緑溢れるのどかな公園!『別所沼公園』はアスレチックも充実

428view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
緑溢れるのどかな公園!『別所沼公園』はアスレチックも充実

今年から「山の日」として祝日となった8月11日に、2歳を連れて父子2人でJR埼京線中浦和駅そばの別所沼公園におでかけしました(妻と、まだ0歳の次男は家でお留守番です)。この公園はジャングルジムやターザンロープなどの遊具がとても充実していますが、2歳の長男にとって本格的なアスレチック遊びはこの日がデビュー戦!まだまだ体も小さい息子ですが、そろそろ男の子らしく体いっぱい遊んでもらいたいと思い、思い切って連れていきました!

  • 使ったお金:0円
  • 遊んだ時間:10時00分~15時00分 5時間
  • 子供の年齢:10歳(おとこのこ)、5歳(おとこのこ)

2016年8月更新

近所にある別所沼公園。自転車でサイクリングがてら向かいました。

子ども 自転車

子ども 自転車

別所沼公園は、自宅から3㎞弱ほどの距離にあります。

近所ながら、子どもが幼かったことから、めったに訪れることはありませんでした。

車で行くのが楽かとも思いましたが、駐車場があったかどうか定かではなかったため、大変ですが自転車に息子を乗せておでかけしました。

10時に家を出発し、公園に着いたのが10時20分ごろ。

いわゆる「駐輪場」はないものの、公園の入り口近くに広いスペースがあり、自転車で来た方はそこに停めているようでしたので、私もそこに自転車を置きました。

気になっていた駐車場ですが、きちんとありました。ただ、駐車台数としては15台程度のようでしたので、混む日は埋まってしまうこともあるかもしれません。近所の方なら自転車、遠い方なら電車の方が安心でしょう。

まずはランニング・ウォーキングコースを辿りながらゆっくりお散歩

子ども お散歩

子ども お散歩

公園の中心には、その名称の元となっている「別所沼」という全周1㎞くらいの沼があり、その沼に沿うようにして、ランニング・ウォーキングのためのコースが舗装されています。

近所では特にランナーのメッカとなっているようで、この日も中々に暑い日でしたが、多くのランナーがいました。

私は息子と手をつなぎ、ゆっくり沼を見ながらコースに沿ってお散歩をしてみることにしました。

沼には大きな噴水が据え付けられており、水しぶきをあげていました。息子も「ふんすいだねぇー!」とやや興奮気味。また、コースのさらに内側には、沼に釣り糸を垂らしている人たちの姿もちらほら。

何が釣れるのでしょうか……。

ちなみに、コースは逆時計周りで進むのがルールになっているようです!

うっかり逆(時計回り)に歩いてしまうと、ランナーと接触する危険も増しますので、お子さん連れの場合は特に注意した方が良いです。

アスレチック遊具が立ち並ぶ広場に到着!

子ども アスレチック

子ども アスレチック

コースも半ばを過ぎたころに、大きな公園が目の前に現れました。

そこには本日のお目当て、アスレチック遊具がずらり。息子は公園の中にはしゃぎながら駆けていきました。

まず息子の興味を引いたのがターザンロープ! レールからぶら下がったロープに息子をまたがり、ターザンよろしく滑り落ちていく息子。

彼が落ちないよう、必死になって並走する私。これだけで5往復くらいやりました……。

次に、ウォータースライダーのようにトンネル状になった大きな滑り台にトライしました。

これも息子は大いに気に入り、繰り返しトンネルを滑り落ちては、「パパ、楽しいね!」と、私に何度も呼び掛けてきました。

その後もブランコ、土管でできた丘、ジャングルジムなど、目につく遊具に息子は次々とチャレンジしていきました。時々派手に転んだりもしましたが、ケガなく、くたくたになるまで遊ぶことができました。

なお、アスレチック遊具の遊び場から少し離れたところには大きめの砂場もありますので、遊具がまだ危ない幼いお子さんでも、砂遊びが楽しめると思います。

この日も、1歳くらいのお子さんを砂場で遊ばせているママさんがちらほらいました。

コースから少し外れた森の中に点在する名所(?)

浦和うなこちゃん

浦和うなこちゃん

具を満喫し、自転車を停めた場所まで歩いて向かいました。ウォーキングコースの終盤、木々の中にある小さな石像が視界に入り、息子と共にそちらへ向かいました。

さいたま市の観光大使「浦和うなこちゃん」の石像です!(作者はアンパンマンの原作でおなじみの故・やなせかしさんです)ただ、この別所沼に作られたうなこちゃん像、昨年何者かにより盗難されたと聞いていたので、てっきりなくなっているものだと思っていました。いつの間にか復活していたんですね!

息子も初めて見る別所沼うなこちゃん像に興味津々でした。

そのうなこちゃん像の横の脇道に入ると、弁財天という小さな神社がありました。

せっかくなので、お賽銭箱に5円を投じ息子とお参りしました。弁財天は柵のすぐ外側が沼と接していますので、小さいお子さんがうっかり柵をくぐらないように注意が必要です。

そしてお参りを終えると、来たときと同じように、息子を自転車の前かごに乗せ、ゆっくりと家路に就きました。

アソビバママが見た別所沼公園のポイントはココ!

別所沼公園

別所沼公園

上でご紹介した通り、別所沼公園はいろいろなアスレチック遊具がありますので、小学生くらいまでのお子さんであれば、十分に楽しむことができると思います。

手や足を洗う水場も複数設置されていますので、着替えをもっていけば汚れも気にせず遊べます。

また、小さいながら、ランニング・ウォーキングコース沿いにレストランもありますので、食事もとれます。
桜も植えられていますので、春であればお弁当をもってお花見もいいかもしれませんね!

ただ、木々が植えられ日陰も多いとはいえ、真夏はやはり強烈な日差しが少なからず気になります。

夏に遊びに行くのであれば、とりあえず帽子と水分(自動販売機もありますが)は必須でしょう!

文/ R.D.パパ

緑溢れるのどかな公園!『別所沼公園』はアスレチックも充実

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「埼玉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集