旧校舎が遊び場!『東京おもちゃ美術館』は木製おもちゃの宝庫♪

877view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKおでかけと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

旧校舎が遊び場!『東京おもちゃ美術館』は木製おもちゃの宝庫♪

週末の休日に、わたしと4歳娘の2人で東京都新宿区の四谷にある『東京おもちゃ美術館』へおでかけしてきました。こちらには『赤ちゃん木育ひろば』という0~2歳児のみ入れる部屋があり、娘が2歳になるまでに何回か訪れたことがありますが、お部屋に入れない年齢になってからの訪問は初めてです。さて、この日はどんなお気に入りの遊びを見つけるのでしょうか?

  • 使ったお金:2,400円
    (入園料: おとなこどもペア券1,200円、
    イベント参加代:400円、お土産代:800円)
  • 遊んだ時間:11:00~16:00 計5時間
  • 子供の年齢:4歳(おんなのこ)

2016年12月更新

旧校舎が遊び場!『東京おもちゃ美術館』へ到着

『東京おもちゃ美術館』へ到着

『東京おもちゃ美術館』へ到着

地下鉄丸の内線の「四谷三丁目駅」から歩いて10分しないぐらいで、『東京おもちゃ美術館』のある『四谷ひろば』へ到着しました。

『四谷ひろば』は廃校になった小学校の校舎をそのまま活用しており、まさに外観内観ともに学校! です。

ベビーカーで来た場合は、建物入り口、もしくは、『東京おもちゃ美術館』の入り口付近におくことができます。

美術館を含め、『四谷ひろば』内で使用できるトイレが1階に1箇所のみですので遊ぶ前に行っておくといいでしょう。

赤ちゃんのオムツ替えや授乳は、美術館内にスペースが用意されています。

美術館は2階! 階段をあがって、気分はワクワクです♪

切って、貼って、手作りおもちゃにご満悦♪

切って、貼って、手作りおもちゃにご満悦♪

切って、貼って、手作りおもちゃにご満悦♪

入館するときにスタッフの方から手作りおもちゃ体験がすぐ始まる時間だと教えてもらい、まずは3階の『おもちゃこうぼう』へ行きました。

この日は折り紙のイチョウとモミジがくるくる回る飾りをつくりました。

親子で協力して折り紙を折ったら、貼るのは娘の専門です。作業に真剣に取り組んで完成したおもちゃに自分のサインも書き入れてご満悦!

この日はイベントでおもちゃショーをしていたのでおもちゃ作成後はそちらを見に行きました。

私たちはラッキーなことに入館した時にちょうどイベントの始まる時間が近かったため、おもちゃ体験と、参加予約の必要なおもちゃショーの案内をスタッフさんにしてもらい、スムーズにイベントに参加できました。

他にも入館時にイベント案内ボードでチェックした小さなお茶室体験も♪

当日開催されるイベントは日々様々で事前の参加予約が必要なこともありますので、おでかけ前や入館直後に事前チェックしてみてくださいね。

ちょっと休憩♪ランチはフリースペースで

ランチはフリースペースで

ランチはフリースペースで

『東京おもちゃ美術館』内には基本的に飲食スペースはありません。

わたしたちはランチを持参していましたので、一度美術館を出て1階に降り、誰でも利用可能な『多世代交流サロン』というフリースペースで食べました。

こちらの場所は利用できない日もあるので、その場合はエントランスにある自動販売機前の椅子でも座って食べられます。

ボランティアで成り立っている施設ですので、スペース利用後の片付けは忘れずに。

飲食の購入についてですが、『四谷ひろば』内では飲みものは買えますが、レストランや食べものの販売はありません。

ですのでランチをはさんで遊ぶ場合は持参するか、外に食べに行くことになります。

最寄りの四谷三丁目駅前にはパン屋さん、途中にはコンビニがありますので、簡単なものでしたら駅から来る途中でも購入できますよ。

木のぬくもり溢れるおもちゃと空間で贅沢なごっこ遊び

木のぬくもり溢れるおもちゃ

木のぬくもり溢れるおもちゃ

小さい頃からごっこ遊びが大好きな娘の一番のお気に入りの場所は、3階の『おもちゃのまち きいろ』。

こちらには、おままごとのできる『ごっこハウス』、お店屋さんになれる『ごっこショップ』、野菜の収穫を楽しめる『ごっこファーム』があり、娘は何度も料理を振る舞ってくれました。

ほぼすべてのおもちゃが木でできていて、おもちゃも空間も木が豊富に使われた、ぬくもり溢れる遊び場です。

ぜひ、『ごっこファーム』のキノコ狩りは親子でしてみてくださいね。

キノコを抜くときに感じる磁石が離れる「スポッ」という感覚が病みつきになること間違いなし!?

ちなみにごっこ遊びだけでなく、様々なクーゲルバーンや世界の楽器、科学おもちゃカウンターなどもあり、この部屋で何重にも楽しめます。

お気に入りのクーゲルバーンを何度も動かし楽しみました。

アソビバママが見た『東京おもちゃ美術館』のポイントはココ!

『東京おもちゃ美術館』のポイント!

『東京おもちゃ美術館』のポイント!

『東京おもちゃ美術館』は想像力と好奇心が満ちあふれる、魅力的なおもちゃの宝庫です。

木のおもちゃはもちろん、グッドトイや世界で長年愛されるおもちゃで実際に遊ぶことができ、おもちゃの世界に入り込めます。

子どもがちょっと大きくなればボードゲームもあるので知的な遊びも。

さまざまな年代の親子、さまざまな世代で楽しめます。

遊ぶときにわからないことがあれば赤いエプロンをつけたおもちゃ学芸員さんが多数いらっしゃるので、おもちゃの遊びかたを教えていただけますよ。

個人的におすすめなお土産が『ミュージアムショップ Apty』の前にある美術館オリジナルのガチャガチャ。

ぷちころあにまるというガチャガチャ(400円)では、木でできた小さな小さな動物の形の車が3つ入っていてかわいかったです♪

文/pati

公式サイト:http://goodtoy.org/ttm/

旧校舎が遊び場!『東京おもちゃ美術館』は木製おもちゃの宝庫♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら