好奇心が止まらない『横浜アンパンマンミュージアム』であそびを満喫!

318view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKおでかけと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

好奇心が止まらない『横浜アンパンマンミュージアム』であそびを満喫!

神奈川県横浜市にある『横浜アンパンマンミュージアム』はアンパンマンのキャラクターたちに会える人気のスポット。12月の平日に、アンパンマンが大好きな2歳の娘と2人、電車に乗っておでかけしました。『横浜アンパンマンミュージアム』は無料施設のモールや広場のアンパンマンショーだけで十分に楽しむことができますが、今回はママからの少し早いクリスマスプレゼントとして、ミュージアム内で思う存分遊んでもらうことにしました。

  • 使ったお金:5,817円
    (ミュージアム入館料:大人1,500円/子ども1,500円、昼食代:1,875円、お土産代942円)
  • 遊んだ時間:11:40~16:40(計5時間)
  • 子供の年齢:2歳(おんなのこ)

2017年1月更新

『横浜アンパンマンミュージアム』は2つの駅からアクセスできます。

『横浜アンパンマンミュージアム』は2つの駅からアクセス...

『横浜アンパンマンミュージアム』は2つの駅からアクセスできます

『横浜アンパンマンミュージアム』の最寄り駅は、みなとみらい線新高島駅と横浜市営地下鉄高島町駅の2つあります。

どちらの駅からも徒歩7分と好アクセス。

もちろん、どちらからもベビーカーで向かうことができます。

改札の窓口には案内図がプリントされて置いてあるので、駅からの道がわからなくてもひと安心です。

もし、どちらの駅から行こうか迷ったら、新高島駅がおすすめです。

道案内のボードを持ったアンパンマン像に出会えるのは新高島駅だけ。

さらに、新高島駅からの道は平たんでより歩きやすいという利点もあります。

アンパンマンの世界観を見て触れて、体感しよう!

アンパンマンの世界観を見て触れて、体感しよう

アンパンマンの世界観を見て触れて、体感しよう

いよいよミュージアムの中へ。

3Fまでエレベーターで上がると、最初に目に飛び込むのはお出迎えジオラマ。

お気に入りのキャラクターと一緒に記念写真をパチリ。

他にも、動くジオラマ見学や覗き窓のついたバイキン城、パン工場のパン作り、子どもが乗れるアンパンマン号も展示されています。

床や壁も含むあらゆる場所に、動かしたり、めくったり、覗いたり、くぐったり、ジャンプしたりできるところがあり、子どもたちは夢中で探しては、見て、考えて、試すことを繰り返します。

アンパンマン号は特に大人気の撮影スポット。

ゆっくり撮影したいならショー開催中や直後がおすすめです。

次は階段で2Fへ。

アンパンマンでお馴染みの食べ物が並ぶお店屋さんが目を引きます。

アイスクリームにお寿司にどんぶり。

まずは店内で商品作り。並んだどんぶりに火を入れて……。

さあ、ママをお客さんに見立てて「いらっしゃいませ~♪」あれ? 娘がどんぶりになっちゃった! ?

イベントが盛りだくさん♪「みみせんせいのがっこう」で工作体験

イベントが盛りだくさん♪「みみせんせいのがっこう」で工作体験

イベントが盛りだくさん♪「みみせんせいのがっこう」で工作体験

アンパンマン広場で行われるアンパンマンショーは1日2回、14:00と17:30から行われます。

その他にも、ミュージアムの中ではミニステージや人形劇、期間限定イベントなど目白押し。

イベントのお知らせボードがあるので、イベントの時間は早めにチェックしておきたいところです。

わざわざメモを取らなくても、スマホで写真を1枚撮っておくと安心です。

訪れた日の期間限定イベントは、アンパンマンの仲間たちがクリスマスにちなんだ歌やリズム遊びをしてくれました。

「みみせんせいのがっこう」ではアンパンマンのクリスマスの赤い帽子を工作。

自分で作った帽子をかぶり、みみせんせいと同じポーズで記念撮影をしました。

まだまだ遊ぶぞ!すべり台やボールで思いっきり体を動かそう

まだまだ遊ぶぞ!すべり台やボールで思いっきり体を動かそう

まだまだ遊ぶぞ!すべり台やボールで思いっきり体を動かそう

1Fわんぱくタウンには5種類のすべり台が並んだ虹のすべり台があります。

3歳以上と注意書きにありますが、2歳でも階段を1人で登れて大人が下で受け止める手伝いをすれば、一番ゆるやかな赤色のすべり台をすべらせてもらえます。

室外にはアンパンマンたちの大きな顔のボールが用意されていて、ゆるやかな坂を登って上から転がしたり、投げっこしたり、ボールあそびを楽しむことができます。

実はこの場所であそんでいると、突然アンパンマンや仲間たちがやってくることも。

アンパンマンや仲間たちとの写真撮影はもちろん、握手やハグをして触れ合うことができるこの場所はおすすめの穴場スポットです!

アソビバママが見た『横浜アンパンマンミュージアム』のポイントはココ!

アソビバママが見た『横浜アンパンマンミュージアム』のポ...

アソビバママが見た『横浜アンパンマンミュージアム』のポイントはココ!

あれもこれも食べたいと決められないランチタイム。

14:00からのショーに間に合わせるため、ランチをささっと済ませたいなら「うどんちゃんのやたい」がおすすめです!

小学生以下限定お子様うどんは、食べ終わったどんぶりを持ち帰ることができます。

うどんだけではちょっと物足りない人には、サイドメニューに「アンパンマンのできたてステーション」で、揚げたてのコロッケや肉まんを買っておくと良いです。

コロッケやミニ肉まんにはアンパンマンのマークが入っていて、気分を盛り上げてくれます♪

大人気のレストラン、「アンパンマン&ペコズキッチン」は平日でもランチ時には2時間待ちということも。

画面をタッチするタイプの受付を行うと、番号の書かれた紙が発券されます。

その紙にあるQRコードを携帯で読み込んで登録すると、順番が近くなったときにメールでお知らせしてくれるというサービスがあります。

文/うまいまい

好奇心が止まらない『横浜アンパンマンミュージアム』であそびを満喫!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら