『カップヌードルミュージアム』で子どもの創造力を育てよう!

334view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

『カップヌードルミュージアム』で子どもの創造力を育てよう!

夏休みに小1の息子と私の2人で、カップヌードルミュージアムへおでかけしました。息子は無からの創造は大の苦手。絵を描くときも私の真似ばかりです。そんな息子をカップヌードルミュージアムに連れて行ったら……。 クリエイティブな発想を大事にしてきた『カップラーメンの父 安藤百福』のマインドは伝わるのでしょうか?

  • 使ったお金:2,500円
  • 遊んだ時間:14:00~15:30 計1時間30分
  • 子供の年齢:6歳(おとこのこ)

2016年8月更新

暑い夏の日、桜木町から歩いてカップヌードルミュージアム

 (2263)

桜木町から動く歩道を通り、パシフィコ横浜までは建物内の移動で快適でした。

そこからカップヌードルミュージアムまでの道のりは外移動なので、天気が良い日は帽子や日傘、暑さ対策があると便利です。

ミュージアムは土曜日ということもあって小さな子からご高齢な方まで、また、多国籍に渡って賑わっていました。

一番人気のアトラクション『マイカップヌードルファクトリー』は入場券(大人500円、高校生まで無料)を購入するタイミングでお願いすると整理券がもらえます。

30分ごとに枠が区切られているので計画が立てやすかったです。私たちは時間になるまで20分くらいだったので『ヒストリーキューブ』で沢山のインスタントラーメンを眺めてきました。

『ヒストリーキューブ』でラーメンの種類の多さに圧倒

 (2265)

『マイカップヌードルファクトリー』体験まで、2階にある『ヒストリーキューブ』の中に入ってきました。ちょっとの時間潰しにも最適!

息子は足元から天井まで4面に敷き詰められた、最初のインスタントラーメンから現在ある世界中で発売されている色々なラーメンを眺めて「こんなに食べられないよ。」とため息を漏らしていました。

最近のインスタントラーメンを見つけると、うれしそうに大声で「これとこれ、お母さん好きなんだよね!」と言っていました。

周りに沢山の人が居たので、きっと「この人は手抜き料理が大好きなんだろうな。」と誤解をされたに違いありません……。

長く待つときは『百福シアター』でクリエイティブシンキングを養うことや、『ワールド麺ロード』で腹ごなしも良さそうです。

『マイカップヌードルファクトリー』で創作力が発揮できると最高!

 (2268)

待っている間は作成手順が動画で流れていてガン見の息子。見とれている間に自動販売機でカップヌードルのカップを購入する番になりました(1カップ300円)。

こうした小さなワクワク感が息子を刺激して、待っている間も飽きることなく過ごすことができました。

いよいよ創作力を爆発させるカップにお絵かきタイムです!が、無から創造できないわが子。残念ながら、小さな電車をちょろっと描いただけでした……。

オリジナルカップを完成させ、次は味と具材4点を選びました。息子は優柔不断、なかなか決められません。

でも、スタッフのお姉さんはとても優しく、上手に息子をうながしてくれました! さんざん悩んで選んだのは、ひよこかまぼこ×2とたまご×2でした…。

『クリエイティブシンキングボックス』を体験しました。

 (2271)

息子が最も苦手とする創造性を、少しでも刺激したいという親の私が満足できる参加型展示会場でした。

影が光の当て方によって大きさが変わったり、なんでも物事のヒントになり得ること、違う方向から見ると感じてた大きさが違うことなど。

「目の前で見たことだけがすべてではない、見る方向、当たり前だと思っていることをひっくり返して見て見ましょう。」と、息子に私から言わなくても伝えてくれました!

フロアーを何度も行ったり来たりして、息子自身の感覚で体感しながら楽しんでいました。

このアクティビティは2歳の次男でも楽しめそうだと感じました。字は読めなくても体験することで、自然と角度を変えて考える面白さが身に付いていきそうです。

アソビバママが見たカップヌードルミュージアムのポイントはココ!

 (2274)

観光客をしっかり意識したおみやげフロアが出入り口すぐのところにあります。

ちょっとみんなに配れるものから手土産になるものまでそろっていました。ママ友へ配るのには話題も膨らませることもできて良さそうですよね。

買い物好きの息子は「弟へのおみやげを選んであげたい」と、一生懸命おみやげコーナーを物色していました。

入ってすぐの大きな階段の下裏側には無料コインロッカーがありました。子ども連れならぜひ活用しましょう! オムツや着替えなど何度取り出しても無料です!

入場料も高校生まで無料です!トイレも洗面台に幼児サイズのものが1台ありました。

スタッフさんも子どもに優しく接してくれます。全体的に非常に子供に優しい施設だと感じました。


文/きな駒

『カップヌードルミュージアム』で子どもの創造力を育てよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集