駅で購入できます。

 (50357)

■みさきまぐろきっぷ 【三崎口・油壺コース】2,960円

・発着駅〜三崎口駅往復乗車券 →横浜駅からなら1,140円
・三崎口〜油壺間往復バス乗車券 →540円
・京急油壺マリンパーク入場券 →1,700円
・パーク内レストラン「ログテラス」の「まぐろづくし丼」食事券 →1,550円

これだけ詰め込んで2,960円はかなりお得です。本来なら合計4,930円なので、2,000円近くの割引になります。

営業時間と混雑状況

営業時間は9:00~17:00(季節によって変動あり)となります。
※最終入館は閉館時間の30分前です。

混雑状況

館内も道路も平日はほとんど混雑することはありません。

ただ、連休中などはマリンパークへ向かう道路が渋滞しますので注意が必要です。

お昼前後は高速の「林I.C」からマリンパーク間に渋滞が発生します。それでも車がまったく進まないというほどの渋滞ではないようです。

ペットと入園できる珍しい水族館!

京急油壺マリンパークは、ペットの同伴が許されている珍しい水族館です。パーク内ではペット連れのお客さんをよく見かけました。
所定の手続きを済ませば、愛犬や愛猫と一緒に遊ぶことでできますよ。

 (50358)

パーク内にはワンちゃん専用のドッグランがあります。
シャワーや水飲み場も設置されている他、日陰で休める場所も用意されています。

 (50360)

ペットの入園料は1頭500円です。
入園時に誓約書(ホームページからダウンロード可能)を記入するのと、下記の書類提出が必要です。

【必要書類】
・犬(1,2のいずれか)
1. 狂犬病予防注射済票
2. 犬鑑札+狂犬病予防接種証明書

・猫
3種以上の混合ワクチン接種証明書

※パーク内にはペットが苦手なお客さんもいるので、マナーを守りましょう。詳しい規約はホームページを参照して下さい。
※犬猫以外の動物は事前にお問い合わせください。

京急油壺マリンパークは見どころがいっぱい!

・あしか島

入園して間してすぐ左手に見えてくるのが「あしか島」。

ここでは3頭のカリフォルニアアシカの暮らしぶりを、自然に近い状態で観察することができます。

頭にコブがあるのが特徴のミナト(オス)はあしか島のボス。

 (50361)

メスのパンはごろんと横になって気持ちよさそう。

 (50362)

あしかのお食事タイム(所要時間:5分)

あしかのお食事タイムを狙ってみても良いでしょう。1日1回の開催となりますので詳しい時間は、当日のタイムテーブルを参照して下さい。

 (50623)

・ペンギン島

パークの中央に位置している「ペンギン島」では、30羽以上いるキタイワトビペンギンを観察することができます。

ここではマリンパークではキタイワトビペンギンの繁殖に力を入れています。

 (50365)

両足をそろえて岩山をピョンピョン歩く姿が愛らしいです。

ペンギンのお食事タイム(所要時間:5分)

ペンギン島の見どころは、一日二回行われるペンギンのお食事タイムです。
詳しい時間は、当日のタイムテーブルを参照して下さい。

 (50625)

・いるかのプール

いるかのプールでは、バンドウイルカの生態を間近で観察することができます。

 (50501)

イルカのお食事タイム(所要時間:5分)

イルカの餌付けという体験イベント(有料・定員になり次第受付終了)があるので、是非参加してみましょう。

 (50620)

お食事の合間にイルカが様々な技を見せてくれます。1日1回の開催なので、時間に注意して下さい。

・みうら自然館

「みうら自然館」には神奈川県の絶滅危惧種や希少生物など、約50種200点もの生物をみることができます。

イモリやニホンイシガメ、ニホンアカガエル、ヘイケボタルなど多岐にわたります。

 (50370)

水槽に顔を近づけて目的の生き物を探してみましょう。

昨今では都市化や河川改修の影響で川の水質が悪化し、生息水域が減少しているそうです。
親子で環境問題について考える良い機会となるでしょう。

・水族館「魚の国」

あしか島の裏にユニークな形で横たわっているのが水族館の「魚の国」です。4つのテーマに分かれた30の水槽と、奥には水量600トンの視界360度の回遊水槽が待ち受けています。

 (50502)

巨大なチョウザメや、日本で唯一、ここでしか見ることのできない、バルチックチョウザメも展示されています。

回遊水槽にはインパクトの強い生き物が多いです。こちらはノコギリエイです。

 (50376)

館内は全体的にうす暗くなっているので、子連れの方は迷子にならないように気をつけて下さいね。

かわうその森

「かわうその森」では名前のとおりカワウソはもちろん、モモンガ、フクロウなどの様々な生き物が生息しています。

 (50380)

マリンパークで飼育されているのは、コツメカワウソという東南アジアに棲む品種です。カワウソたちは、3つのエリアに分かれて生活しています。

 (50381)

何とも可愛いらしい姿のカワウソに癒されます。
水槽自体がアスレチック型になっていて、ユニークな展示です。

カワウソのお食事タイム(所要時間:5分)

カワウソたちが手先を器用に使ってエサを食べる姿を間近に見ることができます。
こちらも一日一回となります!見逃したくない場合はタイムテーブルを要チェックです。

・屋内大海洋劇場「ファンタジアム」

完全屋内型劇場「ファンタジアム」ではイルカとアシカのパフォーマンスを毎日開催されています。

レーザーライトなどの照明演出や音響効果をしっかり楽しめるのも特徴です。

 (50385)

いるか・あしかパフォーマンス(所要時間:35分)

 (50617)

訪れた時(3月中旬)ドルフィンホラーショーという人気のショーが開催されていました。
パフォーマンスの内容は時期によって変わりますので、事前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします

★京急油壺マリンパークの各展示・プールについて詳しくは…

京急油壺マリンパークの見どころ・魅力!カワウソやペンギンを間近で - アソビバ

京急油壺マリンパークの見どころ・魅力!カワウソやペンギンを間近で - アソビバ

イルカ・アシカのパフォーマンスをはじめ、かわいいペンギンやカワウソも見ることができる子連れにもおすすめのお出かけスポット。今回はその見どころを紹介していきます!

★京急油壺マリンパークのショーや餌やりタイムについて詳しくは…

京急油壺マリンパークで絶対観たい!イルカやアシカのショー・餌付け - アソビバ

京急油壺マリンパークで絶対観たい!イルカやアシカのショー・餌付け - アソビバ

京急油壺マリンパークでは、動物たちが毎日様々なパフォーマンスを披露してくれています。

パーク公式のオススメコースを紹介

京急油壺マリンパークには公式のオススメコースがあります。

入園時に配布される案内図にタイムテーブルと一緒に載っています。当日は到着した時間に合わせて、これを見ながらパークを回ると効率的です。

3つあるコースどれもが90分程度で終わるコースとなっています。

 (50386)

1. モーニングコース

モーニングコースは午後から別の用事がある場合に向いています。朝はちょっと早めですが、午前中に見られるパフォーマンスが詰め込まれています。

 (50387)

09:30 魚の餌付けガイド
09:45 魚のパフォーマンス
10:00 ペンギンのお食事
10:20 いるか・あしかパフォーマンス
11:00 魚の餌付けガイド
11:20 魚のパフォーマンス
11:40 いるか・あしかパフォーマンス
※上記は繁忙期(連休中のみ)のスケジュールとなります。通常のタイムテーブルとは異なります。

重複しているパフォーマンスがあるので、その時間帯はパーク内を見て回ると良いでしょう。

2. デイタイムコース

デイタイムコースはお昼過ぎから15:00前までの間で、パークの魅力を存分に楽しめるように設定されています。

 (50388)

13:20 いるか・あしかパフォーマンス
14:10 魚のパフォーマンス
14:25 魚の餌付けガイド
14:30 カワウソのお食事
14:50 イルカのお食事

※上記は繁忙期(連休中のみ)のスケジュールとなります。通常のタイムテーブルとは異なります。

「魚の餌付けガイド」の所要時間が10分あるにもかかわらず、14:30〜の「カワウソのお食事」がコースに組み込まれています。

前者を5分で中断してかわうその森へ急げば、「カワウソのお食事」を見ることは無理ではありません。

しかし、そうすると「魚の餌付けガイド」が途中までしか見れないうえに、「カワウソのお食事」を人だかりの後方から見るハメになりかねません。

安全性に無理なく楽しむことを考えると、どちらか一方のアトラクションに絞ることをオススメします。

時間に余裕のある方は、1日1回しかない「カワウソのお食事」を優先させると良いでしょう。

3. イブニングコース

イブニングコースと言っても、17:00前には終わります。

15:00からでも各パフォーマンスを満喫できる内容です。午後からしか時間が取れない方や、三浦半島ドライブの最後に訪れる場合などに良いでしょう。

 (37709)

15:05 あしかのお食事
15:15 ペンギンのお食事
15:40 いるか・あしかパフォーマンス
16:15 魚の餌付けガイド
16:30 魚のパフォーマンス

※上記は繁忙期(連休中のみ)のスケジュールとなります。通常のタイムテーブルとは異なります。

総評:3つのコースは時間帯によって見られるコースを推奨しています。
当然ですが、どれか1つだと必ず何かを見逃すことになります。

せっかく来たマリンパークですから、できるだけたくさん楽しんで帰りたいですよね?

「いるか・あしかのパフォーマンス」と各動物のお食事タイムは見応えがあるので、お時間のある方はコースをまたいでも一日の予定に組み込んでおきたいところです。

すいぞくかん学園に入部してカワウソと握手しよう!

京急油壺マリンパークには、すいぞくかん学園という年間パスポートと体験イベントがあります。

イルカ・アシカ学部、かわうその森学部、魚・ペンギン学部、総合学部、購買の合計5学部が季節ごとに様々な活動を行っています。

誰でも参加可能で、見るだけでは飽き足らない方にはもってこいのイベントです。

 (50402)

例えば、イルカ・アシカ学部ではアシカと握手体験などができます。こちらの体験は土日祝、15:30からのショー終了後に行われます。料金は1人200円です。
※繁忙期は時間が変更となります。

 (50403)

順番に行列に並んで、いよいよアシカと握手!思ったより強く、ぎゅーっと手を握ってくれました。一緒に記念撮影もしてもらえます。

 (50404)

魚・ペンギン学部の裏側見学ツアーでは、普段は絶対に見ることができない水族館の裏側を
見学します。1人500円で、こちらは予約制です。

濾過水槽を使った水槽の管理方法を教えてもらったり、回遊水槽を上から覗いたり、どんな質問にでも飼育員さんが親切丁寧に答えてくれます。

 (50405)

裏側の水槽を開けるとホシエイが寄ってきました。
マリンパークに来たばかりでまだ慣れていない生き物などを飼育しているそうです。

大人気!カワウソと握手ができる!

 (50406)

こちらは、かわうその森学部の大人気体験イベント、カワウソにお魚をあげて指タッチです。
参加費は1人1,000円で予約制。毎日開催されています。

 (50407)

すいぞくかん学園の体験イベントは日によっても多種多様で、それぞれ料金が違います。

事前に予約が必要だったり、中にはネット予約が可能だったり。

ですので、来園する日が決まったら、その日にどんな体験イベントが行われているのか、事前によく確認するようにして下さい。

せっかく楽しみに来たのに参加できなかった、なんてことになりかねませんので。

また、入園パスポートなどが付いた特典満載のすいぞくかん学園に入学する方法もあります。

年間2回以上来園するなら断然お得になります。詳しくはホームページをご覧下さい。

名物の三崎まぐろでランチも!各種レストラン情報

・三崎まぐろのレストラン「Log Terrace」(ログテラス)

京急油壺マリンパークには、大きめのレストランがあります。和食中心のメニューで、地元の三浦マグロを使用した丼が人気です。お子様向けのメニューもありますので、ご安心下さい。

 (50408)

パークの入り口からすぐの場所です。向かって右側には、スロープ付きの出入り口があります。

メニューを選んだら、券売機で食券を購入し、カウンターに提示して下さい。
カウンター絵は番号札を渡されますので席で待機しましょう。

 (50411)

こちらは、ログテラスで1番人気メニューの鮪づくし丼(1,550円)です。他に、鮪の角煮と鮪のけんちん汁がセットで付きます。

ちなみに、2番人気はサーモンといくらの親子丼(1,400円)で、三崎まぐろラーメン(850円)というご当地グルメも食べられます。

 (50412)

天気の良い日は、テラス席で食べると気持ちがいいです。
ペット連れのお客さんは、こちらの席を利用しましょう。

 (50413)

お茶と水はセルフサービスです。カウンター前のサーバーを利用して下さい。
冷たい方と温かい方、両方選べます。

 (50414)

お子様用のメニューはこちら。お子さまランチ(700円)です。
他に、お子さまビーフカレー(650円)もあります。

 (38004)

子供用の椅子も用意してあります。
お子さんのサイズに合ったものを選んで使用して下さい。

・ペンギンショップ

ログテラスがしっかりとしたお食事メニューを提供しているのに対して、ペンギンショップは軽食中心です。アトラクションやパフォーマンスの合間にちょっと一息、という時に最適です。

 (50415)

メニューはうどん、そば、たこ焼き、デザート。さらには、ビールにおつまみといった感じです。もちろん、ソフトドリンクも販売しています。

 (50416)

地産地消をテーマにしたジェラートが売られていました。
横濱アイス工房「小野ファーム」のしぼりたて牛乳を使用しているそうです。

 (50417)

左から、イカのいそべあげ(310円)、焼きおにぎり(250円)、コーラフロート(520円)です。
思いっきり遊ぶと、お腹が空くのが早いんですよね。

 (50418)

店内には消毒液と手洗い用の水道があります。
色んな動物と触れ合う可能性を考えると、こういう細かい気配りがうれしいポイントです。

思わず手に取りたくなるお土産がいっぱい!

京急油壺マリンパークのお土産ショップは2ヶ所あります。是非とも買って帰りたい、人気のお土産、グッズをご紹介します。

1. エントランスショップ

 (38019)

 (50419)

その名の通り、エントランスにある大きなお土産ショップです。帰り際、出口へ向かう際に必ず通りますので、荷物を持ち歩かずに済むようになっています。

 (50420)

以下が、人気お土産の上位ランキングです。

1位 かわうそスチームケーキ(500円) 写真左上
2位 三崎まぐろのまぐろチップ(550円) 写真右上
3位 京急電車クッキー(550円) 写真左下

写真右下のかわうその森チョコレートクランチ(550円)が気になったので、購入してみました。

 (50421)

中身はチョコレートクランチです。個別包装されていて、10個入っています。
ザクザクしたチョコの食感が楽しめてオススメですよ。外箱のパッケージがとてもカワイイので、食べ終わった後も何かに使えそうです。

 (50422)

グッズの中では、チンアナゴ関連の商品が売れているそうです。500円以下のものから、4,000円を超える巨大なぬいぐるみまで豊富なラインナップが揃っています。

できることなら、パークで思いっきり遊ぶのとは別に、お土産をじっくり選ぶ時間を取っておきたいところです。

2. ペンギンショップ

 (50423)

先ほど軽食レストランとしてご紹介したペンギンショップですが、お土産コーナーもあります。

エントランスショップと比べて、持ち運びにかさばらない小さな商品が多く並んでいます。

右側にかかっているペンギン型吸盤付き歯ブラシは200円のお手頃価格で大変人気です。お子さんのお友達へのお土産にも良いですね。

エントランスショップで人気上位ランクのお菓子も販売しています。ペット用のおやつもありました。

3.チケットカウンターレジ横購買

マリンパークでしか売っていない、飼育中のペンギンから抜け落ちた羽根のストラップなどのオリジナル商品が並んでいます。

子連れにうれしい施設・サービス情報

パーク内は全面禁煙です。なので、タバコの煙や火を心配する必要はありません。
ここでは、特にママ向けの情報を発信していきます。

 (50424)

授乳室はエントランスショップ脇の1ヶ所です。

こちらは女性専用です。男性がオムツ替えなどをする場合は応接室を利用することになるので、チケットカウンターへ声がけをして下さい。

 (50425)

こちらが室内の様子です。オムツ替え用の台とゴミ箱、70度以上のお湯が出る温水器付きシンクが用意されています。授乳時はカーテンを閉めて下さい。

 (50426)

パークの再奥部、すいぞくかん学園「潮風校舎」の隣には遊具付きの公園があります。お子さんが飽きたりぐずったりなんて時に便利です。すぐ側にトイレもあります。
ちなみに、遊具は3~12歳用で、6歳以下の子供には親の同伴が必要です。

 (50427)

パーク内にトイレは合計4ヶ所、ベンチも随所に満遍なく設置されています。
程よく休憩しながら、体調に気をつけてめいっぱい楽しみましょう!

京急油壺マリンパークは子連れ家族にもデートにもオススメ!

 (50428)

京急油壺マリンパークは比較的小規模ながら、根強い人気を誇る水族館です。この記事だけでは紹介仕切れなかった魅力や、訪れた人にしか感じられない魅力がまだまだたくさんあると思います。

中でも一番の売りは、希少生物の宝庫だということでしょう。サメの種類の多さも注目に値します。

また、14:00過ぎから始まる、動物たちによる怒涛のお食事タイムも絶対に見逃して欲しくありません。

体験イベントも盛り沢山です。子連れの家族は言うまでもなく、恋人同士も恋人未満も、間違いなく一気に距離が縮まることでしょう。

みさきまぐろきっぷなどの割引を上手に利用して、お得で楽しい、そして実りある旅をしてみてはいかがですか?

施設情報

名称:京急油壺マリンパーク
住所:神奈川県三浦市三崎町小網代1082
電話番号:046-880-0152
営業時間:9:00~17:00
公式サイト:http://www.aburatsubo.co.jp/

京急油壺マリンパークでアシカやイルカ、かわうそと触れ合おう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集