名産びわのジェラートが絶品!『渚の駅たてやま』が楽しい♪

294view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
名産びわのジェラートが絶品!『渚の駅たてやま』が楽しい♪

シルバーウィークの休日に館山の秋祭り『やわたんまち』を見に行く前に時間があるので、千葉県館山市、館山湾に面した『渚の駅たてやま』へおでかけしました。 おでかけメンバーは私、母、双子の息子たち(2歳)の4人。渚の駅は博物館、水族館、レストランと色々あり、お祭り前の時間つぶしに最適と聞いたからです。 本当に小さい子どもでも楽しめるのでしょうか?

  • 使ったお金:900円
  • 遊んだ時間:10:00~12:00 計2時間
  • 子供の年齢:2歳双子(おとこのこ)

2016年10月更新

お祭りでも道は空いていた!無事に『渚の駅たてやま』へ到着

渚の駅たてやま

渚の駅たてやま

シルバーウィークの初日ということとお祭りということで渋滞するかと思っていましたが、天気が悪かったおかげかお祭り前だったおかげか分かりませんが、スムーズに着くことができました。

海岸沿いを渚の駅まで行く道のりがとてもきれいで、最高のドライブでした。渚の駅に着いたのが午前10時くらいでしたが、無料の駐車場は混雑はしていたものの、空きがあり問題なく停めることができました。

乗用車用の駐車場は100台近くあるようでしたが、満車になることも多いようです。

足を運ぶ際は早めにおでかけすることをオススメします。

新井海岸のところにも車を停めることができるようですが、当日はジェットスキーをやる人たちが大勢来ていて停めるのは無理でした。

でも、入れ替わりが激しいのでそれほど待たずに駐車はできそうです。

まずは海辺の広場で館山の海の生物に触れる

海の生物

海の生物

まず始めに小さな水族館『海辺の広場』へ行ってみました。

入り口を入ると見えたのが大きな入り江のような水槽です。

館山湾で生息している魚や生き物を展示しているのですが、館山湾に見立てた水槽は横からも上からも見えるので子どもたちにはより近くにいろいろな魚を感じられて、大はしゃぎ!

他にもさまざまな水槽にいろいろな魚や貝などがいて、どれも身近な魚が多かったので子どもにも親しみやすかったようです。

また、奥には貝や魚を手で触れるタッチプールもあり、子どもたちは果敢に手を入れて触っていました。

私たちは時間が合わずできませんでしたが、毎日14時半にエサやり体験ができるので、今度は子どもとその時間に行きたいなと思います。

おやつに館山なぎさ食堂でとっておきのジェラートを

ジェラート

ジェラート

渚の駅では、地元の野菜や魚、お土産が買える『海のマルシェ』があり、外で地元名産のビワを使ったソフトクリームも食べられます。

今回は海を見ながらジェラートが食べたいと2階にある『館山なぎさ食堂』へ行ってみました。
2階は食事ができるスペースとジェラートやコーヒーが飲めるカフェスペースとに分かれていて、カフェのほうでジェラートを買いました。

6種類ほど南房総で作られている食材を使ったジェラートがあります。

子どもたちは、あまおう(コーン):450円を注文。わたしと母は、ミルク(コーン):450円を注文しました。

どちらの素材も味が活きていておいしかったのですが、意外に一つのジェラートの量が多く、シェアするぐらいがちょうどよさそうです。

あいにく小雨がぱらついてきたので、展望デッキで食べるのは諦めましたが、とっても開放的で気持ちよさそうでした。

食事も館山などの食材を使っていたので今度はここで食べてみたいです。

さかなクンギャラリーでかわいい魚たちの絵に触れあう

さかなクンギャラリー

さかなクンギャラリー

ジェラートを食べたあとは、隣にある渚の博物館の中にできた『さかなクンギャラリー』へ。

館山のふるさと大使でもあるさかなクンが館山の海で出会った魚の絵やアートに触れあえるところでした。

壁一面に描かれた何十匹もの魚の絵も圧巻だったのですが、イラストを交えて魚の紹介をしていてその絵が的を射ており、とてもためになりました。

ちょうど海辺の広場でみた魚のイラストもあったので、子どもたちも面白かったようです。ホントさかなクンの絵は素敵でしたよ。

ギャラリーの上には、館山市立博物館分館があり、模型や実物の家や船が展示され、漁業や漁村の暮らしをみて学べます。

子どもたちはちょうど地引き網漁を体験した後だったので、その模型に興味があったようです。

さすがに2階は2歳児には難しかったようですが、夏休みの自由研究とかにはもってこいの内容でした。

アソビバママが見た『渚の駅たてやま』のポイントはココ!

渚の駅たてやまは、館山湾に面していて、隣には館山夕日桟橋があり、ジェットスキーや釣りを楽しむ人を眺めながら、散策することができます。

桟橋の先まで行くことも可能ですが、かなり距離があり、2歳児では行って戻ってくるのに30分ほどかかってしまいました。

休憩するような椅子はないし、日陰もないので天気を見ながら無理せず散策するのがいいと思います。

また、展望デッキからは天気が良ければ海越しの富士山が見られ、開放感あふれる空間でジェラートを食べたり、食事をしたりできます。

下のマルシェでお弁当なども売っているので、ここで食べるのも良さそうです。

隣の桟橋からは海中観光船が出航しているので、海辺の広場で見た魚たちを実際の海で観察できるのもトリプルで館山湾を楽しめ、学べる機会になるのでおすすめです。

文/naminohate

名産びわのジェラートが絶品!『渚の駅たてやま』が楽しい♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集