広々!『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』で海の上をお散歩♪

292view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
広々!『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』で海の上をお散歩♪

土曜日のお休みに所用のため、パパと私と娘の三人で急遽横浜へ! そのまま新横浜で一泊することになりました。 3か月前に歩き出し、じっとしていられない娘ちゃんはお散歩が大好き。 広くて安全な良いお散歩場所は無いかとインターネットで探したところ、横浜市中区にある『大さん橋国際客船ターミナル』を発見したため、日曜日の朝おでかけしてきました。

  • 使ったお金:3,200円(駐車場+ランチ)
  • 遊んだ時間:10:30~12:00 計1時間30分
  • 子供の年齢:1歳(おんなのこ)

2016年10月更新

車スイスイ~渋滞なし!迷うこともなく無事に『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』に到着

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

心配だった天気も良好!ホテルでのチェックアウトを済ませ、張り切ってマイカーで向かいました。

近くにある赤れんが倉庫でイベントが行われていたため渋滞を心配していましたが、横浜は夜景が人気ということもあるのか、日曜日の朝の道路は全く混んでいませんでした。

午前10時30分ごろ到着。ターミナルの1Fにある1時間500円の公営駐車場へ停めました。
400台収容できる駐車場は広々としており、まだこの時間はほとんど空いていました。

駐車場からターミナルロビーへ上がるエレベーターの位置がわかりづらく、駐車場のスタッフの方に教えてもらいました。

2階は乗船客用のターミナルロビーになっておりレストラン・カフェ、ショップがありました。

館内トイレの数か所におむつ交換台が設置されていましたが、授乳室はありませんでした。

横浜一望!迫力満点の大きな船も

迫力満点の大きな船

迫力満点の大きな船

2階のターミナルーロビーの脇にあるスロープで屋上へ。屋上はウッドデッキと芝生の広場になっていて、景色が最高!

ランドマークタワーや赤れんが倉庫、ベイブリッジなどの横浜の観光名所を360度、一望することができます。

その日は大型クルーズが停まっていて、また海を見渡せば大小たくさんの船が行き来していました。

初めて船を間近で見た娘は、指差しながら「ふぅね~、ふぅね~」を連発。おおはしゃぎでした。

広場の縁部分には全て金網でフェンスがされていたため、海へ落ちる心配もなし。
安心して思う存分に眺めを楽しむことができます。

ただ眺めが良い分、広場に日よけが少ないので日差しが強い日は要注意です。帽子を忘れずに持っていきましょう。

広々ウッドデッキ「くじらのせなか」の上をゆうゆうとお散歩

ウッドデッキ

ウッドデッキ

さぁ、今度はデッキの一番上の広場へ。

歩き始めて数か月の娘。平坦な場所では物足りなくなってきたらしく、最近ではスロープや階段を歩き回るのが大好きです。

「くじらのせなか」が愛称の大さん橋は、緩やかな傾斜が多く、ちょうど良い刺激なのでしょう。

楽しそうに、とことこと歩き続けてました。またとにかく広々としており、他の子どもたちとぶつかる心配もないのでのびのびと歩き回れました。

全ての場所が大きなスロープ状になっているので、ベビーカーでお散歩しても気持ちが良いでしょう。また、飛行機や飛行船も見ることができました。

カモメや鳥、トンボが多く飛んでおり、空を眺めるのも楽しいです。

屋上のデッキから大さん橋ホール入り口に行けるようになっているのですが、両サイドが階段状になっており、そこの木陰でお茶を飲んで休憩しました。

サンドイッチなど軽食を食べている親子もいたので、お弁当を持ってきても楽しいと思います。

海が見えるレストランでカモメウォッチ

ランチスペース

ランチスペース

散歩していたらあっという間に1時間が経過。いっぱい歩いてお腹が空いたところで2階のターミナル内にあるハーバーズカフェでランチタイム。

片側がガラス張りになっており、ベイブリッジなども見渡せ、明るく開放感がある店内でした。
停泊していた船に寄ってくるたくさんのカモメを見て、娘はとても喜んでました。

ベビーチェアや子ども用の取り分け皿やスプーン、フォークも用意されているので小さな子連れでも安心です。

キッズメニューや離乳食、低アレルゲンメニューはありませんので、離乳食が終わっていないお子さんやアレルギーがあるお子さんをお持ちの方は、お弁当を持参してデッキで食べると良いと思います。

パパは黒船ロコカレー(1,150円)、私と娘は秋のきのこごはん(1,050円)をいただきました。

ご飯を食べたあとはおむつを交換して帰りました。
歩き疲れた娘は帰りの車の中でぐっすりお昼寝してくれました。

アソビバママが見た『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』のポイントはココ!

床のトゲに注意

床のトゲに注意

『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』は、休日も混雑しておらずロビー、屋上ともにのびのびと駆け回れる絶好のお散歩スポットです。

定期的にさまざまなイベントが開催されるようなので、混雑を避けたいのであれば、事前に公式HPなどで調べておくと良いでしょう。

屋上のウッドデッキでは独特な木の感触、スロープのアップダウンや階段の上り下りを楽しめます。
ただ、床のトゲに注意が必要です。必ず靴を履いて遊ばせましょう。

まだ歩きが安定しない子は、転ぶと手にトゲが刺さってしまうので特に注意しましょう。
また日差しを避ける所が少ないです。

暑い日は帽子をかぶり水分を細めに摂るなどして、熱中症に気を付けましょう。

文/Misoママ

公式サイト:https://osanbashi.jp/

広々!『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』で海の上をお散歩♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集