『オービィ大阪』は大自然を全身で感じることができる体験型ミュージアム!

644view
『オービィ大阪』は大自然を全身で感じることができる体験型ミュージアム!

大阪府吹田市の万博記念公園からほど近い大型縮合施設エキスポシティ。その中にある「オービィ大阪」は、デジタルとリアルが融合したさまざまなエキシビション(アトラクション)で、子どもから大人まで楽しむことができる体験型ミュージアムです。 今回は、そんな「オービィ大阪」の情報を、隅々までご紹介します。アクセス方法や営業時間、チケット料金や割引情報、エキシビションやレストラン、グッズ情報などもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

『オービィ大阪』WEBで買ってスグ使えるお得なセット割引チケットはこちら

『オービィ大阪』WEBで買ってスグ使えるお得なセット割引チケットはこちら

EPRAKママこえではオービィ大阪とアニマルワールドがセットになったお得な割引チケットを販売しています。

 (71114)

オービィ大阪(Orbi Osaka)とは

オービィ大阪(Orbi)は、2016年1月29日にエキスポシティ(EXPOCITY)内でオープンした大自然体験型ミュージアムです。

エキスポシティはエキスポランドという遊園地の跡地に2015年11月19日にオープンした大型複合施設で、オービィ大阪のほかにも「ニフエル(NIFLEL)」や「ららぽーとEXPOCITY」、「Osaka English Village」などが併設されています。

デジタルとリアルの融合がコンセプトのオービィ大阪では、迫力満点の自然映像や動物映像を体感できるエキシビションが用意されています。

まずは、電車・バス・車でのアクセス方法をチェック

 (71117)

オービィ大阪へのアクセス方法は、電車・バスといった公共交通機関での来場が推奨されています。

車でアクセスする場合には、ららぽーとEXPOCITYの駐車場を利用可能。では、電車・バス・車それぞれのアクセス方法を確認してみましょう。

電車でのアクセス方法

最寄り駅は大阪モノレールの「万博記念公園駅」で、オービィ大阪までは徒歩で約5分ほどです。
万博記念公園駅はエレベーターやエスカレーターのほか、段差解消スロープや車椅子対応の自動改札機など、バリアフリー対応となっています。

また、ベビーチェアやおむつ交換シートが設置されたトイレも設けられているので、ベビーカーの利用はもちろん、小さな子ども連れでも安心です。

バスでのアクセス方法

土日祝日の9時〜21時台と平日21時台は、梅田・エキスポシティ間で直行路線バスが運行しています。所要時間は約40分で、運賃は大人640円、小人320円。

また、平日にはJR千里丘駅前・阪急北千里駅前・阪急南千里駅前の各乗り場からエキスポシティのタクシーのりば横まで無料シャトルバスが運行していて、所要時間は15分ほどです。

車でのアクセス方法

 (71124)

車でオービィ大阪に向かうには、名神高速道路・近畿自動車道を利用する場合は吹田インターチェンジから、中国自動車道を利用する場合は中国吹田インターチェンジからのアクセスが便利です。

ららぽーとEXPOCITYの立体駐車場を利用可能で、駐車の混雑状況をエキスポシティのホームページから確認することができます。

駐車場の基本料金は30分ごとに200円ですが、オービィ大阪の年間パスポートで入館した場合には、2時間無料の駐車券を受け取ることができます。

料金や割引情報は?

 (71133)

オービィ大阪を楽しむには、入館料とは別にエキシビションごとに個別で料金を支払う方法と、入館料とエキシビション代がセットになったパスポートを利用する方法があります。

具体的な料金や、通常の値段よりもお得になるクーポンなどの情報を下記の記事でご紹介しています。

『オービィ大阪』をお得に楽しむ! 料金&割引情報 - アソビバ

『オービィ大阪』をお得に楽しむ! 料金&割引情報 - アソビバ

都会の中で大自然を体感することができるオービィ大阪。こちらの施設は、どのような料金システムになっているのでしょうか? また、料金がお得になる割引情報はあるのでしょうか?

気になる営業時間や混雑状況は?

 (71135)

オービィ大阪では特定の定休日を設けておらず、エキスポシティの休館日に準じています。

また、エキスポシティ内の施設はそれぞれ営業時間が異なります。事前にエキスポシティの休館情報を確認しておきましょう。

オービィ大阪の営業時間

オービィ大阪の営業時間は10:00〜21:00、最終入館は19:00までとなっています。

また、オービィ大阪に併設する店舗も営業時間は異なり、レストラン「ビストロクエスチョン」は11:00〜22:00(L.O 21:30)。

オフィシャルショップは10:00〜21:30です。

オービィ大阪の混雑状況は?

オービイ大阪の混雑状況ですが、やはり土日は平日に比べて混みやすい傾向があります。

オービイ大阪をじっくり回るための所要時間は、その日の混雑状況にもよりますが2時間〜2時間半ほどです。

大自然を体感できるエキシビションの数々をご紹介!

オービィ大阪のエキシビションには、迫力のあるものから癒やしの時間を過ごせるものまで、様々なエキシビションがあります。

ここではそれぞれのエキシビションの特徴や定員、所要時間をご紹介します。

大迫力スクリーンの「シアター23.4」

 (71136)

シアター23.4はオービィ大阪が誇る看板エキシビションのひとつ。

幅40メートル×高さ8メートルの大迫力スクリーンで大自然映像を観ることができるだけでなく、風や霧、匂い、フラッシュライトなどの演出で、自然の中にいるかのような体験ができます。

シアター23.4では時間によって上映作品が変わるので、あらかじめ上映スケジュールを確認しておきましょう。

【エキシビション情報】 
定員 344名
所要時間 30分

過酷な環境で生活する象たちに出会える「エレファンツ」

 (71137)

360度見渡せる「時空移動装置」に乗って、アフリカ象に会いに行けます。

象が生きるアフリカの過酷な環境を体感できるこちらのエキシビションは、象が歩く振動が伝わってくるなど、迫力のある演出が魅力!

まるで象が本当に間近にいるかのような感覚が味わえますよ。

【エキシビション情報】
定員 40名
所要時間 15分

「マウントケニア」で-20℃の世界を体験!!

 (71138)

暑いイメージのあるケニア山、実は夜になると氷点下まで気温が下がることを知っていましたか?
この「マウントケニア」は、そのケニア山の気温差を体験できるエキシビションになっています。

約25℃の部屋から徐々に寒い部屋へと移動していき、最後は息ができないほどの強風が吹きつける-20℃のブリザードルームが!!

驚くべき世界があなたを待ち構えています!

【エキシビション情報】
定員 24名
所要時間 10分

4Dシアター「マウンテンゴリラ」

 (71139)

4Dシアターマウンテンゴリラは、絶滅の危機にあるマウンテンゴリラの生活を4Dシアターで観察するエキシビションです。

専用メガネを着用して観察する3D映像にくわえて、風や霧、振動などの演出もあり、臨場感たっぷりの4D体験を味わうことができます。

【エキシビション情報】 
定員 72名
所要時間 15分

仮想飛行体験「アースクルージング」

 (71140)

アースクルージングは、地球上を飛行しているかのような体験が楽しめるエキシビションです。

壮大な山脈や砂漠などの空撮映像を、正面から真下にかけて湾曲した大型スクリーンに投影することで、本当に世界中を飛び回っているかのような感覚を味わうことができます。

【エキシビション情報】
定員 なし
所要時間 5分

等身大動物図鑑「アニマルペディア」

 (71141)

アニマルペディアは、本物と同じスピードで動く等身大の動物たちが巨大スクリーンに映し出されるエキシビションです。

圧巻の大きさのゾウや、猛スピードで走り抜けるチーターを目の前で観察することができます。

また、スクリーンに映る動物をタッチすると、動物の写真とともに3つの豆知識を確認することができます。

【エキシビション情報】
定員 6名
所要時間 5分

海中の世界に癒される「ブルーレイヤー」

 (71142)

美しくて幻想的な海の世界を堪能できる「ブルーレイヤー」。

大きな円形のスクリーンに映し出される海中の映像には、珍しい深海の生き物も多く映し出されます。

スクリーンの前に置かれたソファーやクッションに座ったり寝転んだりして、ゆっくりと癒されましょう。

【エキシビション情報】
定員 なし
所要時間 出入り自由

色彩の世界が広がる「アースパレット」

 (71143)

こちらの部屋は、部屋に置かれているシートを隣のテーブルの上にかざすと、部屋全体のディスプレイにその色に合わせた写真が映し出される仕掛けになっています。

写真には動物や自然、植物など、地球上の様々な「色」が収められています。
変わった色の生き物も出てくるので、探してみてくださいね!

【エキシビション情報】
定員 なし
所要時間 出入り自由

ブロックの壁面が大自然になる「ベースキャンプ」

 (71144)

オービィ大阪に入ってまず目にすることになるのが、このベースキャンプ。

ブロックが積み上げられており、その壁面に自然や動物の映像がプロジェクションマッピングによって映し出されます。

さらにピーナッツのような形をしたオブジェにはカメレオンやシャチ、ホッキョクグマなどが映し出され、触ると反応してくれるんですよ!

【エキシビション情報】
定員 なし
所要時間 出入り自由

「メガバグズ」で昆虫の世界へGO!

 (71145)

メガバグズは昆虫の目線が体験できるというユニークなキッズスペース。
木の葉や枝など、自然のものに見立てた遊具が置かれています。

3~10歳のお子さま向けのスペースと0~2歳向けのスペースがあるので、赤ちゃん連れのファミリーにもおすすめです!

【エキシビション情報】
定員 なし
所要時間 出入り自由

エクストリームフォトスポット

 (71147)

生き物や景色との合成写真を撮ることができるこちらのスポット。

大きな虫に乗っていたりシロクマの背を滑り降りたり、面白い写真が出来上がりますよ!
プリクラ感覚で楽しくポーズをとろう♪

出来た写真は購入するのはもちろん、SNSでシェアすることもできます。

【エキシビション情報】
定員 2組

アニマルセルフィー

 (71148)

不思議な鏡の前に立つと、鏡に映った自分が動物に変身しちゃうエキシビションです!

頭に角が生えたり、肌にシマウマの模様が浮かび上がったり、自分の顔のクリオネが出てきたり!?

エクストリームフォトスポットと同じく、こちらの写真も購入することができますよ。

【エキシビション情報】
定員 4組
所要時間 出入り自由

1秒間の動きを比較「タイムスライス」

 (71149)

タイムスライスは、動物の驚異的な動きを実感することができるエキシビションです。

ハイスピードカメラに向かって野生動物たちの動作をマネして、人間と動物の「一秒間の動き」を比較することができます。

撮影した映像をスロー再生で振り返れば、盛り上がること間違いなしです。

【エキシビション情報】
定員 1組
所要時間 5分

お腹が空いたらここ!レストラン情報

 (71150)

ちょっと小腹がすいたときには、オービィ大阪に併設するレストラン「ビストロクエスチョン」がおすすめです。

ポテトやフライドチキンなどの軽食や、子どもに大人気のお子様ランチが提供されています。

また、オービィ大阪では通常チケット・パスポート問わず再入館が可能ですので、食事のあとは再びオービィ大阪を楽しむことができます。

お土産、グッズを買うならオフィシャルショップへ!

 (71151)

お土産を買うときは、オービィ大阪併設のオフィシャルショップがおすすめです。

動物や自然をテーマにしたグッズが盛りだくさんで、なかには「ゴリラのはなくそ」のようにユーモアあふれるお菓子も販売されています。

赤ちゃん連れも安心! ベビーカー、オムツ交換台、授乳室の紹介

オービィ大阪には、赤ちゃん連れでも安心して楽しめるように、様々な設備やサービスが整っています。赤ちゃんと一緒に遊びに行く予定ならチェックしておきたい情報をご紹介します。

ベビーカーの利用

オービィ大阪では、ベビーカーで移動することが可能です(一部のエキシビションを除く)。
各階への移動の際も、エレベーターが設置されているので安心ですね。

ベビーカーの置き場は各階にあります。

オムツ交換台

 (71152)

オムツ交換台は、2Fの多目的トイレにあります。
1ヶ月~2歳半ぐらいまでの子どもが利用できる交換台となっています。

授乳室

 (71153)

2Fにある救護室は、授乳室としても利用することができます。
利用したい時は、近くにいるスタッフの方に声をかけましょう。

オービィ大阪の口コミ

休日はチケットを購入するのもすごく行列ができると聞いたので平日に行きました。すごく空いていて、平日を選んで正解でした。2歳の子供を連れて行きましたが、たくさんのスポットで楽しそうにしていました。動物大好きなので嬉しかったようです。
土日に行ったので並んでいました。観るだけてなく風や匂いなども体感で楽しめます。娘はアニマルぺディアが気に入って何回も見ていました。他に4Dでゴリラの群をリアルに観るマウンテンゴリラも二回入りました。
規模は平日であれば、半日あれば全て体験できそうです。再入場も可能ですので飽きたら外に出かける事も可能ですが基本的には帰らない!とゆうくらい遊んでます

オービィ大阪のまとめ

 (71154)

充実のエキシビションで、子どもから大人までしっかり楽しむことができるオービィ大阪。

府内中心部からのアクセスがよく、大型複合施設内にあるためショッピングやお食事にも便利な環境ですね。

デジタルとリアルの調和による大迫力の自然映像を体験しに、オービィ大阪へとお出かけしてみてはいかがでしょうか。

施設情報

施設名:オービィ大阪
住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY 内 オービィ大阪
電話番号:06-6155-7299
営業時間:10:00~21:00 (最終入館は19:00まで)

★オービィ横浜の情報はこちら

『オービィ横浜』は駅近・屋内が魅力!全身で大自然の神秘を感じよう

『オービィ横浜』は駅近・屋内が魅力!全身で大自然の神秘を感じよう

春休みも半ば、雨がシトシト降り続き......そろそろお家にいる息子は外に出たくて限界‼「どこに行きたい?」「動物園にいきたい‼」。そんな会話があった雨降りの3月後半の平日に、屋内型大自然超体感ミュージアム「オービィ横浜」へ行ってまいりました。

『オービィ大阪』は大自然を全身で感じることができる体験型ミュージアム!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:お役立ち情報のお役立ち情報

お役立ち情報

RANKINGお役立ち情報ランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集