赤ちゃんでも乗れるアトラクションいっぱい!『浅草花やしき』

703view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
赤ちゃんでも乗れるアトラクションいっぱい!『浅草花やしき』

12月上旬の週末に、東京都台東区にある『浅草花やしき』におでかけしました。おでかけメンバーは、私、パパ、0歳11ヶ月の息子の3人です。なぜ『浅草花やしき』におでかけしたかというと、なんと0歳でも乗れる乗り物が9つもあるからです! 息子にとっては初めての遊園地。楽しむことはできるのでしょうか?

【最大30%割引】0歳児もOK!『浅草ROX まつり湯』土日でも使える入館チケット - アソビバ

【最大30%割引】0歳児もOK!『浅草ROX まつり湯』土日でも使える入館チケット - アソビバ

浅草ROXまつり湯は11種類のお風呂に、3種類のサウナを完備したスーパー銭湯です。ゲームコーナーやコミックコーナー、キッズスペースも完備しているので小さな子供連れの家族でも楽しめます。浅草寺や花やしき、スカイツリーで遊び疲れたらお風呂でリラックスはいかが?

  • 使ったお金:3,200円
    (入園料:大人1,000円/2人・子ども0円、おやつ:1,200円)
  • 遊んだ時間:12:00~15:00 計3時間
  • 子供の年齢:0歳(おとこのこ)

2016年12月更新

『浅草花やしき』近くの浅草寺は大混雑!人混みをさけ無事到着

『浅草花やしき』近くの浅草寺は大混雑!

『浅草花やしき』近くの浅草寺は大混雑!

『浅草花やしき』には専用の駐車場がないとのことだったので、今回は電車でおでかけしました。

最寄り駅は「浅草駅」です。浅草線や銀座線の「浅草駅」からだと、仲見世を抜けて行くので徒歩10分ほどかかりますが、つくばエクスプレスの「浅草駅」だと徒歩3分ほどで行くことができます。

浅草寺や、仲見世を観光しながら行く場合には浅草線もしくは、銀座線の「浅草駅」を利用すると、浅草の街並みを見ながら向かうことができます。

私たちは、いったん仲見世方面に歩きだしたのですが、あまりに混んでいたので、ベビーカーということもあり仲見世を避けたルートで到着しました。

赤ちゃんが乗れるアトラクションは9つ!付き添いの大人は無料

赤ちゃんが乗れるアトラクションは9つ!付き添いの大人は無料

赤ちゃんが乗れるアトラクションは9つ!付き添いの大人は無料

『浅草花やしき』は、「メリーゴーランド」や「観覧車」、「お化け屋敷」、「スワン」など、0歳児でも乗れる乗り物が9つもあります。

また4歳までは付き添いが必要となり、付き添いの大人は乗り物代は無料になるという、とてもお得な遊園地です。

入園の前に年齢確認をされ、4歳以下の子どもは「4さい以下」と書かれたピンクのパンダのシールを見えやすい位置に貼り入園します。

園内には、このピンクのシールを貼っている子どもたちがたくさんいました!

アトラクションもゆっくりした動きのものが多いので、まだ小さな息子を乗せても安心でした。

なかでもメリーゴーランドはとっても気に入り2回も乗って楽しんでいました。

ゆっくり動く、レトロでかわいい乗り物たちに夢中!

ゆっくり動く、レトロでかわいい乗り物たちに夢中!

ゆっくり動く、レトロでかわいい乗り物たちに夢中!

大きな乗り物をひと通り乗ったあと、息子はレトロなパンダの乗り物に興味を示しました。

昔のデパートの屋上に置いてあったような、お金を入れるとゆっくり歩くパンダの乗り物です。

乗せてあげるとハンドルをいじり、動くパンダに大興奮していました!

このパンダの乗り物は、帰るときに気付いたのですが「パンダカー」というそうでおみやげやさんに大量にグッズが売っていました。

なにげなく乗りましたがひそかにマスコットキャラクターだったのかもしれません。

「パンダカー」の他にも、パトカーやドラえもんなどの乗り物もありました。

息子はハンドルがある乗り物が好きなので、パトカーに大喜びしていました。

屋上のひろばでスカイツリーを見ながらひと休み

屋上ひろば

屋上ひろば

『浅草花やしき』は子連れに優しい遊園地なので、フードコートや野外のベンチなど休憩できるスポットがたくさんあります。

なかでもおすすめなのが、フードコートの上にある「スカイプラザ」です。

「スカイプラザ」には、芝生のエリアとベンチがあるエリアがあり、芝生の上でお弁当を食べることができます。

また「スカイプラザ」からは「スカイツリー」を正面に見ることができます。

望遠鏡もあったので、望遠鏡を使えば浅草寺のあたりも見えるかも!?

記念写真を撮るには最適なスポットでした。

エレベーターがあるので、ベビーカーのまま昇ることができます。

ただエレベーターがあるのはこの建物だけなので、他の建物を昇る際には注意が必要です。

アソビバママが見た『浅草花やしき』のポイントはココ!

『浅草花やしき』のポイント!

『浅草花やしき』のポイント!

未就学児は入園料がかからず、さらに4歳以下の付き添い料金も無料と、『浅草花やしき』はとっても子連れに優しい遊園地です。

また授乳室も2部屋ありました。

この授乳室は部屋の中にベビーベッドがありたいへん便利でした。

休憩した際に、ストローマグからお茶が漏れてしまったので着替えをしたのですが、ベビーベッドがあったおかげで寝かせて着替えをさせることができました。

おむつ替えシートを使って着替えをさせると暴れて落ちそうになることがあるのですが、ベッドだとスペースが広いので余裕をもって着替えさせられました。

月齢が低いうちは、服が汚れて着替えをすることが多いと思うので、赤ちゃんを連れておでかけするという人におすすめです。

文/KWT

赤ちゃんでも乗れるアトラクションいっぱい!『浅草花やしき』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集