間近で動物と触れ合う!千葉の人気動物園・水族館まとめ

241view
間近で動物と触れ合う!千葉の人気動物園・水族館まとめ

動物園や水族館はおでかけの定番ですが、今も昔も老若男女問わずに人気のスポットです。お子様は動物に触る体験をなかなかできないですしないですし、普段見ない動物たちに大はしゃぎのはずです。また大人になってから行く動物園や水族館も、子どもの時と違って楽しいですよ。家族で思い切り楽しめる動物園や水族館を紹介します。

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

最大2,000円OFFも!? お出かけするなら少しでもお得に遊んじゃおう! お得な割引チケット(クーポン)一覧はこちら

千葉市動物公園

千葉市動物公園

千葉市動物公園

テレビドラマのロケ地としても使用されたことがあるふれあい動物園です。

各ゾーンによって動物が分かれており、レッサーパンダやカワウソといった可愛らしい小動物や、キリン・ゾウといった迫力ある動物を見ることができる草原ゾーンまであります。

また子どもたちが動物と触れ合うができる「子ども動物園」も展開しています。ヤギやヒツジ、ロバやリス、カピバラと触れ合うことが出来ます。

大人から子どもまで楽しみながら学習できる施設となっています。

その他にもエサやりの時間があったり、バードウォッチングやライオンの檻に入るイベントがあったりと、季節ごとに様々な動物を見て、触れ合うことができる動物公園となっています。

【施設情報】
●住所: 千葉市若葉区源町 280番
●アクセス: 千葉都市モノレール動物公園駅下車 徒歩1分
●営業時間: 9時30分~16時30分
●料金: 大人(高校生以上) 700円、中学生以下 無料
●開催時期: 通年
●公式サイト: https://www.city.chiba.jp/zoo/index.html

市川市動植物園

市川市動植物園

市川市動植物園

市川市動植物園は市川市にある、レッサーパンダが有名な動植物園です。関東有数のレッサーパンダの飼育量を誇っています。

季節や時期によってはレッサーパンダの赤ちゃんが生まれていることも多く、赤ちゃんの様子を見ることも出来ます。

動植物園の名の通り、動物だけでなく植物も人気の場所で、バラ園や観賞植物園があり、緑や花々を楽しむことも出来ます。動物はカピバラなどの癒し系小動物を多く取り扱っているので、お子様も喜びそうですね。

トイレもエリアごとに分かれて設置されているので安心です。

またいつでも触れ合うことができるモルモットも飼育されており、ふわふわの感触にお子様も喜んでくれること間違いなしです。

【施設情報】
●住所: 千葉県市川市大町284番1外
●アクセス: JR総武線 本八幡駅 北口から京成バス 動植物園行き 終点下車
●営業時間: 午前9時30分から午後4時30分 (ただし、入園は午後4時まで)
●料金: 大人 430円 小人 100円  (未就学児 無料)
●開催時期: 通年 休館日は毎週月曜日(祝日と重なった場合は翌日)、年末年始
●公式サイト: http://www.city.ichikawa.lg.jp/zoo/

かつうら海中公園海中展望塔

かつうら海中公園海中展望塔

かつうら海中公園海中展望塔

勝浦市に位置している海中公園です。ここの海中展望塔はその名の通り、沖合60メートルに建っているので、海中からの景色を楽しむことが出来ます。

水族館とは違い、展示をしているわけではなく、本当に海で泳いでいる自然の魚を見ることができ、こうした自然観賞のできる施設は珍しいんです。

また、季節などによってやってくる魚が異なるので、見てみるまで何がやってくるかわからないのもわくわくしますよね。

水平線が丸く見えて、展望台からの景色も抜群です。デートや家族のおでかけにもぴったりな場所です。陸地まで戻ると海の資料館もあり、魚の生態や漁業技術について学ぶことも出来ます。

【施設情報】
●住所: 千葉県勝浦市吉尾174
●アクセス: 鵜原駅(勝浦駅で乗り換え)から徒歩約15分
●営業時間: 9:00~17:00(受付16:30まで)
●料金: 大人(高校生以上) 960円、中人(小・中学生) 470円、小人(4才以上の幼児) 210円
●開催時期: 年中無休(荒天の場合、閉館することもあります。)
●公式サイト: http://www.katsuura.org/index.php

鴨川シーワールド

鴨川シーワールド

鴨川シーワールド

シャチのパフォーマンスが大人気の水族館です。

鴨川シーワールドは大規模な水族館で、海洋生物の展示やショーを楽しむことができ、多くの観光客で賑わっています。シャチの他にはイルカやベルーガ、アシカのショーもあります。

特にこの水族館は、夏場に魚の赤ちゃんの展示が増えるので、なかなか見ることの出来ない魚たちの姿を見ることもできるのが魅力の一つでもあります。また季節限定イベントが多いナイトステイといった大人向けのシャチ観察会があります。

ナイトアドベンチャーでは、イルカやシャチの眠っている姿を家族で見て楽しむことも出来ます。

【施設情報】
●住所: 千葉県鴨川市東町1464-18
●アクセス: JR安房鴨川駅→(無料送迎バス約10分)
●営業時間: 9:00~16:30 ※時期により異なる
●料金: 大人¥2,800、小人(4歳~中学生)¥1,400、65歳以上¥2,100
●開催時期: 通年 ※不定休
●公式サイト: http://www.kamogawa-seaworld.jp/

アロハガーデンたてやま

アロハガーデンたてやま

アロハガーデンたてやま

アロハガーデンたてやまは、動物園と植物園の一体型複合施設で、南国の動物や植物を楽しみながらトロピカルな気分になれる場所です。

カピバラが人気で、小動物を中心とした可愛らしい動物にあふれています。また温室では、鳥の展示も行われており、自由に飛び回っている南国の鳥を観察することも出来ます。

ゾウガメやモルモット、カピバラに触れることもできるので、子どもたちも楽しめること間違いなしです。

動物園を出るとすぐにレストランやカフェもあるので、南国の食事を楽しむことが出来ます。ハワイ雑貨店もあるので、おみやげを買って帰るのもいいですね。

【施設情報】
●住所: 千葉県館山市藤原1497
●アクセス: 館山駅発 JRバス南房パラダイス下車
●営業時間: 9:30〜17:00
●料金: 大人(中学生以上)1,300円、小人(小学生)800円、幼児(4〜6歳)500円
●開催時期: 年中無休
●公式サイト: http://www.aloha-garden-t.com/

千葉県立中央博物館

千葉県立中央博物館

千葉県立中央博物館

生き物を自然の中で展示している野外博物館です。

動物園や水族館よりも堅い印象ですが、より自然に近い形で展示していることもあり、子どもたちはこうした自然の中で発見していくことも多いようです。生態園の他に、植物園もあります。

中には舟田池があり、房総半島独自の自然を体感することが出来ます。

調査研究や保存活動を中心に行っている施設なので、専門的な知識が身につき、動物や植物が好きなお子様なら楽しんでもらえること間違いなしです。

定期的にイベントも行われているので、楽しみながらも学ばせたいと考えている方にはぴったりでしょう。

【施設情報】
●住所: 千葉県千葉市中央区青葉町955−2
●アクセス: JR千葉駅東から京成バス「大学病院」「大学病院・南矢作」行きのいずれかに乗り,「中央博物館」で下車(所要時間約15分),徒歩約7分.
●営業時間: 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
●料金: 一般300円、高校生・大学生150円、中学生・小学生・シニア無料
●開催時期: 通年、休館日は毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し,次の平日が休館)、年末年始(12月28日~1月4日)
●公式サイト: http://www2.chiba-muse.or.jp/?page_id=223

千葉県にある人気の動物園や水族館を紹介してきました。

お子様が小さな時こそ、こうした動物との触れ合いは大事ですから、ぜひ家族で行ってみてください。最近では触れ合える動物の幅が増えていて、パパママも一緒に写真をとってはしゃいだり、抱っこして楽しんだりしていることが多いようです。

水族館は季節を選ばず、オールシーズン楽しめるということもあって1年中人気のスポットです。

間近で動物と触れ合う!千葉の人気動物園・水族館まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:あそぶのお役立ち情報

お役立ち情報

RANKINGお役立ち情報ランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集