『横浜大世界』は中国系エンターテイメントスポットの宝庫!

176view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『横浜大世界』は中国系エンターテイメントスポットの宝庫!

週末の休日に神奈川県横浜市の横浜中華街の中にある『横浜大世界』におでかけしました。おでかけメンバーは私、4歳 (長男)の2人。なぜ『横浜大世界』に来たかというと、8階建ての建物の中にある噂のエンターテイメントスポットを尋ねてみたかったからです。果たして、4歳の子どもが楽しめる内容になっているのでしょうか。

  • 使ったお金::5,000円
  • 遊んだ時間:15:00~16:00 計1時間
  • 子供の年齢:4歳 (おとこのこ)

2016年10月更新

駐車スペースも十分あり!『横浜大世界』に到着。

 (11281)

マイカーでおでかけしたのですが、気になっていた渋滞もなくスムーズに『横浜中華街』の近くにある駐車場に到着しました。

ただし中華街や近くでイベントがあるときには、駐車場が大変混雑するので気を付けてください。『横浜大世界』は中華街の中心地にあるので、どの駐車場でもスムーズにアクセスすることができるはずです。

また『横浜大世界』でお買い物をすると、提携駐車場の割引サービス券を受け取ることができます。
3000円以上の買い物で1時間、6000円以上の買い物で2時間サービスとなるので、レジで忘れずに申し出てください。

まずは腹ごしらえ?レストランで昼食

 (11284)

『横浜中華街』は、私にとっても長男にとっても初めての場所です。せっかくの中華街におでかけしたので、まずは『横浜大世界』の近くのレストランで昼食にすることにします。

本場の中華料理は今まで食べていた中華料理とはどこか味付けが違いますが、どれも絶品。長男は大好きなラーメンと杏仁豆腐が気に入って、大人の1人前をぺろりと完食しました。

大通りの繁盛店も路地裏の名店も、どこもかしこも芸能人のサインが並びます。実際に中華街に足を運ぶとどこに行くべきか悩んでしまうので、ぜひ事前に調べて目星をつけておくことをおすすめします。

『横浜大世界』の目の前には天心や肉まん、タピオカドリンクのテイクアウトなどもあるので、食べ歩きをしながら散策するというのもいいでしょう。

足を綺麗にしてくれる?ドクターフィッシュに興味津々。

こども

こども

『横浜大世界』の中央の入り口をくぐったら、目の前にある階段を使って2Fに上がります。

長男が「かわいい~」と、私の手を引いて行ったのが“ドクターフィッシュ”という魚がいる水槽です。ドクターフィッシュは足の古くなった角質を食べて自然に綺麗にしてくれるお魚。

『横浜大世界』では大人が 1,000円、子どもが500円で、10分間楽しめるようになっていました。「水槽に足を入れるんだよ?」と話すと「見ているのがいい」と言うので試すのは辞めましたが、魚による自然のピーリングができて、さらにはリラックス効果もあるとのこと。

気になる人は子どもと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

『横浜大世界』の目玉、アートミュージアムへ!

 (11290)

『横浜大世界』に入ったら、話題の「アートミュージアム」に足を運ばなければ損です! アートミュージアムは3階~8階までの6フロアに渡っていて、大人気のトリックアートやレザーアートシアターなどが楽しめます。

トリックアートは子どもにモデルになってもらいながら写真のシャッターを切り、出来上がった写真を確認。「何これ~」「おかしいよ!」と、親子でケラケラ笑って楽しみました。

また現代のテクノロジーが融合された仕掛けや、レザーアートシアターなど時間をかけてゆっくりと楽しみたくなる内容が盛りだくさん。『横浜大世界』は大人はもちろん、4歳の子どもでも楽しめる内容になっているエンターテイメントが詰まった建物です。

あっという間に時間が過ぎ、充実したおでかけとなりました。

アソビバママが見た『横浜大世界』のポイントはココ!

横浜大世界

横浜大世界

『横浜大世界』は横浜中華街のランドマークともいえる8階建ての建物です。
中華街の中でもひときわ目立つ「パンダの入り口」の巨大な建物の中にはショッピング、エンターテインメント、お食事、癒やしのマッサージや占いもあって、時間を忘れてゆっくりしていたくなります

家族で楽しめる遊びがぎゅっと詰まっているから、子どもを連れた横浜中華街のおでかけでは、絶対に立ち寄りたいスポットとなるはずです。特にトリックアートは小さい子どもにも理解できる内容で、子どもと一緒にあれもこれも写真を撮りたくなってしまうはずです。

思わず何回も二度見をしてしまうような絵や体験型のゾーンは、4歳の子どもも興味津々でした。年齢関係なく楽しむことができるので、家族で足を運んでみてはいかがでしょうか。

文/ちーやんまま

公式サイト:http://www.daska.jp/

『横浜大世界』は中国系エンターテイメントスポットの宝庫!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集