『熱海城』―熱海市街を見下ろすお城でエンタメ三昧!

27view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『熱海城』―熱海市街を見下ろすお城でエンタメ三昧!

熱海市の錦ヶ浦山頂にある観光施設「熱海城」。天守閣展望台からは、熱海の街並みをはじめ伊豆半島までを眺望でき、熱海屈指のビューポイントとして人気です。足湯に浸かりながら絶景を楽しむこともできます。夏には絶好の花火鑑賞スポット、春には桜の名所としても知られています。城内は娯楽施設も充実。江戸時代の衣装に着替えてのコスプレ体験ができたり、甲冑や日本刀などを展示する資料館があったりと、幅広い年代が楽しめる内容になっています。トリックアート美術館も併設され、存分に遊び尽くせます。

【最大16%オフ】熱海城の割引チケット | ママこえの割引チケット販売

【最大16%オフ】熱海城の割引チケット | ママこえの割引チケット販売

熱海城の前売り割引チケットはママこえ。【最大16%オフ】熱海城/熱海トリックアート迷宮館のお得な割引チケットを期間限定販売。

熱海城ってこんなところ!

 (77965)

「熱海城」は、静岡県熱海市、海に突き出た名勝地、錦ヶ浦の山頂に位置するお城型の観光施設です。

天守閣を有する城内は地下1階から地上6階までの7フロアからなり、1959(昭和34)年に築城されました。

一番の目玉は、展望台になっている天守閣。海抜約120mの高さからは360°のパノラマビューが望め、一見の価値ありです。

ほかにも、江戸時代のお気に入りの衣装を着用できる「江戸体験コーナー」や貴重な武具を展示する「武家文化資料館」など、江戸時代の気分にひたれる施設を完備しています。

1階のバルコニーには、眺望自慢の「ジェット足湯」も設けられ、休憩するにはぴったりです。

夏には熱海湾で行われる花火大会に合わせて、営業時間を延長。天守閣から花火鑑賞が楽しめます。

入場料金で十分に楽しめる!

 (77972)

「熱海城」は、入場料金だけで展望台や資料館、地下1階のゲームコーナーなど、ほとんどの施設が利用できます。

併設されている「熱海トリックアート迷宮館」との共通券も販売されており、2つの施設を巡るなら、共通券の方がお得です。

公式HP上などでは、入場料が割引になるサービスがあるので、訪れる前にチェックしておきましょう。

チケット料金

熱海城入園料
■大人:1000円
■小・中学生:500円
■4~6歳:350円
■3歳以下:無料

熱海城+熱海トリックアート共通券
■大人:1600円
■小・中学生:800円
■4~6歳:550円
■3歳以下:無料

熱海城入園料(障碍者割引料金※手帳一冊につき、本人と介助者1名に適用。本人が3歳以下は、介助者1名のみに適用)
■大人:500円
■小・中学生:250円
■4~6歳:200円

熱海城+熱海トリックアート共通券(障碍者割引料金)
■大人:800円
■小・中学生:400円
■4~6歳:300円

入場料の割引サービスは事前に要確認!

「熱海城」の公式HP内では、入場料が割引になる「ネット限定割引券」が手に入ります。

プリントアウトして持って行くと、大人で100円引き、小・中学生、4~6歳で50円引きになります(モノクロプリントでも可)。

1枚につき、グループ全員が割引となるのもうれしい限りです。

http://www.atamijyo.com/guide

「ネット限定割引券」※1枚につき1グループ有効。熱海城、熱海トリックアート、熱海城+熱海トリックアート共通券で利用可
■大人:100円引
■小・中学生、4~6歳:50円引

EPARKママこえの割引券!

EPARKママこえでは料金が最大16%OFFになる割引券を販売しています!
詳しくはこちらから。

【最大16%オフ】熱海城の割引チケット | ママこえの割引チケット販売

【最大16%オフ】熱海城の割引チケット | ママこえの割引チケット販売

熱海城の前売り割引チケットはママこえ。【最大16%オフ】熱海城/熱海トリックアート迷宮館のお得な割引チケットを期間限定販売。

JAF会員優待をはじめ、各種サイトでも割引サービスあり

JAFの会員証提示や、「HISクーポン」「トクトククーポン」などの画面提示でも、「熱海城」公式HPと同じ、大人100円引き、小・中学生、4~6歳50円引きのサービスが受けられます。

プリントアウトする必要がないので、手軽に利用できます。

ただサイトによっては、1回に使用できる人数に制限がある場合もあるので、事前にサイト内の割引条件を確認しておきましょう。

https://his-coupon.com/ja/shop_7500483.html
https://cp.jorudan.co.jp/coupon/spot/TRV11039/
http://jafnavi.jp/web/facility.php?sisetu_id=221122010013&exec_mode=1&SsnId=

ロープウェイからも行ける!

「熱海城」へのアクセスは、車、または電車・バス利用のどちらでも可能。駐車場は250台の駐車スペースがあり、車利用でも安心です。

最寄り駅の熱海駅は、新幹線の停車駅。バスも、観光地という場所柄、本数は多いです。

さらに、熱海港からは「熱海城」近くまで行けるアタミロープウェイが運行、熱海の風景が楽しめます。

車利用の場合

「熱海城」へは、東京方面からは小田原厚木道路西湘バイパス石橋ICを降りてから、国道135号線を経由して、約35分かかります。

国道135号線の「錦ヶ浦」トンネルを抜けた直後に左折、看板を頼りに進めば「熱海城」が見えてきます。

名古屋方面からは、東名高速道路沼津ICが最寄りです。伊豆縦貫道・熱函道路を経由して約45分で熱海市街地にたどり着きます。

そこからは、東京方面からのアクセス同様、国道135号線を経由して「熱海城」へ向かいます。

熱海城には250台収容可能な駐車場があり、1回500円で利用できます。
http://www.atamijyo.com/guide

電車・バス利用の場合

「熱海城」の最寄り駅は、JR熱海駅。駅からのバスは、観光周遊バスと路線バスがあります。

熱海の主要観光地を巡る観光周遊バスは1時間1~3本運行し、駅から約20分で「熱海城」に着きます。

路線バスは、伊豆東海バスの網代・多賀車庫行きに乗り、錦ヶ浦のバス停を下車。徒歩、10分程度でたどり着きます。

景色を楽しみたいという人は、熱海駅から伊豆東海バスの熱海港・後楽園行きバスに乗り、終点で下車、そこからアタミロープウェイに乗り換えるのがおすすめ。

熱海の風景を約3分間楽しみながら、八幡山山頂駅へ。山頂駅からは徒歩3分で熱海城に到着します。

タクシー利用なら熱海駅から約10分です。

営業時間と混雑状況

 (77967)

「熱海城」の営業時間は9時から17時までで、最終入場は16時30分です。例年7月下旬から8月に行われる熱海海上花火大会の開催日には、営業を21時までに延長します。

天守閣の展望台から花火鑑賞が楽しめます。花火の開催日は、事前にHPなどを確認しておきましょう。

定休日はなく、年中無休ですが、メンテナンスによる臨時休業の場合があるので、事前にHPなどを確認しておきましょう。

http://www.atamijyo.com/guide

「熱海城」の混雑状況

GWや行楽シーズン、週末には混雑することがあるので、余裕をもって訪れましょう。特に、地下1階のゲームコーナーは順番待ちになることもあります。

また花火大会の開催日は、鑑賞ポイントとなる展望台は特に混み合います。観覧席などはないので、見る場合は少し前に行って観覧スペースを確保しておくのがおすすめです。

春に城内で行われる桜祭りも人気があり、この時期も混み合います。

平日や冬期は、スムーズに利用できます。

熱海城のイベント情報!(随時更新)

【現在開催中のイベント】

・猿回し

イベントの詳細は下記にまとめております。

猿回し

開催期間:
11月2週目:2018/11/3,4,5,6,7,10
11月3週目:2018/11/11,12,13,14,17
11月4週目:2018/11/18,19,20,21,23,24,
11月5週目:2018/11/25,26,27,28

開催時間:
①11:00~11:20
②12:00~12:20
③13:00~13:20
④14:00~14:20

料金:無料

開催場所:熱海城庭園
※悪天候の場合は中止の可能性があります。
※駐車場を利用する場合は駐車場代が必要になります。

展望台にトリックアートと多ジャンルが集まる城内

 (77968)

「熱海城」には、熱海随一の眺めが広がる「天守閣展望台」や、子どもに人気の「無料遊戯施設」、江戸時代の文化に触れられる「江戸体験コーナー」など、さまざまな施設が充実しています。

別館にはトリックアートが楽しめる「熱海トリックアート迷宮館」も併設しています。

また、足湯に浸かりながら景色が楽しめる「海抜120mジェット足湯」や、無料の「マッサージチェア」も設けられ、疲れた体を癒してくれるコーナーもあります。

入口にある金のシャチホコは、フォトスポットとして大人気です。

海抜160mからのパラノマ眺望を満喫

 (77969)

「熱海城」の最上階には、360°にわたっての景色が楽しめる展望台があります。熱海市街をはじめ、真鶴半島、初島、伊豆半島、箱根連山などが望め、その絶景ぶりは、熱海随一と評されています。

冬期や、夏の営業時間延長の日には、美しい夜景も望めます。

見て、触って、撮って楽しむトリックアート

 (77970)

「熱海城」の敷地内には、「熱海トリックアート迷宮館」が併設されています。

目の錯覚を利用し、平面画を立体的に見せるトリックアートは、見るだけではなく実際に触ったり、カメラで撮影したりと、みんなで盛り上がりながら楽しめるのが魅力です。

館内には約50点の作品が展示され、十分に楽しむことができます。

子どもが夢中に! たくさんのゲームが無料で遊べる

 (77971)

「熱海城」の地下1階は、「無料遊戯施設」になっています。ここでは、ゲーム機やボルダリング、卓球などを無料で遊ぶことができます。

通常のゲームセンターでは有料で遊ぶものが無料とあって、子どもたちには大人気のコーナーです。幼児向けに、ボールプールや滑り台のキッズルームも完備しています。

江戸時代の気分が味わえる体験コーナー

 (77973)

「熱海城」の5階では、殿様や町娘など江戸時代の衣装に着替えて写真撮影ができるコーナーがあります。

4階では、江戸の庶民の知的娯楽、判じ絵が楽しめます。江戸時代のなぞなぞにぜひチャレンジしてみましょう。

ほか、マッチ棒で作ったお城、甲冑や日本刀の武具などの展示もあり、江戸時代の文化を堪能できます。

桜に花火! 季節に合わせて訪れたい

「熱海城」は、季節ごとの魅力もあります。春は庭園にソメイヨシノが咲き誇り、桜祭りが行われます。

夏には熱海湾で行われる花火大会を天守閣から見られ、穴場的なスポットとして人気です。

桜祭りや花火の開催日は、事前に公式HPなどでチェックしておきましょう。

城と桜の絶妙なコラボレーションにうっとり

 (77974)

毎年3月下旬~4月上旬にかけて、「熱海城」付近にある約200本のソメイヨシノが見頃を迎えます。

それに合わせて「熱海城 桜まつり」を開催。露店の出店や夜桜のライトアップなども行われ、例年多くの花見客でにぎわいます。

花見だけを楽しむなら、入場料はかからないので気軽に立ち寄れます(駐車場料金は必要)。

熱海の海上に大輪の花を咲かせる花火に感動!

一年に複数回開催される熱海海上花火大会。例年7月下旬~8月に行われる開催日には、「熱海城」は夜間の営業が延長されます。

天守閣は絶好の鑑賞スポットとして人気です。開催当日は多くの人が来場するので、少し早めに来て観覧場所を確保しておきたいです。

多彩なメニューのレストランは景色も抜群

 (77975)

「熱海城」の敷地内には、レストラン「ヒルトップテラス」があります。

店内や屋外のテラス席から相模湾が臨める眺めの良さが魅力です。テラスなら、ワンちゃんの同伴も可能です。

メニューは、伊豆・天城産のわさびを使ったそばやうどんなどの和食をはじめ、ピザやお子様ランチなどの洋食、ソフトクリームやケーキなどのデザート類も取りそろえています。

「熱海城」限定品もあるおみやげコーナー

 (77976)

「熱海城」の1階には、おみやげを販売する売店コーナーがあります。

クッキーなどのお菓子やキーホルダー、手ぬぐいなど定番のものがそろっていて、なかには「熱海城」だけでしか買えないものもあります。

多目的トイレは6階に! ベビーカーも無料貸出!

 (77977)

「熱海城」のトイレは、6階、1階、地下1階の3か所あります。特に6階の天守閣展望台には多目的トイレが設置され、おむつ交換ができるベビーシートも完備されています。

ベビーカーは無料での貸出を行っています。またエレベーターもあり、全フロアを行き来できます。

「熱海城」の口コミ

うちの目当てはもっぱら地下の施設です。ゲームコーナー、キッズスペース、全て入館料のみで無料で遊べます。ゲームコーナーは普段は有料のゲームが、無料で遊ぶことができます。2、3時間は遊んでくれます。
小さい子も遊べるボールプールみたいなところや優しい素材で出来てる滑り台など 小さいコ向けのゾーンもあるので 子供が居る私からしたら入園料だけで こんなに、遊んでいいの?と思います(^o^) あとは花火大会ですね!!本当に絶景で入園すると優先的に席も取れるので毎年定番になりました(。・∀・。)ノ
初めて熱海城に行ったのですが、トリックアート館が意外に面白くて、盛り上がりました。色んなトリックアートと写真を撮ったり、クイズをしたり子どもは不思議がっていました。お城は、屋上は景色が綺麗でお茶ができました。
ちょうど花火大会があるということを聞いたので、穴場スポットとして熱海城へ。 1歳の娘と奥さんの家族と数人で行きましたが、到着すると結構混んでいました。。。 せっかく来たので!という事で17時の開園と同時に席取り。
花火もとてもキレイに見れて、初めての大きな花火に娘も大興奮!

「熱海城」の周辺情報

「熱海城」で楽しんだあとも、周辺にはいろいろな施設があるので一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

熱海ロープウェイ

熱海後楽園のバス停近くにある山麓駅と、八幡山山頂にある山頂駅とを結ぶロープウェイ。約3分間の空中散歩では、熱海市街はもちろん、初島や房総半島、伊豆大島などが望めます。

山頂に設けられたテラスからは、熱海の夜景も楽しめます。

山頂駅には、2018年10月にリニューアルを終えるカップルに人気の「あいじょう岬」や、アイスクリームが評判の売店などがあります。

「熱海城」からは徒歩3分。

住所:静岡県熱海市和田浜南町8-15
電話番号:0557-81-5800
公式サイト:http://www.atami-ropeway.jp/

マリンスパあたみ

「熱海城」から車で約10分で行ける「マリンスパあたみ」は、一年中プールで遊べる全天候型健康施設です。

高低差8mのウォータースライダーをはじめ、水着着用の温泉プールやジャグジーなどが体験できます。熱海湾が目の前にあるので眺めも抜群です。

屋上には一年を通じてBBQが楽しめるテラスがあり、こちらもおすすめです。

住所:静岡県熱海市和田浜南町4-39
電話番号:0557-86-2020
URL:http://marinespa.com/

熱海遊覧船 SANREMO(サンレモ)

「熱海城」から車で約10分。熱海湾周辺を約30分かけて周遊する観光船。親水公園の第三桟橋を発着し、船上からは熱海の街並みや真鶴半島、錦ヶ浦などを望むことができます。

船内展望室には海中が見えるガラス窓があり、船内から魚が泳ぐ姿を見られます。デッキではカモメへの餌付けもでき、さまざまなお楽しみがあります。

住所:静岡県熱海市渚町地先 親水公園第3工区
電話番号:0557-52-6657
URL:http://s-m-atami.co.jp/sanremo/

施設の基本情報

名称:熱海城
住所:静岡県熱海市熱海1993
電話番号:0557-81-6206
営業時間:9:00~17:00(最終入場16:30)

『熱海城』―熱海市街を見下ろすお城でエンタメ三昧!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「静岡」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:東海のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集