親子で楽しもう!『ナンジャタウン』はゲームのテーマパーク♪

492view
親子で楽しもう!『ナンジャタウン』はゲームのテーマパーク♪

平日のお昼の時間に、東京都豊島区の池袋サンシャインシティ内にある『ナンジャタウン』におでかけしました。メンバーは私、パパ、長男(5歳)、次男(0歳)の4人です。ゲームのテーマパークである『ナンジャタウン』をおでかけに選んだのは、最近ゲームが大好きな長男のリクエストです。果たしてどんなゲームがあるのか、楽しみです!

  • 使ったお金:4,090円(入園料:大人500×2/子どもパスポート2,600円、ジェラート代490円)
  • 遊んだ時間:11:00~14:30(計3.5時間)
  • 子供の年齢:5歳(おとこのこ)

2017年2月更新

池袋のランドマーク的な存在! サンシャインシティ内にある『ナンジャタウン』に到着

池袋のランドマーク的な存在サンシャインシティ内にある『...

池袋のランドマーク的な存在サンシャインシティ内にある『ナンジャタウン』

『ナンジャタウン』が入っているサンシャインシティのある池袋駅までは、電車を利用しました。

大きな駅ということで迷わないか心配ではありましたが、着いてみると駅構内にサンシャインシティへの出口案内板がありましたし、街中には所々に地図が設置されていたので、迷わずに行くことができました。

ちなみに池袋からサンシャインシティに着くまでにかかった時間は10分ほどでしたが、公式サイトによると東池袋駅を利用すれば3分という距離なので、迷子の不安がある方は東池袋を利用するとよいです。

アトラクション「もののけハンターズ」に挑戦!

アトラクション「もののけハンターズ」に挑戦!

アトラクション「もののけハンターズ」に挑戦!

最初に挑戦したアトラクションは「もののけハンターズ」というもの。

貸し出されたアイテムを使い、テーマパーク内の「もののけ」を捕獲します。

小学生未満は中学生以上の付き添いが必要なアトラクションです。

やはりアイテムの使い方が少し難しかったようで、パパに手助けをお願いしていました。

『ナンジャタウン』では小学生未満の子どもはパパママの付き添いが必要なアトラクションも多いです。

しかし赤ちゃんを抱っこしたままでは利用ができないものや、ベビーカーでは付き添いが不可というアトラクションも多いので、ママが赤ちゃんと小学生未満の子ども2人を連れて行く場合には、パパあるいは16歳以上の付き添いができる人が一緒にいた方がよいので注意しましょう。

不思議な味わい! レインボージェラートでちょっと休憩!

不思議な味わい! レインボージェラートでちょっと休憩!

不思議な味わい! レインボージェラートでちょっと休憩!

『ナンジャタウン』は屋内のテーマパークなので、寒さなんて気にせずたくさん遊べます。

体を思いっきり動かすアトラクションをしたので、暑いくらいでしたので冷たいデザートを食べることにしました。

ここではデコレーションされた可愛いデザートがたくさん販売されている「福袋デザート横丁」という場所があります。

長男が選んだのは「レインボージェラート」! その名の通り、虹色のジェラートです。

食べてみると、色んな味がミックスされていて「この味は何かな?」とか「これはベリー味だ!」なんてワイワイ言いながら食べました。

ちなみに飲食物の持ち込みは禁止なのですが、『ナンジャタウン』内で食事ができる場所は餃子のお店が集まった「なんじゃ餃子スタジアム」のみです。

他のものが食べたいという場合には再入園が可能なので、一度外に出てサンシャインシティ内のレストランを利用するとよいでしょう。

まだまだ他のアトラクションにも挑戦するよ! コインを集めて、巨大ルーレットを回せるイベントも!

コインを集めて、巨大ルーレットを回せるイベントも!

コインを集めて、巨大ルーレットを回せるイベントも!

『ナンジャタウン』には今の時点で14個ものアトラクションがあります。

パーク内を30分ほどかけて歩いて探索するものもありますが、だいたいが10分ほどで終わるアトラクションが多いので、次から次へとチャレンジすることができました!

テーマパークに行ったけどアトラクションに1、2個しか乗れなかったなんてことがないので、子どもの満足度は高かったようです。

平日だと待ち時間も少なくてさらにオススメ!

パーク内ではパスポートやアトラクションをクリアした際に貰える小さい紙製のコイン、パンフレットなどを仕舞ったり出したりする頻度が多いので、サッと出し入れできて、手が空くポシェットなどのバッグがあると便利だなと思いました。

さてアトラクションをたくさん楽しんで、最後のお楽しみは集めたコインで巨大ルーレットに挑戦。

大当たりは出ませんでしたが、チョコレートをゲットして嬉しそうでした!

アソビバママが見た『ナンジャタウン』のポイントはココ!

アソビバママが見た『ナンジャタウン』のポイントはココ

アソビバママが見た『ナンジャタウン』のポイントはココ

アトラクションだけでなく、『ナンジャタウン』のパーク内は昭和30年代の造りになっていたり、全体がおばけ屋敷のようなエリアがあったりと歩いているだけで楽しむことができました。

遊ぶにはパスポートか入場券を買って入場し、必要に応じてナンジャコインを販売機で購入するという方法があります。

小学生未満は付き添いが必要になるアトラクションもあるのですが、中には付き添いの人は料金が無料になるものも多いんです!

ですので、小学生未満の子どもとおでかけするという場合には子どもはパスポート、ママは入場券で遊ぶという手もあります。

また『ナンジャタウン』が入っているサンシャインシティは、色んなお店があってお買い物も楽しめます。

手荷物がいっぱいになってしまった! という場合にはコインロッカーもあるので、身軽にして大人も思いっきり遊んじゃいましょう。

文/ぜん

親子で楽しもう!『ナンジャタウン』はゲームのテーマパーク♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集