『Climbing Park Drop in』-クライミングパーク ドロップインでボルダリングに挑戦!

18view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『Climbing Park Drop in』-クライミングパーク ドロップインでボルダリングに挑戦!

2020年に開催される東京五輪の正式競技にもなったスポーツクライミングをご存じですか? スポーツクライミングとは、5m程度の壁を体ひとつで登る「ボルダリング」と、体にロープを繋いで安全確保をしながら12m以上の壁を登る「リードクライミング」、15mの壁に設定されたコースを上る速さを競う「スピードクライミング」の3種類。五輪の競技にもなったこともあり、最近は男性だけでなく、女性や子ども、高齢者まで、性別・年齢問わず幅広い層から人気を集めているスポーツです。

「クライミングパーク ドロップイン(以下、ドロップイン)」では、この3つのうち「ボルダリング」と10mの壁を登る「リードクライミング」が体験できます。

もちろん室内なので、天気に左右されずに楽しめるのも魅力のひとつ!

初心者でも登りやすい簡単なコースもあるので、ぜひ家族でチャレンジしてみましょう!

【初めての方限定48%オフ】CLIMBING PARK Drop-inの割引券はこちら

【初めての方限定48%オフ】CLIMBING PARK Drop-inの割引券はこちら

EPARKママこえでCLIMBING PARK Drop-inのお得な割引券を期間限定販売。購入はこちらから。

ドロップインってどんなところ?

 (81637)

ドロップインには、ボルダリング用のキッズウォール、85度、90度、105度、120度、140度、160度のルーフ壁があるほか、高さ10mのリードクライミング壁が2面もあり、本格的なクライミングを体験することができます。

キッズウォールといっても小さい子は登れないでしょう? と心配しているお父さん、お母さん、安心してください。

ドロップインにあるキッズウォールはいわき市で唯一2歳から登れる壁なので、親子で遊ぶのにもぴったりです!

クライミング専用のシューズや滑り止めのチョークはレンタルできるので、運動しやすい服装で行けば後は手ぶらでOK! 体ひとつではじめられるので、気軽に楽しめますよ!

フリータイムがお得! ドロップインの基本料金

 (81638)

ドロップインを利用する際は、最初に登録料が必要です。まず受け付けで利用登録をして、2時間利用するかフリータイムで利用するかを選んで遊びましょう。

ドロップインの施設利用料

会員登録料として1,080円かかります。2時間かフリータイムかで料金が変わってくるので注意しましょう。じっくり楽しみたい! という人はフリータイムでの利用がおすすめです。

ほかにも男性と女性、学生も料金が違ってきます。

【会員登録費】
1,080円

【施設利用料】
平日2時間:男性1,512円、女性2時間1,188円、学生(未就学児含む)972円
平日フリー:男性1,620円、女性1,296円、学生(未就学児含む)1,080円

土・日曜、祝日2時間:男性1,728円、女性1,404円、学生(未就学児含む)1,188円
土・日曜、祝日フリー:男性1,836円、女性1,512円、学生(未就学児含む)1,296円

定期的に通いたい人はフリーパスがおすすめ!

月に7回以上通えそうな人はフリーパスを購入するとお得です。フリーパスは1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年があります。

上達するにはたくさん登るのが一番の近道! 時間を見つけて通ってみましょう!

【フリーパス】
男性:1ヶ月10,800円、3ヶ月31,320円、6ヶ月60,480円、1年(12ヶ月)118,800円
女性:1ヶ月8,640円、3ヶ月24,840円、6ヶ月47,520円、1年(12ヶ月)95,040円
学生:1ヶ月7,560円、3ヶ月21,600円、6ヶ月41,040円、1年(12ヶ月)83,160円

シューズや滑り止めのチョークはレンタルできるので、手ぶらで安心!

クライミングをするときは専用のクライミングシューズが必要になりますが、最初からシューズを購入するのは少しハードルが高いですよね。

でも安心してください! ドロップインではレンタルシューズが用意されているので、シューズを購入せずに始められます。

同じく、登る時に手につける滑り止めのチョークもレンタルしているので、手ぶらで行っても問題ありません。

【レンタル料金】
レンタルシューズ:324円
レンタルチョーク:216円

初体験の人は「体験パック」を利用してみましょう

ドロップインでは初めての人用に「体験パック」を用意しています。

体験パックでは、スタッフによるルール説明だけでなく、簡単に登れるようになるちょっとしたコツまで丁寧に教えてくれます。

希望すれば10mの壁を登るトップロープ(リードクライミング)体験もできるので、お得ですね!

体験パック1時間:会員登録日1,080円+シューズレンタル324円=1,404円
※未就学児は保護者の利用も必須です

ドロップインへは車or電車&徒歩がおすすめ!

 (81639)

ジムには駐車場も完備されているので車での来店が便利ですが、JR常磐線湯本駅からも徒歩圏内なので、電車&徒歩でも気軽に行くことができます。

仕事帰り、学校帰りに行きたくなったらフラッと立ち寄ってみましょう!

車での行き方

車で行く場合は常磐道いわき湯本ICから岩城石川バイバスを通って約7分です。
ジムには無料の駐車場があるので、車で行けば目の前に停められてラクラクです!

電車&徒歩での行き方

JR常磐線湯本駅からも徒歩20分と徒歩圏内で移動が可能です。
仕事や学校帰りに手ぶらでフラッと立ち寄れるのもうれしいですね。

ドロップインの営業時間と混雑状況は?

 (81640)

ドロップインは基本的に年中無休で営業しています。

ただし、時間帯によっては貸し切り営業の場合や、ホールド替えのために臨時休業する場合もあるため、公式サイトやInstagram、Facebookで確認しておきましょう。

ドロップインの営業時間

営業時間は平日14:00~22:30、土・日曜、祝日は10:00~20:00です。

1時間の体験パックや2時間利用の場合は閉店時間を確認してから余裕を持って来店するのがおすすめです。

平日は22:30までの営業と、仕事終わりでも十分に間に合うので、通い続けやすいですね!

ゴールデンウィークや夏休み期間中などは営業時間が変更になる場合があるので、こちらも公式サイトなどを確認しましょう。

混み合う時間

学校や会社が終わり始める夕方頃や週末は混雑します。

ボルダリングはひとつの壁に一人しか登れないというルールがあるので、混雑する週末などは時間を気にせず登れるフリータイムでの利用がおすすめです。

早く登りたくてウズウズすると思いますが、声を掛け合い、譲り合って登りましょう!

ドロップインで初心者でも登れる壁は?

 (81641)

経験がないと「ルールも分からなくて少し不安……」「なんだか難しそう」「筋肉がないと登れないのでは?」と思う人も多いかもしれませんが、ボルダリングには難しいルールはほとんどありませんし、超初心者でも、ムキムキマッチョじゃなくても簡単に始められるスポーツなんです。

動きやすい服装(Tシャツと短パン、ジャージなどでOK!)にクライミングシューズを履けばそれだけで始められる気軽さが魅力のひとつ!

それぞれの壁に「課題」と呼ばれるコースが設定されていて、スタートからゴールまで落ちることなく登ることができればクリアです。

もちろん小さな子どもだって、運動不足だったお母さんだって大丈夫。まずは簡単な壁から始めて、徐々にレベルアップしてきましょう。

奥に倒れている85度の壁

 (81642)

ドロップインには初心者や力のない女性でも登りやすい85度の壁(スラブ壁)があります。

奥に倒れている壁なので、腕力やホールドをつかむ指の力があまりなくてもバランスを取って足で登っていくことが可能です。まずは難しく考えずに登ってみましょう!

初めて登ると意外とゴールのある場所が高く感じるかもしれませんが、何度も登っているうちに慣れてくるので、怖がらずにトライしてみましょう。

ゴールまで行ったら飛び降りずにゆっくりと降りてくることがポイントですよ。

90度の垂直の壁

85度の壁で登ることに慣れたら、地面に対して垂直になっている90度の壁にチャレンジしてみましょう。

奥に倒れていた85度とは違い重力を感じるかもしれませんが、90度の壁はボルダリングジムでは一般的な壁で、初心者向けの壁とも言えます。

初級課題から上級課題までたくさんあるので、少しずつレベルアップするにはもってこいの壁です!

2歳から登れるキッズウォールも!

 (81643)

キッズウォールがあるのはいわき市ではドロップインだけ!

奥に倒れているスラブ壁と垂直の壁の2タイプが用意されています。

子どもの体格に合わせてホールドとホールドの間隔を調整してコースが作られているので、小さな子どもでも楽しく登れます。

ボルダリングは全身のバランス感覚や柔軟性だけでなく、どうやって課題を登るか考える知能も鍛えてくれるので、小さい頃から始めるにはぴったりです。

課題をクリアしていくことは、子どもにとってゲームのような感覚で楽しんでできるはず!

キッズスクールにイベント、出張ボルダリングも開催!

 (81644)

ドロップインではキッズスクールやイベントを開催したり、いわき市内のイベントでボルダリング体験ブースを出店したりといろいろなことを行っています。

初心者から中級者まで、楽しみながら教えてもらえます。一人でも楽しめることもボルダリングの魅力ですが、みんなでアドバイスを出し合いながら登るのもまた楽しみのひとつ!

小学生対象のキッズスクール!

小学1年生~6年生を対象としたキッズスクールを月~金曜の17:00~18:30に開催しています。
スクールのみ週1回(月4回)だと5,400円。月パスのみ(スクールなし)だと7,560円。

月パス+スクール(月4回)はなんと9,720円なので、月パス料金に+2,000円でスクールが付いてお得です!

スクールに入るとクライミングシューズの購入が5%割引になるうれしい特典付き!

ボルダリングは体全体を使う全身運動なので運動能力がアップすることはもちろん、チャレンジ精神や忍耐力アップなどのメンタル面の向上としても注目されていて、子どもの習い事としても人気があります。

毎週火曜と木曜にイベントを開催

クライミングパーク ドロップインでは毎週火曜には中級者向けの「強さをきひだす R-1 PROJECT」を、毎週木曜には初級者向けの「ボルダリング研究所」を開催しています。

「強さをきひだす R-1 PROJECT」は、スタッフの作った課題を参加者みんなで意見を出し合いながら登るセッションです。中級者向けの課題になるので、ある程度登れるようになってからの参加がおすすめです。

初心者向けの「ボルダリング研究所」は、スタッフが経験に基づき、ボルダリングの動き(ムーブ)のコツなどをオリジナル課題を登りながら教えてくれます。

こちらは初心者向けのイベントなので、なかなか上達できないで悩んでいる人や早く上達したい! という人にぴったりです。

【開催日時】

「強さをきひだす R-1 PROJECT」
開催日時:毎週火曜 20:00~21:00
参加費:無料

「ボルダリング研究所」
開催日時:毎週木曜 20:00~21:00
参加費:無料

出張ボルダリング!

地域密着型の店として、いわき市内のイベントでボルダリング体験ブースを出すこともあります。

小学校のイベントやいわきFCパークでのイベントなどに参加して、ボルダリングの楽しさを広めています。

イベントで設置されるボルダリングウォールは壁ごとにレベルが設定された課題が用意され、多くの子どもたちがチャレンジ!

こうしたイベントをきっかけにボルダリングに興味を持つ子どもたちも多いんだそうです。

ボルダリングを始めるときに知っておきたいこと

 (81645)

ドロップインでは初心者にはスタッフがルールや登り方などを丁寧に教えてくれるので、安心して始められますが、事前に知っておくといいことをいくつかご紹介しておきます。

爪は短くしておくのがベター!

ボルダリングは「ホールド」と呼ばれる壁に取り付けられた石のような突起物をつかんで登っていきます。

この際に爪が長いと爪が割れてしまったり、引っかかってつかみづらかったりするので、短く切っておくことをおすすめします。

女性の場合はネイルをしている人も多いかもしれませんが、ボルダリングに行く時はネイルをオフしておくか、ごく短いネイルにしておきましょう。

グレードって何?

ボルダリングの課題には難しさなどをしめしたグレードが設定されています。

ドロップインでも初級から7級→6級→5級…1級→初段と設定されていて、数字が小さくなるほど難易度は高くなってきます。

課題はグレードごとに色分けされたテープが貼られていて、ルートが分かるようになっています。

ドロップインの課題は、毎回「ルートセッター」と呼ばれる課題を作るプロが設定しているので、少し難しいけど面白くて考えさせられる課題が多いことでも人気です。

もし登るコースがよく分からなければスタッフに聞いてみましょう!

掛け声は「ガンバ!」

ジムに行くとよく耳にするのが「ガンバ」という掛け声。

登っている人を応援する時の、日本のクライミングでは一般的な掛け声です。登っていてツライとき、後ろから「ガンバガンバ!」と応援してくれるので力をもらえますね!

慣れてきたら他の人が登っているときに「ガンバ!」の掛け声で応援してみましょう♪

ドロップインは店内で飲食OK

 (81646)

ドロップインの店内には飲食店などはありませんが、1・2階にある休憩スペースで飲食することは可能です。

お腹が空いて力が出ないと登れる課題も登れなかったりするので、休憩スペースでご飯を食べながら「次はあの壁を登ろう」とか、他の人が登るのを見学しながら「ああすれば登れるのか」なんて考えるのも楽しいですよ。

ドロップインの設備

ジム内には更衣室が用意されているので、仕事帰りでもササッと着替えて準備することができます。

実際に登る時に荷物を持って登るのは危険なので、貴重品は貴重品ロッカーに預けておきましょう。

ここもおすすめ! ドロップインの周辺スポット

ドロップインがある福島県いわき市には、家族連れで遊べるスポットがたくさんあります。

水族館や屋内プール、広々とした公園など、子どもから大人まで遊べる人気のスポットをご紹介します!

アクアマリンふくしま

東北最大級の体験型水族館、アクアマリンふくしまは、福島の海を海の特徴でもある「太平洋の潮目」をテーマにした水族館です。

800種を越える生物を展示しているほか、子どもが自分で釣った魚を食べる体験などができる体験施設「子ども体験館 アクアマリンえっぐ」もあります。

バックヤードツアーや夜の水族館の生き物を観察できる「ナイトプログラム」など、楽しいイベントも開催しています!

【施設情報】
住所:福島県いわき市小名浜字辰巳町50
電話番号:0246-73-2525
公式サイト:https://www.aquamarine.or.jp/

スパリゾートハワイアンズ

子どもから大人まで楽しめる常夏のリゾート!

全天候型ドームになった大プールや、長さ日本一のボディスライダー、ほかにも本場のフラダンスやレストランなども充実した大テーマパーク。

もちろん宿泊施設もあるので家族旅行にぴったりです。

【施設情報】
住所:福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
電話番号:0570-550-550
公式サイト:http://www.hawaiians.co.jp/

三崎公園・いわきマリンタワー

国際港東端の岬、海上46mの台地に広がる三崎公園。公園には高さ59.99mの展望塔「いわきマリンタワー」があります。

展望室からはいわき一帯が一望できるほか、屋上の「スカイデッキ」からは360度の大パノラマを楽しめます。

芝日広場が広がる公園は、ピクニックを楽しむ親子連れや散歩を楽しむ人たちで賑わっています。

【施設情報】
住所:福島県いわき市小名浜下神白字大作93
電話番号:0246-53-2448
公式サイト:http://www.iwakicity-park.or.jp/misaki/

ドロップインまとめ

 (81647)

いわき市内で唯一2歳からできるキッズウォールがあるドロップイン。
小さな子どもから大人まで、夢中になって課題をクリアする楽しさを体験できます。

屋内ジムだから天気は関係なし! もちろんエアコンも完備されているので暑い日も寒い日も、快適に過ごせます。

体全体を使うボルダリングで、思いっきり全身運動を楽しんじゃいましょう!

【施設情報】
名称:Climbing Park Drop in
住所: 福島県いわき市常磐関船町宮下4-4
電話番号:0246-51-5666
営業時間:14:00~22:30、土・日曜、祝日10:00~20:00
定休日:なし

『Climbing Park Drop in』-クライミングパーク ドロップインでボルダリングに挑戦!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「福島」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:北海道・東北のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集