ダンボールでできたユニークな遊園地★『ニコパ 四季の森フォレオ店』

1,567view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
ダンボールでできたユニークな遊園地★『ニコパ 四季の森フォレオ店』

夏休み、8月後半の夕方、3歳の息子と5歳の娘と一緒に、神奈川県横浜市旭区にある『NICOPA(ニコパ) 四季の森フォレオ店』に遊びに行きました。 夏の暑い日、親としても冷房が効いていて、帰りに買い物もできる遊び場は貴重です。 お買い物のついでにゲームコーナーで遊んだことはありましたが、nico groundは初体験です。子ども料金は平日、最初の20分が300円、延長料金は10分延長ごとに+130円、フリータイムは690円になります。おとな料金は平日が2名様まで140円です。 まず驚いたのが、事前にフリータイムで入らずに、延長してもフリータイムの料金に達した時点で、フリータイム料金で精算できます! 

  • 使ったお金:1,520円
  • 遊んだ時間: 16:45~18:00 計1時間15分
  • 子供の年齢:5歳(おんなのこ)、3歳(おとこのこ)

2016年9月更新

平日は周辺道路の混雑もなく、あっというまに『NICOPA(ニコパ) 四季の森フォレオ店』に到着! 

 (5344)

近隣に四季の森公園や横浜市最大の動物園「ズーラシア」があり、土日の日中は目の前の道路が渋滞することも多いNICOPA 四季の森フォレオ店ですが、平日は渋滞もなく、駐車場もスムーズに見つかりました。

店内にはサーティーワンやファーストキッチンなどの子ども向けの飲食店があり、こどもたちも大喜び。

100円均一のセリア、ドラッグストアのHAC、スーパーのマルエツなどが揃っているので、急にオムツがなくなったり、子どものおやつが必要になったりした時も助かります。

授乳室、オムツ替えスペースもあるので、乳幼児のいる親には助かりますね。

電車大好きの息子! 早速、ダンボールトロッコを見つけて大はしゃぎ。

子ども ダンボールロッコ

子ども ダンボールロッコ

何枚ものダンボールで作られたトロッコを見つけ、早速飛び乗ったのは電車大好きな3歳の息子。

トロッコについている紐やトロッコ本体を押して自分で動かせるので、お姉ちゃんと一緒に乗って私が車掌さんの真似をしながら押したり、お姉ちゃんが乗ったトロッコをせーの!で押してみたりと、楽しみ方はいろいろあります。

ちゃんと両端はとうきょう、よこはま、と駅らしくなっています。このトロッコ、真ん中が少しだけ盛り上がっているので、傾斜がついてちょっとしたスリルを味わえます。

また、押す時にもこの真ん中の盛り上がりの場所は力を入れて押す必要があるので、保護者の方が手伝ってあげた方が良さそうです。

ソリ滑りもできる緑のすべり台を発見。夢中になって滑りました。

子ども ソリ

子ども ソリ

奥には、公園の滑り台くらいの大きなすべり台があります。
この時期、屋外のすべり台は太陽光で熱くなりすぎて小さな子どもは嫌がることも多いので、屋内のすべり台は大喜び! 

驚きなのはこのすべり台を含めて、この施設内の遊具はすべて頑丈なダンボールで作られているんです。

「普段工作で使うダンボールでこんな大きなすべり台も作れちゃうんだね!」と、5歳の娘とはダンボールの素材感も楽しみました。ソリもダンボールでできていて、このソリを持って階段を駆け上がると、景色もよかったようで満面の笑みを浮かべて、何度もいろんなポーズですべっていました。

すべり台が二つ並んでいるので、兄弟喧嘩することもなく楽しめました。
結構急な斜面なので、小さいお子さんをお持ちの保護者は注意が必要です。

ボールプールに滑り台、ダンボール木登りも! 時間が経つのも忘れちゃいます。

ダンボール木登り

ダンボール木登り

中央には大きなボールプールがあります。
50点、30点、10点などと書かれた穴がたくさんあいていて、ゲーム形式でボールを投げたり、ソリすべりのすべり台とはまた違う幅広の、これまたダンボールで作られたすべり台や木登りがあったり、長時間遊べる工夫が細部にあります。

小学生以下のスペースですが、年長のお姉ちゃんは50点の穴をめがけてボールを投げたり、年少の弟はボールプールにダイブしたり、異なる年齢の子どもたちがそれぞれ楽しめる作りになっていて、全く飽きません。

ダンボールの木登りもあって、それほど高くはないのですが、登った上にはタンバリンが! タンバリンを叩けるかな? と聞いてあげるとこどものやる気もアップしそうです。

今日は空いていましたが、お子さんが多い時は木登りをする際は周りのお子さんにご注意くださいね。

アソビバママが見た『NICOPA(ニコパ) 四季の森フォレオ店』のポイントはココ! 

こども 遊具

こども 遊具

『NICOPA(ニコパ) 四季の森フォレオ店の中には無料のコインロッカーが置かれていました。子どもたちと一緒に遊びたくても、貴重品や買い物袋が邪魔で…… というのはよくあること。

このような細かい配慮は嬉しい限りです。
尚、トイレは一度退出しないといけないので、あらかじめトイレを済ませておいた方が良さそうです。

値段や広さが手頃なので、買い物の合間や、ちょっと疲れた時にピッタリの施設でした。
帰り、いつものように3歳の息子が「まだ帰りたくないー!」とぐずったのですが、駄菓子や隣のゲームセンターで使えるメダルコインをプレゼントしていただき、子どもたちは笑顔に戻り、気持ち良く帰途につくことができました。

常時のサービスかは不明ですが、せっかく笑顔で遊んでいても、いつも帰りは「まだ遊びたい!」と泣きわめくのが親としては辛かったので、子どもの気持ちを考えて下さった素敵なサービスだと感激しました。

文/武藤純子

ダンボールでできたユニークな遊園地★『ニコパ 四季の森フォレオ店』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集