『碑文谷公園』で動物にほっこり。ボートでのんびり。

574view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『碑文谷公園』で動物にほっこり。ボートでのんびり。

すっかり秋めいてきた10月の日曜日。前日は6歳の息子の運動会だったので、今日は疲れを取るために遠出はしないことに。とはいえ、せっかくの休日にいつもの公園ではもったいない! ということで、動物とのふれあいやボートが楽しめる『碑文谷公園』におでかけしました。息子と3歳の娘は「モルモット抱っこしたい!」「ポニーに乗りたい!」「ボートに乗りたい!」と楽しみがいっぱいです。

  • 使ったお金:600円
  • 遊んだ時間:13:30~16:00 計2時間30分
  • 子供の年齢:6歳 (おとこのこ)・3歳 (おんなのこ)

2016年11月更新

『碑文谷公園』を満喫するなら土日がおすすめ。

子ども

子ども

東急東横線学芸大学駅から線路沿いに5分ほど歩き住宅街に入ると、間もなく『碑文谷公園』に到着です。

駅からの道にはお店がたくさんあるので、お弁当やおやつを調達するのに便利です。
もちろん美味しいレストランも多いので、ランチを済ませてから公園におでかけというのもいいですね。

『碑文谷公園』の弁天池では土日祝日だけボートの営業をしています。『碑文谷公園』を満喫するならぜひボートに乗れる日に。

休日でもそれほど混雑しない公園なので、人混みが苦手なパパでものんびり過ごすことができますよ!

かわいいポニーに乗ってお散歩。ちょっとドキドキ!

子ども

子ども

『碑文谷公園』の人気者のポニーたち。いつもは引き馬のみですが、この日はちょうどイベントの日でした。ポニーにニンジンを食べさせてあげたり、親子2人乗りの乗馬体験ができたりということで馬小屋の周辺は賑わっていました。

引き馬のチケットを購入し「どっちが先に乗ろうか」と相談しながら順番を待ちます。年齢制限がなくお座りができれば誰でもOKなので、歩き始めの子どもたちもたくさん並んでいました。

係の人が子どもを支えながら一緒に歩いてくれるので安心です。息子も娘もポニーとのお散歩を楽しんでいましたが、娘は降りた後で「ちょっとぐらぐらした~」とポツリとつぶやいていました。

引き馬は1回200円です。休み時間があり終了時間も早いので、案内の看板をチェックしておきましょう。

あったかくてふわふわのモルモット!大人も子どももニッコリ。

子ども

子ども

次に向かったのは小動物ふれあいコーナー。

ここは無料でモルモット・ウサギ・犬・亀とふれあうことができます。モルモットの抱っこコーナーは人気で、この日は5分くらい待ちました。案内されて椅子に腰掛けると、係の人がモルモットを膝に乗せてくれます。

息子は「わぁ~柔らかくて気持ちいい~、あったか~い!」と、腿やお腹の柔らかい部分をぷにぷにと触っていました。3歳の娘が抱っこするとモルモットも大きく見えてしまいます。「ふわふわでかわいい~」と、頭や背中を撫でていました。

ウサギは抱っこできませんが放し飼いになっているので触ることはできます。犬は大きめですが大人しく、子どもたちが触ってものんびり昼寝をしていました。このコーナーも休み時間と終了時間にはご注意を。

上から眺めても水面からでも癒される弁天池。

子ども

子ども

『碑文谷公園』のシンボルとも言える弁天池。池の周りにはベンチがたくさんあり、座ってのんびり眺めるだけでも癒されるスポットですが、息子が「ボートを漕いでみたい」というので挑戦することに。

やんちゃな娘が池に落ちないかヒヤヒヤしながらいざ乗船。子どもは体重が軽いのでママでも楽々漕げますよ。

池には亀・鯉・カモがいて、たまにボートを停めて生き物を見ました。そしていよいよ息子に交代すると意外としっかり漕げるものです。

頼もしい! しかし、こうなると娘も黙っていません。やりたいやりたいとせがむので少しだけ任せてみると、なかなかの腕前で驚きました。

乗船は30分200円です。12月~2月はお休みのようなので、気候のいい時期がチャンスです。

アソビバママが見た『碑文谷公園』のポイントはココ!

子ども

子ども

弁天池の真ん中にある小さな島には神社があります。

島へは橋が架かっており、手入れされた植木もあって風情のある景色が楽しめます。そこで注意したいのがこの橋。柵がとても低く、3歳の娘でも簡単に乗り越えられるくらいの高さしかないのです。

下はボートや生き物たちが行き来するので、子どもは身を乗り出して覗きたがります。手を繋いであげるなど、目を離さないようにしながら眺めを楽しみましょう。

この日も子どもたちは、橋の上からの眺めを時間を忘れて楽しんでいました。また、以前友人と一緒におでかけしたとき、友人の子どもが靴を落としてしまい管理事務所の人に拾ってもらったことがあります。落とし物にも気をつけて下さいね。

文/LiberoSE

『碑文谷公園』で動物にほっこり。ボートでのんびり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集