『十勝サホロリゾート』で多彩なアクティビティやグルメを満喫!

5view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『十勝サホロリゾート』で多彩なアクティビティやグルメを満喫!

北海道の道東に広がる十勝地方は、広い空と雄大な土地に囲まれた自然豊かなエリア。北海道ならではのグルメやレジャーも豊富で、家族旅行の行き先としても大人気です。「十勝サホロリゾート」は、そんな十勝地方に位置する高原リゾート。広大な敷地内には、宿泊施設やレストラン、スキー場、熊に出会える「ベア・マウンテン」などがあり、一日中いても飽きることなく過ごせます。あちこち移動するのも一苦労の子ども連れにとっては、とってもうれしい施設ですよね。そんな「十勝サホロリゾート」の魅力を、これから詳しく解説していきます!

十勝サホロリゾートってどんなところ?

 (81589)

「十勝サホロリゾート」は、冬はスキーやスノーボード、春〜秋はカヌーや乗馬など、一年を通して多彩なアクティビティを楽しめる高原リゾート。

ゆったりとくつろげるリゾートホテルも完備しているので、敷地内にいながら朝から晩までたっぷり遊んで北海道の自然を満喫できちゃうんです!

また、サホロリゾートは北海道のほぼ中央部分に位置しているため、道内の観光にも便利。もちろん主要な空港からもアクセスしやすいですよ。

あまり移動せずにのんびり過ごしたい人も、あちこち出かけてめいっぱい楽しみたい人も、それぞれのニーズに合わせて利用できる施設になっています。

十勝サホロリゾートの宿泊/利用料金は?

 (81590)

種類豊富なアクティビティとホテルがそろうサホロリゾート。
ここではそれぞれの利用料金と宿泊料金の目安をご紹介します。

もちろんアクティビティのみ、宿泊のみでも利用できるので、そのときの状況にあわせて利用法や予算を検討してみてくださいね。

ホテルの宿泊料金

サホロリゾートの客室は、宿泊人数などに応じて4タイプから選べます。

客室の詳しい情報は後述しているので、宿泊希望の方はそちらもあわせてチェックしてみてください♪

また、ゴルフプランやスキープランなど、旅の目的に応じてさまざまなプランも用意されています。宿泊予約はウェブサイトや電話で受け付けていますよ。

【宿泊料金の目安】※1室4名利用時の1名あたりの一泊料金
朝食付き 7000円〜
2食付き 1万2000円〜

アクティビティの利用料金

乗馬やカヌー、クラフト体験など、サホロリゾートで体験できるアクティビティは20種類以上!

ただし季節限定のものも多いので、気になるアクティビティがあれば利用前に公式サイトの情報を確認しておくのがベター。

ちなみにアクティビティによっては宿泊者割引などもありますよ!

代表的なアクティビティの利用料金をいくつかご紹介するので、ここでだいたいの予算感をつかんでください。

こちらも詳しい情報が知りたい方は後述のアクティビティご紹介記事へ♪

【利用料金のめやす】※1名あたりの料金
乗馬(ハイキングコース30分) 5400円
ネイチャークラフト 1作品1100円
カナディアンカヌー 3780円

十勝サホロリゾートまでの交通アクセス

北海道のほぼ中心部に位置するサホロリゾート。各空港からもアクセスしやすいのがうれしいですね。

北海道はなにせ土地が広大なので、移動する場合は鉄道よりも車の方が便利です。

車での行き方

札幌方面から行く場合は、トマムICを降りて右へ15分ほど走り、国道38号線のT字路を右折して、狩勝峠4合目付近(帯広側)にあるサホロリゾートの看板を曲がれば到着。

帯広方面からは、十勝清水ICを降りて右へ10分ほど走り、国道38号線のT字路を左折すると狩勝峠3合目付近に看板が見えてきます。

ちなみに駐車場はなんと無料!
また、各主要スポットからの所要時間は以下の通りです。

【サホロリゾートまでの所要時間】
札幌市→約2時間40分
旭川市→約2時間15分
帯広市→約1時間
釧路市→約3時間10分
新千歳空港→約1時間40分
旭川空港→約2時間
とかち帯広空港→約1時間20分
釧路空港→約3時間

鉄道での行き方

サホロリゾートの最寄り駅はJR新得駅です。
札幌駅からは特急を利用して約2時間、釧路駅からも同じく特急利用で約2時間、帯広駅からは快速を利用して約1時間の距離です。

また、新得駅からは事前予約制で無料の送迎があるので、鉄道を使って訪れる場合はぜひ利用しましょう。

ちなみにとかち帯広空港と十勝川温泉からは、お得な定額制のタクシープランも用意されているのでぜひチェックしてみてください♪

十勝サホロリゾートの営業時間と混雑状況は?

 (81591)

敷地内にホテルやレストラン、アクティビティにベア・マウンテンなど、さまざまな施設が集まるサホロリゾート。

それぞれ営業時間が異なり、詳しい情報はウェブサイトに掲示されています。

営業時間や営業日はウェブサイトを確認

ホテルは基本的に年中無休での営業です。

ちなみにチェックインは14時、チェックアウトは11時。

チェックアウト時間が遅めに設定されているので、朝に慌てて支度しなくてもいいのはママにはうれしいポイント♪

また、各種アクティビティはそれぞれで営業時間が異なるほか、冬期は休みになるものもあるので、利用前にウェブサイトで情報収集してくださいね。

混み合う時期は?

冬場はスキー客で賑わうこともありますが、基本的に混雑することは少ないようです。

ただし場合によっては修学旅行や団体客の宿泊とタイミングが被ることも。

また、人気の「ベア・マウンテン」は、土日を中心に観光客や家族連れで混雑することもありますが、開園直後や閉園前など時間をずらして利用すれば比較的ゆっくりと見学することができますよ。

充実の設備がうれしい宿泊施設

全165室のゲストルームを備えるサホロリゾートのホテル。

館内には大浴場やレストラン、売店もあるので、外に出ることなくゆったりと過ごすことができます。

4タイプから選べる客室

宿泊棟は南館と北館の2棟からなり、南館は白木を使ったパステルトーンのやさしい雰囲気、北館は地元の木材をふんだんに使用したぬくもりのある雰囲気と、それぞれ異なる雰囲気を楽しめます。

そしてこのスタンダードタイプの2種類の客室のほかにも、部屋数限定のコンセプトルームも用意されています。

限定4ルームの「コンフォートルーム」は、シーツやパジャマ、タオルを合成洗剤を使わずにクリーニング。

また、部屋の清掃をチリの排出を抑えた掃除機で行ったり、空気清浄機や加湿器を完備したりするなど、快適な空間づくりが徹底されているんです。

子どもにアレルギーがある場合などは、こういう選択肢があるととても助かりますよね。

また、限定2ルームの「ガーデンルーム」は“癒し”をテーマにした客室です。

やわらかい色合いの客室には、ハーブティーやアロマディフューザーが用意されていて、部屋での時間をリラックスして過ごすことができます。

また、それぞれの部屋にはパジャマや歯ブラシ、シャンプー・コンディショナーなど基本的なアメニティが備えられているので、余計な荷物を持っていく必要もありません。

ちなみに「コンフォートルーム」と「ガーデンルーム」には、イギリスのアメニティブランドのシャンプー、コンディショナー、ボディバター、ボディソープが用意されていて、少しリッチな気分を味わえますよ♪

北海道の食材を堪能できるレストランと朝食

サホロリゾートには3つのレストランがあり、それぞれで趣向の異なるこだわりの料理を提供しています。

スイーツやパンが自慢のカフェレストラン「HANA MORI KUMA」、本格的なフレンチ料理が楽しめる「Sahoro Garden」、北海道の郷土料理を提供する「ゆきざさ」と、子どもからシニアにまで対応したラインナップ。

もちろん味もトップクラスです。
3店舗の詳しい情報は後述の記事をご参照ください。

そしてなんと言っても注目したいのは朝食です。

十勝平野で育った牛の牛乳や、北海道産小麦100%の焼きたてパン、「ななつぼし」を使ったお米など、北海道の味を存分に楽しめるバイキングに朝からテンションが上がること間違いなし!

期間限定で、追加料金を支払えば「プレミアム朝食」にグレードアップすることができるシステムも。

イオンスパ リフレ

宿泊者なら無料で利用できる大浴場はマイナスイオン水を使用しており、アクティビティや観光で疲れた体をじんわりとやさしく癒してくれます。

また、サウナや露天風呂も備えられているのでお風呂好きも大満足。
窓の外に広がる緑も心身をリラックスさせてくれますよ。

子どもも大人も楽しめるアクティビティ

多種多様なアクティビティで遊べるのもサホロリゾートの魅力。

豊かな自然を活かした屋外アクティビティから、思い出を形に残せるクラフト体験まで、時期やニーズに合わせてさまざまなアクティビティがそろいます。

そのなかでもとくにおすすめのアクティビティを、いくつかピックアップしてご紹介します!

ブリティッシュ乗馬

人気の乗馬体験は、時間やコース別に6つのプログラムがあります。

子ども連れや初めて馬に乗る人は引き馬やお散歩コース、多少経験があればハイキングコースと、状況に応じてコースを選べます。

馬は調教師によってきちんと調教されているので、子どもや初心者でも安心。

馬と呼吸を合わせながら自然の中を散策する体験は、とびきりの思い出に残ること間違いなしです。

【アクティビティ情報】
営業期間:4月下旬〜11月上旬 ※火曜定休日
営業時間:9時〜16時
料金:1000円〜16,200円
利用条件:前日17時までの事前予約制。長袖・長ズボン・スニーカーを着用。

クラフト体験

屋内でできるクラフト体験は、天候に左右されず、家族で一緒に作業をすることができるので、小さい子どもでも楽しめます。

木の枝など自然の素材を使ってオリジナル作品を作る「ネイチャークラフト」や、かわいいガラス細工を使用した「キャンドル作り体験」、ろくろや手びねりによる「陶芸体験」など、7つのプログラムが用意されています。

プログラムによっては事前予約が必要なものがあったりするので、利用前にウェブサイトをチェックしておくことをおすすめします!

【アクティビティ情報】
営業期間:4月下旬〜11月上旬
営業時間:8時〜17時 ※一部体験は異なる
料金:1080円〜
利用条件:一部体験は年齢制限あり/事前予約制

スプラッシュクルージング

専用ボートに乗って川を下るラフティングは人気のアクティビティのひとつ。

ただし激しいイメージもあり、体験してみたいけど子ども連れだとちょっと不安……というママ・パパもいるのでは?

そんな時におすすめなのが「スプラッシュクルージング」。

4歳から参加できる子ども向けのラフティングツアーなので、安全にラフティングを楽しむことができますよ。

【アクティビティ情報】
営業期間:4月下旬〜10月下旬
営業時間:9時半集合、10時開始(7〜9月は8時半集合、9時開始)or13時半集合、14時開始
料金:大人4800円〜、4歳〜小学生3900円〜 ※季節によって変動あり
利用条件:前日17時までの事前予約制

ベア・マウンテンでヒグマに遭遇!?

 (81593)

サホロリゾートの目玉施設のひとつ「ベア・マウンテン」は、約10頭のヒグマが暮らす森に入って間近から観察できるスポットです。

森の中では2つのコースが設定されていて、「ベアウォッチングバスコース」では専用のバスに乗って低い目線からヒグマたちを観察できます。

高さ約5mのスロープを歩く「遊歩道コース」は、森で暮らすヒグマたちの姿はもちろん、雄大な自然を散策気分で体感でき、ベビーカーや車いすでも利用できるのがうれしいポイント♪

そしてどちらのコースを利用しても行くことができる「ベアポイント」は、森の中央に位置する観察施設です。

池や洞窟で遊んだり休憩したりしている熊たちの姿を観察できるほか、ガラス越しわずか4㎝の距離にヒグマが迫る迫力の演出も!

また、夏季限定で特別に夜の森を探検できるナイトツアーも開催されているので、夏休みの思い出作りにもおすすめです♪

【施設情報】
営業期間:4月下旬〜10月下旬 ※休園日あり
営業時間:9時〜16時(最終入場15時20分)
入場料金:大人1836円(ベアウォッチングバス付き2916円)、子ども・シニア1080円(ベアウォッチングバス付き2160円)

冬はゲレンデでスキーやスノーボードも!

 (81594)

毎年12月上旬〜4月上旬頃にかけてオープンするスキー場では、水分が少なく軽い雪質が特徴の、上質な“ダウン・スノー”を楽しめます。

多彩なコースのなかには初級者向けのコースもあり、コース幅が広く設定されているので子ども連れでも安心。

予約制でレベル別のスクールも開催されているので、スキー&スノーボードデビューにもおすすめです♪

もちろんSAJ公認のフリースタイルコース「ノース・ウェイ」など、上級者向けのコースもありますよ。

ウエアや板、ブーツなどのレンタルセットも大人用と子ども用が用意されていて、手ぶら利用もOK!

リフト券・ゴンドラ券も1日券から1回券、初心者券までさまざまな種類が販売されているので、ちょっとだけ楽しみたい時もめいっぱい滑りたいという時も、そのときの目的に応じて使い分けられます。

また、天気のいい日には山頂から十勝平野が一望でき、北海道の雄大な景色を眺めながらスキーができますよ。

北海道食材を味わえるレストラン

サホロリゾートにある3つのレストランでは、それぞれで北海道産の食材を使ったこだわりの料理を楽しめます。

連泊する場合は3つのレストランを制覇して食べ比べするのも楽しいですよ♪

HANA MORI KUMA

サホロの世界観を表現した「HANA MORI KUMA CAFE」は、北海道産食材を使用したスイーツやパンを味わえるカフェレストランです。

通常の単品メニューや、和風・洋風・中華風と3種類そろうランチメニューに加えて、多彩なスイーツもそろっています。

なかには「くまさんのおひるねオムライス」や「くまさんパンのハニートースト」などかわいい見た目のメニューもあり、女性や子どもに大人気! 写真映えもバッチリです♪

Sahoro Garden

十勝の食材をふんだんに使用した本格フレンチを提供する「Sahoro Garden」。

旬を取り入れた月替わりのコースメニューのほかにアラカルトメニューもあり、お子様セットも用意されているので家族連れでも気兼ねなく利用できます。

また、ソムリエが厳選したワインもそろっているので、記念日など特別な日に利用するのもおすすめですよ。

ゆきざさ

「ゆきざさ」では、地元名物のそばといった北海道の郷土料理をはじめとして、会席料理や地酒を楽しむことができます。

調理人が毎朝手作りする「新得そば」は、新得で育ったそばを使用。しっかりしたコシや豊かな風味が特徴です。

また、こちらもお子様メニューを注文できるほか一品料理や御膳メニューもあるので、使い勝手がよく家族三世代での利用にも便利です♪

サホロリゾートのおみやげ情報

館内にはサホロや北海道のおみやげを販売するコーナーも。

なかでもおすすめなのは、サホロリゾートのかわいいロゴが入ったオリジナルグッズ。

使い勝手のいいトートバッグやマグカップ、バラマキ用にもぴったりなクッキーなどがそろいます。

また、つぶらな瞳とふわふわの触り心地に癒される熊のぬいぐるみのほか、地元名物の新得そば、さほろ酒造の焼酎などの名産品も豊富ですよ。

子ども連れにうれしいサービスも

子どもを連れての旅行は、荷物が多くて準備も大変ですよね。

サホロリゾートでは、そんなママ・パパのために「お子様レンタルセット」を用意。

1日1500円の予約制で、持ち帰り可能なおむつやウェットティッシュのほか、おねしょシーツ、調乳ポットからベビーカーまで、赤ちゃん連れにうれしいグッズをレンタルできます。

また、事前に申し込めばベビーベッドや添い寝ガードも借りることができますよ。

十勝サホロリゾートのおすすめ周辺スポット

広大な土地が魅力の北海道ですが、あちこち移動するとなるとなかなか大変。
ましてや子ども連れとなると、移動時間はなるべく短く済ませたいですよね。

ここではそんなママ・パパたちのために、サホロリゾートから車で1時間程度で行くことができるおすすめスポットをご紹介します♪

ファーム富田

北海道といえばまずラベンダー畑を思い浮かべる人も多いのでは?

富良野エリアには大小さまざまなラベンダー畑があり、見頃を迎える7月には全国から多くの観光客が訪れます。

大自然の中、一面にラベンダーの紫色が広がる光景はまさに絶景。

「ファーム富田」はそのなかでもとくに人気を誇る“ラベンダーの聖地”です。

ラベンダー以外にもチューリップやケイトウなど、さまざまな花が育てられているので、夏以外にも美しい景色を楽しめます。

また、ラベンダーソフトクリームが名物のカフェや、ラベンダーを使った香水やサシェなどの販売も行っていますよ♪

【施設情報】
住所:北海道空知郡中富良野町基線北15号
TEL:0167-39-3939
公式サイト:http://www.farm-tomita.co.jp

ナイタイ高原牧場

公共牧場として日本一の広さを誇る「ナイタイ高原牧場」。
その総面積は約1700ha、なんと東京ドーム約358個分にもなるのだとか!

そんな広大な敷地で数多くの乳牛たちがのびのびと放牧されている様子はまさに北海道ならでは。

また、敷地内にはレストハウスも設置されていて、濃厚な味わいのソフトクリームや軽食が味わえます。

【施設情報】
住所:北海道河東郡上士幌町字上音更85番地2
TEL:090-3398-5049

六花亭 帯広本店

マルセイバターサンドで有名なお菓子メーカー「六花亭」。

多種多様な洋菓子や和菓子を販売しており、どれもリーズナブルなのでお土産用に大量購入する人続出!

人気のバターサンドはもちろん、季節ごとの和菓子は店舗でしか購入できないため、訪れたらぜひゲットしておきたいところ。

賞味期限3時間の「さくさくパイ」も、販売店舗数が少ない貴重な商品です。

また、帯広本店には喫茶室があり、ケーキ類のほか、マルセイアイスサンドやピザなど喫茶ならではのメニューも楽しめますよ♪

【施設情報】
住所:北海道帯広市西2条南9丁目6
TEL:0155-24-6666
公式サイト:http://www.rokkatei.co.jp

十勝サホロリゾートのまとめ

 (81595)

広々とした敷地にホテルやレストラン、ベア・マウンテンなどの多彩な施設が入る十勝サホロリゾート。

さまざまなアクティビティも充実しているので、子どもも大人も一緒になって遊ぶことができ、家族の思い出作りにぴったりです♪

また、個性豊かな3つのレストランでは、北海道の恵みをふんだんに使用した絶品料理が味わえます。

和食から洋食までそろう朝食バイキングでも、道産小麦100%のパンや道産米など北海道食材がたっぷり!

バランスのとれた朝食でパワーチャージしたら昼間はアクティビティで思いっきり遊んで、夜はレストランで北海道グルメを堪能し、大浴場で遊び疲れた体を癒して部屋でゆっくり休む……。

そのすべてが敷地内で完結するので、移動せずとも北海道を存分に満喫できちゃうのはサホロリゾートならでは。

「子どもが小さくて移動が大変」と旅行を迷っているそこのママ・パパ。
サホロリゾートでのんびり楽しい時間を過ごしてみませんか?

【施設情報】
施設名:十勝サホロリゾート
住所:〒081-0039 北海道上川郡新得町狩勝高原
TEL:0156-64-7111
営業時間:
ホテルはチェックイン14時、チェックアウト11時。アクティビティ等はそれぞれ異なる

『十勝サホロリゾート』で多彩なアクティビティやグルメを満喫!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「北海道」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:北海道・東北のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集