妊娠がわかったら気をつけなければならない事って?

121view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKおでかけと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

妊娠がわかったら気をつけなければならない事って?

お腹の中に新しい命が宿ったのがわかったら、まだ赤ちゃんは生まれていなくても、あなたは既にもうママなのです。ですので、これまでの生活とは違ってくる事も多くあります。妊娠したら気をつけるべき事をここでは紹介していきたいと思います。

妊娠には不安や心配もつきもの

特に、初めての妊娠や出産をこれから経験する妊婦さんにとっては、赤ちゃんができたのはとても嬉しいけれど、わからないことだらけで不安や心配な事も沢山出てくるでしょう。

でも大丈夫ですよ! 妊娠&出産を経験したママならば、誰もが一度はそう思うからです。

ここでは、妊娠がわかってから出産するまで、つまり妊娠期間中にあなたが自分自身の為とお腹の赤ちゃんの為に気をつけるべき事について解説していきます。これを読めば不安や心配な気持ちも少しは楽になるはずです。

妊娠中に気をつけるべきポイントについて

身体を冷やさないように気をつけましょう!

妊娠中のあなたの体調や健康は、お腹の赤ちゃんに様々な影響を及ぼしてしまいます。

まず妊娠がわかったら、極力身体を冷やさないようにしなくてはなりません。そのため身体を温めるためにも、暑くて嫌かもしれませんが、腹巻きをしたり、長ズボンを履いて下さい。そして足元も冷やさないように靴下を履くようにすると尚良いでしょう。また、身体が冷える原因には、冷たい物を飲み過ぎたりする事も挙げられます。

冷たい物は、赤ちゃんのいる子宮を冷やしてしまうので、冷たい物は極力控えるようにし、お腹にカイロを貼るなどの工夫をしましょう。知らない方も多いかもしれませんがよくある逆子の原因の一つがこの冷えだと言われています。

妊娠中は便秘になりやすいので気をつけましょう!

妊娠中は特に便秘になりやすいと言われています。その為、妊娠中の食生活には特に注意が必要になります。

便秘を防ぐ為にも、毎日の献立には根菜類を積極的に取り入れるように意識しましょう。
根菜類は身体を温めてくれる作用もあり、また食物繊維も豊富に含まれているので冷えの予防にも便秘を防ぐにも最適なのです。

トイレは我慢しないように気をつけましょう!

妊娠中は子宮が膀胱を圧迫する為、個人差はありますが、いつもよりもトイレがどうしても近くなりがちです。

ですが、妊娠中に身重で面倒臭いからなどの理由でトイレを我慢してしまう癖をつけると、膀胱炎になる可能性が高くなるため、注意が必要です。むくみの症状が出てきたら産婦人科へ行って相談することをおすすめします。

重たい物は持たないように気をつけましょう!

妊娠中に重たい物を無理して持つと、流産の危険が高くなってしまいます。その為、極力重たい物は旦那さんや周りの方に協力をお願いするようにしましょう。

お腹の赤ちゃんとママ自身の為に

いかがでしたか? 妊娠中はこのように色々と気をつける事がありますが、だからと言ってそんなに神経質になる必要はありません。

お腹の赤ちゃんがどうしたら自分のお腹の中ですくすくと健康に育っていってくれるかを想像してみれば、ママとして気をつけなくてはならない事が自然とわかってくるのではないかな?と思います。
妊娠中にお腹の赤ちゃんの事を一番に考えるような生活習慣を身に付ける事は、しいては母体であるママ自身の健康にもつながっていくのです。

ご紹介した以外にも妊娠中に気をつけるべき事はまだ色々ありますがこの記事も参考に試行錯誤しながらやっていってみて下さいね!

元のページを表示 ≫

妊娠がわかったら気をつけなければならない事って?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:子育てのお役立ち情報

お役立ち情報

RANKINGお役立ち情報ランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら