大人から子どもまでが夢中になるパイロット体験! 『トライエア』を徹底解剖!

79view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

大人から子どもまでが夢中になるパイロット体験! 『トライエア』を徹底解剖!

乗り物の操縦体験といえば、子どもたちが大好きな遊びのひとつ。沖縄県の本島南部に位置する豊見城市の「トライエア」では、フライトシミュレーターを使って、飛行機の操縦体験ができます。さまざまなコースが設けられ、なかにはVRを使ったものもあり、本格的に楽しめます。本格的でありながら、子どもでも十分楽しめます。「トライエア」の体験コースや料金、施設の様子など、気になる内容をまとめました。

「トライエア」ってこんなところ!

 (92193)

フライトシミュレーターを使った飛行機の操縦体験が楽しめる「トライエア」。

那覇空港、那覇市街地からほど近い、豊見城市のショッピングセンター「TOMITON(トミトン)」の2階にあります。

忠実に再現したコクピットに座れば、まさに気分はパイロットそのもの。

専門知識のあるインストラクターが丁寧に指導してくれるので、知識がなくても楽しめます。大人も付き添えるので、小さい子どもでも楽しめます。

またお子さま向けにパイロットの帽子とシャツの貸出も行っており、パイロット気分を盛り上げてくれる演出もあります。

体験できる年齢に制限はありませんが、身長100cm未満のお子さまはパパやママの膝の上に乗って体験することができます。

追加料金は必要になりますが、話題のVRを使った体験では、よりリアルな臨場感が楽しめます。

体験の際はめがねは外さなければならないので、普段からめがねをかけている人は注意しましょう。

操縦するのはちょっと苦手という人には、新たに登場したVRジェットコースターがおすすめです。

体験は5分500円〜と手頃! オプションも魅力的

「トライエア」の飛行機操縦体験の料金は、体験するコース、時間によっても変わってきます。

操縦は1人で行いますが、副操縦士席や後部座席に座っての付き添いが可能です。お子さまに付き添う場合、保護者1名まで搭乗料が無料となります。

操縦するにあたっての追加オプションもあり、特に飛行機好きに人気なのが、飛行機の機種変更です。

また、天気や時間帯を変更できたり、VRのヘッドセットを着用できたりと、さまざまなオプションがあります。

体験料金

飛行機操縦体験
■一般子ども(小学生以下):5分500円、10分1000円、20分1600円、30分1800円
■学生:5分750円、10分1500円、20分2400円、30分2700円
■一般大人:5分1000円、10分2000円、20分3200円、30分3600円

追加オプション
■ 搭乗料(1人):+.300円※子どもは無料
■ 飛行機の変更:+300円〜
■ 天候・時刻変更:+200円
■ VR体験+1000円

ジェットコースターVR体験
■ 1回(2分):400円

会員なら2割引で体験できる

「トライエア」には、一般料金と会員料金の2つがあります。会員になるには入会費3000円(年会費は無料)が必要ですが、一般料金の2割引で体験できます。

旅の合間に1回だけ体験するようでしたら、一般料金での利用がおすすめです。

体験時間の短い「ジェットコースターVR体験」は、1回なら400円ですが、回数を重ねるごとに割安になり、5回の場合は計1500円です。

家族で複数人数が体験する場合はおすすめです。

那覇空港から車で約15分!

 (92194)

「トライエア」が入るショッピングセンター「TOMITON」へは、車かバスでのアクセスになります。

沖縄旅の起点となる那覇空港から向かう場合、車で約15分。バスの場合も空港から1本で最寄りのバス停に行くことができ、アクセスは比較的楽です。

車利用の場合

那覇空港から国道331号を南(糸満市方面)に10分ほど進み、「豊崎」交差点を左折すると、右手に「TOMITON」が見えてきます。

駐車場は「TOMITON」内にあり、無料で利用できます。駐車台数は860台なので、安心して停められます。

那覇の市街地から向かう場合は、20分程度で行くことができます。

バス利用の場合

公共機関を使って「トライエア」に行くなら、バスがおすすめです。

那覇空港国内路線バス乗り場の4番乗り場から出ている、那覇バス95番「空港あしびなー線」に乗車すれば、ノンストップで最寄りのバス停「あしびなー」に到着します。

最寄りバス停からは歩いて1分、交差点の向かいに「TOMITON」が見えます。バスの乗車時間は約10分ですが、1時間に1本しかないので、事前に時刻表は確認しておきましょう。

那覇市街から向かう場合は、那覇バスターミナル発のバスを利用しましょう。琉球バス交通の「道の駅豊崎」行きのバスに乗り、「アウトレットモール前」で下車します。

バス停からは那覇バス同様、歩いて1分。交差点の向かいに、「TOMITON」が見えます。バスの乗車時間は約30分ですが、本数は多いです。

営業時間と混雑状況

「トライエア」の営業は、平日と休前日は11時から、土・日曜、祝日は10時から開始します。

終わりの時間も日によって異なり、日曜から木曜は19時、金・土曜、祝前日、祝日は20時までです。体験時間を考えると、閉店の30分前にはお店に到着しておきたいです。

定休日はありませんが、台風などの天候により臨時休業となることがあるので、訪れる前にお店のFacebookなどを確認しておきましょう。

週末や繁忙期の昼時は混雑し、待つこともあります。旅行中で帰りの飛行機が決まっている場合は、事前に予約をしておいた方が良いです。

コースも多彩! ドキドキわくわくのフライト体験!!

 (92195)

「トライエア」のメインとなる体験といえば、フライトシミュレーターを使った飛行機の操縦体験です。国内外の10コース以上から選べ、一番手軽なもので5分コースがあります。

体験は予約なしでできますが、週末などは混雑することもあるので、旅のスケジュールが決まっている場合、予約しておけば待ち時間なしで体験できます。

飛行機以外に戦闘機もありますが、初めての人は操縦が比較的楽な飛行機がおすすめです。

ほかに、VRを使ったジェットコースターに乗れる体験もあります。

リアルだからこそ操縦体験に夢中になる!?

操縦体験のコースは、体験時間によって変わってきます。5分間の体験だと那覇コースのみですが、10分間では東京や大阪、ニューヨークなど9コースがあります。

機種が選べるのも魅力的で、一番操作が簡単な小型機、ファンが多いボーイング社のジェット機、戦闘機も操作できます(一部、オプションの追加料金あり)。

操縦する際の天候や時間も変更できて、さまざまなシチュエーションがそろっています。

操縦席には、映像を映し出す3面のモニターと本物を彷彿とさせる操縦桿などを完備。操縦桿は子どもでも持ちやすいように、大きな操縦輪が採用されています。

体験は専門知識を持ったインストラクターがそばに付いており、アドバイスを受けながら空港を離陸し、目的の飛行場(空港)への着陸を目指します。

例えば「東京コース10分」の場合、羽田空港を出発し、お台場や皇居、東京スカイツリーなどを巡り、羽田空港に戻ってきます。

操作も楽しいですが、操縦席から望む美しい景色も楽しめます。無事に着陸できた瞬間、歓喜の拍手に包まれます。

「TOMITON」に食事処が充実

「トライエア」が入っている「TOMITON」はショッピングセンターなので、館内で食事ができます。

回転寿司やうどんのチェーン店などのおなじみのものや、沖縄にしかないローカル・ファストフード店など、さまざまなお店がそろっています。

1階は吹き抜けのフードコートスペースになっていて、遊具とともにテーブルやいすが多数設けられているので、こちらを利用するのもおすすめです。

「TOMITON」の道を挟んだ斜め向かいには、アウトレットモール「あしびなー」もあるので、こちらに足を運んでも良いでしょう。

飛行機好きを魅了する航空グッズも販売

 (92196)

「トライエア」内の一角には、グッズ販売のコーナーが設けられています。

扱う商品は、飛行機の模型やキーホルダー、ステッカーなど航空グッズがメインです。キッズ用のTシャツやタオルといった実用的なアイテムもあります。

体験後にチェックしてみてはいかがでしょうか。

おむつ替えや授乳はショッピングセンター内で!

「トライエア」にはトイレなどがなく、ショッピングセンター「TOMITON」内のトイレを利用しましょう。トイレは、1階と2階に2つずつあります。

授乳室とおむつ替え台は、1階のラーメン店とヘアサロンの間にあります。授乳室とおむつ替え台は同じスペースにあるので、男性の入室はできません。

授乳スペースは個室ではなくカーテンで仕切られ、そこにいすが2つある簡易的なものです。おむつ替えの台は2台あり、お湯が出るシンクもあります。

「トライエア」の周辺情報

 (92197)

「トライエア」がある豊見城市周辺には、沖縄カルチャーを感じられる施設が集まっています。

沖縄を代表する観光テーマパークからサクッと体験できる工場見学まで、興味のある施設を訪ねてみましょう。

株式会社上間菓子店

「トライエア」から車で約5分の距離にある、沖縄生まれの乾燥梅菓子「スッパイマン」の製造工場。

平日は、10名以下なら予約なしで工場見学ができます(土曜は動画のみ)。見学は無料で、見学時間は30分程度です。

全国的にもファンが多い「スッパイマン」の製造工程や品質管理の様子を見ることができ、ガイドによる「スッパイマン」の歴史などの紹介もあります。

見学後には商品の購入もでき、中には工場や沖縄限定販売のものもあります。入口では「スッパイマン」の像が出迎えてくれます。一緒に記念撮影をするのもおすすめです。

住所:沖縄県豊見城市豊崎3-64
電話番号:098-840-6000
URL:https://www.amaume.co.jp

おきなわワールド

「トライエア」から東(南城市)方面に車で進むこと約30分、琉球文化に触れられるテーマパーク。

東京ドーム約4個分という広大な敷地内には、全長5kmにわたる国内最大級の鍾乳洞「玉泉洞」や、琉球王国当時の街並みを再現した「琉球王国城下町」などがあります。

また、紅型や藍染め、琉球ガラスなどの体験プログラムも豊富にそろっています。

ほかにも、毎日開催される伝統芸能エイサーのパフォーマンス、ハブ博物公園のハブショーなど、みどころが満載です。

食事処やおみやげ店もあり、充実したひとときを過ごせます。

住所:沖縄県南城市玉城字前川1336
電話番号:098-949-7421
URL:http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

がんじゅう駅・南城

「トライエア」から車で約40分のところにある観光体験施設。

沖縄の衣装(エイサー、紅型ほか)に着替えての記念撮影(1人500円)や、沖縄の伝統菓子ちんすこう作り体験(1人1000円)など、さまざまなプログラムがあります。

館内には物産館が併設され、おみやげや軽食の販売も行っています。建物の裏側に回れば、高台から美しい海を望めます。

また、近くにはパワースポットで知られる世界遺産の斎場御嶽があり、斎場御嶽の券売所もこちらで兼ねています。併せて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

住所:沖縄県南城市知念字久手堅541
電話番号:098-948-4611(南城市観光協会)
URL:http://okinawa-nanjo.jp/station/

「トライエア」のまとめ

 (92198)

全国でも珍しいフライトシミュレーターの専門店「トライエア」。気軽にパイロット気分を味わえ、しかも本格的とあって、子どもたちに喜ばれること間違いなしの施設です。

那覇空港から車で約15分とアクセスの良さも魅力的です。

沖縄の美しい海とともに、子どもたちの貴重な思い出として体験してみてはいかがでしょうか。

(施設情報)
名称:トライエア
住所:沖縄県豊見城市豊崎1-411
電話番号:098-856-0330
営業時間:月〜木曜11:00〜19:00、金曜、祝前日11:00〜20:00、土曜10:00〜20:00、日曜、祝日10:00〜19:00

大人から子どもまでが夢中になるパイロット体験! 『トライエア』を徹底解剖!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「沖縄」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:九州・沖縄のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集