プール・お風呂の天国♪パパ・ママも楽しい『龍宮城スパ/ホテル三日月』

1,569view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
プール・お風呂の天国♪パパ・ママも楽しい『龍宮城スパ/ホテル三日月』

ちょっと肌寒くなってきた10月に、パパと娘(1歳)と私の3人で、展望スパで有名の千葉県木更津市にある「龍宮城スパ/ホテル三日月」におでかけしました。 ここに来ると、海を見ながらゆっくり流れるときに癒やされるので、疲れが溜まったときにいつも来ています。 パパもママもリフレッシュできて、お水遊びが大好きな娘も大喜び! オムツが外れていない子どもでも堂々と遊べるのがうれしいですね♪

  • 使ったお金:14,740円
  • 遊んだ時間:14:20~20:50 計6時間30分
  • 子供の年齢:1歳(おんなのこ)

2016年11月更新

アクアラインであっという間に『龍宮城スパ/ホテル三日月』に到着!

 (13540)

高速バスでお出かけしたときに、東京駅で聞けば分かるだろうと乗り場の場所を確認していなかったので、当日焦って大変な思いをしたことがあります。

高速バスといっても、さまざまな会社があり乗り場が複雑なので、必ず確認しておいたほうがいいと思います。

高速バスに乗るときに、娘を膝の上に座らせるか席に座らせるか聞かれましたが、膝の上に座らせない場合は料金がかかってしまうようです。

お仕事の移動で乗っている方が多く、車内はとても静かでしたので、娘がぐずらないようにもの凄く気を使いました。

今回は車でおでかけでしたが、駐車場はとても広いので停めるところはたくさん空いていました。

ですが、日帰りの場合5時間を超えた分は1時間300円かかってしまうので、ご注意を!

ちょうどいい温度♪流れるプールでゆったり流される

流れるプールでゆったり流される

流れるプールでゆったり流される

スパは室内と外のガーデンスパがありますが、最初のシャワーをくぐりぬけてすぐにガーデンプールに入りました。

少し肌寒かったので、この時期でもラッシュガードや羽織るものがあったほうがいいと思います。

流れるプールはぬるいところと温かいところがあり、ずーっと浸かっていたいくらいちょうどいい温度でした。

トンネルや洞窟のような場所もあり、飽きずに入れます。

小さなウォータースライダーもあり、大人も子どもでも気軽に楽しんでいました。

勢いよく水流が発生する場所もあり、そこに身を預けると浮いているような感覚になり、子どももその勢いにとても興味を持ち、バシャバシャ遊んでいました。

すぐ隣は海!色んな種類のお風呂でポカポカいい気持ち

色んな種類のお風呂

色んな種類のお風呂

ガーデンプールを満喫した後は、その奥にあるお風呂に!

プールを出た瞬間「寒い~~!」 と縮こまりながら、お風呂にドボン。

その温かさにフーっと一息つき、ふと横に目をやると、そこには一面の海!

漢方の湯やローヤルゼリーの湯、楊貴妃の真珠風呂など、何種類ものお風呂にサウナもありました。

階段沿いにお風呂が1種類ずつあるので、登り切ったあとはまた降りなくてはならないため、小さな子どもがいる場合は特に気を付けてください。

たくさんのお風呂に浸かっていたせいで、喉が渇いたので自動販売機でジュースを買おうとしたところ、受付で渡されたバーコードでは買えず、もう一度ロッカーにお金を取りにいくことになってしまったので、スパの中では小銭を用意しておいたほうが2度手間にならずに済みます。

室内プールのウォータースライダーで絶叫!

浮き輪

浮き輪

室内プールにはあちこちにジェット噴射でマッサージできるスペースがあり、横たわって体全体にジェット水流をあててみたり、深いところで腰やお腹に水流をあててみたり、大人が癒やせる場所が多くありました。

一周回れるようになっていて、プールサイドには7人の小人たちや亀やフラミンゴなどの動物のオブジェなどがあり、娘はそれを見ながら楽しんでいました。

そして、天井近くから降りるウォータースライダーは120センチ以上の人から滑れるようで、あのドキドキは味わってください♪

それと室内の床が濡れている場所は、子どもにとってはもの凄く滑りやすかったようで、手をつなぎながら歩いていましたが、滑って転びそうになっていました。

今回は娘の浮き輪しか持っていきませんでしたが、大人用の浮き輪があればもっと面白かっただろうなと実感しましたので、ぜひ持参ください。

それに、浮き輪を膨らませる自動の空気入れもありますので、手間が省けるのがいいですね!

アソビバママが見た『龍宮城スパ/ホテル三日月』のポイントはココ!

レストラン

レストラン

せっかく『龍宮城スパ/ホテル三日月』まできたら、豪華なバイキングを堪能してください♪

ランチバイキングはとってもリーズナブルですが、この土地のグルメが味わえます。

ただし、ランチバイキングは14時半がラストオーダーですので、気を付けてください!
今回私たちはそれに間に合わず、夜のバイキングに参加しましたが、1人5,000円でした。

夜のバイキングには、カニも焼きたてのステーキも揚げたての天ぷらも和洋中のたくさんの種類の料理が揃っていて、デザートもチョコレートフォンデュやケーキなども含まれていました。

以前宿泊したときには、スパも夜のバイキングも含まれて2人の宿泊料金が1人15,000円でしたので、宿泊のほうがお得だなと思いました。

丸一日遊んでも飽きない施設ですので、宿泊でのんびりするのもいいですね!

文/かしみ

プール・お風呂の天国♪パパ・ママも楽しい『龍宮城スパ/ホテル三日月』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集