運転体験やジオラマ!『電車とバスの博物館』はとってもリーズナブル

290view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
運転体験やジオラマ!『電車とバスの博物館』はとってもリーズナブル

平日の午後に、電車とバスの運転体験や大迫力の精巧なジオラマを見学できるという、神奈川県川崎市、東急田園都市線「宮崎台駅」にある『電車とバスの博物館』におでかけしました。おでかけメンバーは私と息子(1歳)の2人。最近乗り物ブームが来ている息子にとっては、きっとすごく楽しめるスポットのはず!

  • 使ったお金:200円(大人200円 3歳以下は無料)
  • 遊んだ時間:14:00~15:30(計1.5時間)
  • 子供の年齢:1歳(おとこのこ)

2017年1月更新

東急電鉄の公式キャラクター、かわいい「のるるん」がお出迎え!『電車とバスの博物館』に到着

かわいい「のるるん」がお出迎え!『電車とバスの博物館』に到着

かわいい「のるるん」がお出迎え!『電車とバスの博物館』に到着

『電車とバスの博物館』は東急田園都市線「宮崎台駅」に直結しています。

雨の日でも安心しておでかけできるスポットです。

駅からは天井のついた緩いスロープでつながっています。
ベビーカーを使うママには有難いです。

スロープの壁には、小さな子どもたちがペイントした色とりどりの電車とバスの絵が描かれていて、道中も楽しい雰囲気を味わうことができます。

スロープを抜けると東急電鉄の公式キャラクターの「のるるん」がお出迎えしてくれます。

とてもかわいいので、息子は大喜び!

今回我が家は電車でおでかけしました。

マイカーの方は、『電車とバスの博物館』専用の駐車場はありませんのでご注意下さい。

大迫力の精巧な街のジオラマに圧巻!ジオラマの街の中を東急電車が走り抜けます!

大迫力の精巧な街のジオラマに圧巻

大迫力の精巧な街のジオラマに圧巻

ベビーカー置き場にベビーカーを置き、改札になっているエントランスを抜けると、大きなスクリーンとジオラマがあります。

ジオラマは館内に全部で2つあるのですが、こちらは2つ目に比べて少し小さめのジオラマです。
とは言っても充分な規模のもので、見る側にとって大迫力の印象です。

スクリーンでは電車の運転手さんへのインタビュー動画や、電車についての詳しい解説などが放送されていました。

大人も子どももみな、興味深々で観ていました。

ジオラマはとても精巧にできています。

ジオラマの街の中をはしる電車は勿論東急車両。

バスも自動車もあります! 息子は走る電車を指さしては目で追い、大興奮でした。

電車の運転体験もできるジオラマに大興奮!運転手さんになりきろう!

電車の運転体験もできるジオラマに大興奮!運転手さんにな...

電車の運転体験もできるジオラマに大興奮!運転手さんになりきろう!

さらに足を進めると、2つ目のジオラマが出現します。

こちらのジオラマは、エントランス付近にあるジオラマよりもさらに大きなものです。

見た途端、思わず「わー!すごい!」と声が出てしまいました。

こちらのジオラマには、ジオラマの街の中を走る電車の運転ができる、本物そっくりの運転席が2つ備えついています。

私たちがおでかけしたのは、平日だったので割と混んでおらず、運転席も並ばずに座れました。

モニターを見ながら、指示に従って電車を運転します。

私が挑戦しても操作は難しくうまくできませんでした。

1歳の息子はハンドルを握っているだけで、楽しんでいる様子でした。

またこのジオラマには小さな子どもでも楽しめるように、指定箇所にタッチをするだけで電車が走るという仕掛けもついていました。

年齢問わず楽しめる仕掛けが満載のジオラマで親子共に満喫してきました。

バスの展示コーナーでは、本物のバスの運転手さん気分を味わえる!

バスの展示コーナーでは、本物のバスの運転手さん気分を味...

バスの展示コーナーでは、本物のバスの運転手さん気分を味わえる!

さらに奥に足を進めると、バスの展示コーナーがあります。

こちらには本物のバスが2台、ドーンと展示してあります。

もちろん中に入ることができます。

1台は運転席で、実際のバスのハンドル操作やウインカー、ギアチェンジ、ドアの開け閉めなどの体験をすることができます。

フロントに砂時計が置いてあり、1人3分ずつ遊ぶことができます。

こちらは小さな赤ちゃんでも楽しむことができ、大人気の様子でした。

息子もハンドルを握って大喜びでした。

もう1台は、フロントガラスに大きな画面がついていて、バスの運転をゲーム感覚でシミュレーションすることができます。

大人が挑戦してもなかなか難しく、他のご家庭もお父さんが頑張っていらっしゃいました。

アソビバママが見た『電車とバスの博物館』のポイントはココ!

アソビバママが見た『電車とバスの博物館』のポイントはココ

アソビバママが見た『電車とバスの博物館』のポイントはココ

館内はベビーカーの使用はできません。

また階段での移動が必要なので、まだ歩けない赤ちゃんをお連れする際は、抱っこ紐を持参することをおすすめめします。

また『電車とバスの博物館』館内には、食べ物を持ち込んで食事休憩をすることができるスペースがあります。

これは乳幼児連れにとっては、本当にありがたいスペースだと感じました。

懐かしの東急玉川線に使われていたレトロな車両の中が、食事休憩スペースです。

お弁当を持ち込めば駅弁を食べているようで、ちょっと贅沢な気分を味わえます。

今の時期は車窓からクリスマスツリーが見えるように飾ってあり、息子は大喜びでした!

休憩スペースの近くにはお手洗いがあります。

多目的トイレが2つあり、おむつ替えはそちらですることができます。

細部まで子ども連れに安心な施設でした。

文/りんりん

運転体験やジオラマ!『電車とバスの博物館』はとってもリーズナブル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集