『羽村市動物公園』はコンパクト見どころがいっぱいの動物園♪

167view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『羽村市動物公園』はコンパクト見どころがいっぱいの動物園♪

天気のいい休日に東京都羽村市にある『羽村市動物公園』へ、パパ、ママ、小学1年生の娘の3人でおでかけしました。羽村市動物公園は1978年に国内で初めて町営(現在は市営)の動物園として開園されたそうです。コンパクトな動物園ですが、キリンやレッサーパンダなどの人気動物をはじめ約60種の鳥や動物が展示されており、動物とのふれ合いもできるようなのでとても楽しみです。

  • 使ったお金:1,850円
    (入園料:大人300円/2人・子ども50円、
    エサ代200円、お土産代:1,000円)
  • 遊んだ時間:9:10~12:10 計3時間
  • 子供の年齢:6歳(おんなのこ)

2016年12月更新

『羽村市動物公園』へクルマでおでかけするなら圏央道利用が便利!

『羽村市動物公園』へクルマでおでかけするなら圏央道利用...

『羽村市動物公園』へクルマでおでかけするなら圏央道利用が便利!

この日はマイカーでおでかけしたのですが、早い時間帯だったということもあり道路は比較的空いていました。圏央道の青梅ICを降りてから10分ほどで羽村市動物公園に到着!

開門直後だったので駐車場は余裕で停められましたが、週末はお昼前には満車となってしまいますのでご注意を。

こちらの駐車場は300台駐車できる広さがあり、駐車料金は乗用車1日300円です。電車でおでかけする場合は、JR羽村駅から動物園まで徒歩約20分、または駅から循環バスで7分ほどで園に到着します。

動物園の入園料は大人300円 4歳から中学生まで50円 4歳以下は無料です。

また200円でベビーカーのレンタルサービスもあります。

スタンプラリーをしながら動物園をまわろう!

スタンプラリーをしながら動物園をまわろう!

スタンプラリーをしながら動物園をまわろう!

園に入るとすぐのところにスタンプラリー台があったので、さっそく参加することに。

全部で3か所のスタンプを見つけると完成するので園を巡りながらスタンプラリーも楽しむことにしました。

最初に会えた動物は人気者のレッサーパンダです。

まだ寒いので室内で遊んでいましたが、その愛くるしい姿に癒されました。

そのまま順路に沿って進むとサーバルやシベリアオオヤマネコなど、珍しい動物に会うことができます。

ミーアキャット、ワオキツネザル、シマハイエナなどを見学しながら進み、先の方にキリンが見えると娘はワーッと走って行きキリンの大きな姿に釘付けになっていました。

ちょうど園の中央あたりにある「なかよし動物園」というエリアでは、ヤギやミニブタに餌をあげることもできますよ。

ペンギンや珍しい鳥たちもいっぱい!

ペンギンや珍しい鳥たちもいっぱい!

ペンギンや珍しい鳥たちもいっぱい!

更に奥へと進んでいくとペンギンゾーンが現れました。

こちらでは11:30からと14:30から先着30名でペンギンの餌やり体験ができます。

羽村市動物公園では、ほかにもキリンやハイエナやトナカイなど、さまざまな動物の餌やりが体験できるので、それぞれの餌やりスケジュールを事前に確認してから効率よくまわると、より動物園を楽しめると思います。

ペンギンゾーンを抜けると子どもたちの人気者、猿山があります!

ここでも100円で餌を買って餌やりができました。

更に奥へ進むと次はたくさんの種類の鳥たちに会うことができる鳥ゾーンに入ります。

金網越しですがカワセミやミミズク、コンドルなどを間近で見ることができます。

集めていたスタンプもそろい無事完成しました!

「どきどきハンズオン」で、ひよこやモルモットと触れ合い体験しました!

「どきどきハンズオン」で、ひよこやモルモットと触れ合い...

「どきどきハンズオン」で、ひよこやモルモットと触れ合い体験しました!

園の入退園口の近くにある「どきどきハンズオン」という施設はふれ合いコーナーがあり、娘が一番楽しみにしていたひよことモルモットと無料でふれ合いが楽しめます。

ふれ合える時間帯は午前中が10:00~11:30、午後が13:30~15:00の間ですのです。

モルモットとひよこにふれ合う前に、建物の入り口で必ず手を消毒し清潔にしてからふれあいを始めます。

飼育員さんの注意事項をよく聞いて、ひざの上に乗せるタオルを借りてから、抱っこしたいひよこやモルモットのを探します。

娘も気に入った子が見つかったらしくソーッと落とさないように抱き上げてひざの上にのせ優しくなでてあげました。

ふれ合いスペースは3か所あってそれぞれ10人くらいずつ座れるのですが、人気のスポットなのでどんどん人が集まってきます。

充分ふれ合ったら待ってるお友だちに順番を変わってあげると良いと思います。

アソビバママが見た『羽村市動物公園』のポイントはココ!

『羽村市動物公園』のポイント!

『羽村市動物公園』のポイント!

羽村市動物公園は市営のため、派手な看板や演出などもなく大きな動物園ではありませんが、その分ギュッとコンパクトな作りで見どころがまとまっております。

手作り感満載で見学しやすい動物園という印象を受けました。

動物の展示以外にも芝生の広場やいろいろな遊具があったり、機関車の実物も展示してあったりして遊べるところも多くあります。

またイベントとして平日は10:30~、土日祝日は10:30~、13:30~の2回、先着20名限定で「餌やりツアー」が行われています。

ニホンザル・ペンギン・ヤギ・ブタ・キリン・水鳥の餌やりを、まとめて500円でガイド付きで体験できるのでとてもお得なツアーです。

入園料も安いので気軽に行ける『羽村市動物公園』に、ぜひ一度おでかけしてみてはいかがでしょうか!

文/AOZORA

『羽村市動物公園』はコンパクト見どころがいっぱいの動物園♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集