飲食物持ち込みOK!老舗遊園地『ひらかたパーク』は子連れにも優しい♪

24view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

飲食物持ち込みOK!老舗遊園地『ひらかたパーク』は子連れにも優しい♪

「ひらパー」の通称で愛される近畿地方有数の遊園地

大阪府枚方市にある『ひらかたパーク』は、地元の人からは「ひらパー」の愛称で親しまれている老舗の遊園地です。
地元枚方出身のV6岡田准一さんが園長を務めていることでも有名なんですよ!

そんな『ひらかたパーク』へ、週末の土曜日に家族でおでかけしました。
おでかけメンバーは、私、パパ、8歳(長男)、6歳(次男)、の4人。

アトラクション目当てでやってきましたが、当日はローズガーデンが見頃で園内には色とりどりの花が咲き誇っていました。
小動物がいるワンダーガーデンでは、かわいいレッサーパンダなどを間近で見ることができ、遊園地と動物園と植物園を一度に味わえたようで、楽しさ3倍!と~ってもオトクでした♪

 (84502)

正面ゲートから入園したいなら、近隣の一般駐車場の利用も◎

 (84500)

マイカーでおでかけしたのですが、正面ゲートに一番近い北駐車場は大型車優先で、普通乗用車のスペースが少ないため満車でした。
正面ゲートから離れた場所にある東駐車場は空いていましたが、ここからだと東ゲートからの入園になります。

運よく正門ゲート前にある一般の駐車場が空いていて、料金も『ひらかたパーク』の駐車場と同じ1,500円だったので、ここに車をとめました。
パークの正面ゲートから入園したいなら一般駐車場の利用を考えるのもアリだと思いますよ。
というのも、正面ゲートには『ひらかたパーク』に住むキャラクター「ノームのなかまたち」が出迎えてくれることが多いからなんです。

テーマパーク気分をより盛り上げたいなら、正面ゲートを利用したほうがより楽しめます!

『ひらかたパーク』周辺には、コンビニやスーパーも豊富にあるので、飲食物を購入してから入園しました。

待ちに待ったポケモンと『ひらかたパーク』でツーショット♪

 (84497)

園内に入って、まず目指したのはイベントホール。

ホール前の大きなピカチュウとさっそく記念撮影。
親子そろってルンルン気分でホールに入ると、ポケモン映画公開記念フォトスポットコーナーがあり、またまた記念撮影♪

ホール内は薄暗くて涼しく、雨天時や暑い日には、ドリンクやフードで休憩できるコーナーもあります。
その後すぐに子どもが「トイレ」と言い出したので、何も遊ばずホールを出ました。

ホール内にはトイレがないので、先にトイレを済ませると、ホールでゆっくり楽しめますよ。

閉園間際に再びホールへ。
ポケモンキッズカーニバルで、兄弟それぞれミニアトラクションに挑戦し、ポケモングッズをゲットして上機嫌でした!

兄弟で助け合いながら漕げるサイクルモノレール

 (84494)

2人乗りのてんとう虫に乗って、全長232mのコースを自転車のように漕いで進む「サイクルモノレール」に兄弟でチャレンジ。

6歳の次男は、身長112cm。
ペダルにぎりぎり足が届いている感じで、最初は上り坂になっていて、なかなか進みませんでした。

できない弟をみるといつもは怒ってしまうお兄ちゃんも、このときばかりは頼もしく一生懸命ペダルをこぎ、兄弟で力を合わせて何とか上り坂をクリアーしました!
後半は下り坂が多くて余裕が出てきたようで、軽快にてんとう虫を漕ぎ進めていましたよ。

普段はケンカばかりしている2人だけど、「サイクルモノレール」を通して兄弟の団結を見ることができ、親としてはちょっぴり感動♪
このアトラクションの絶好のフォトスポットは、スカイウォーカー方面の階段を登ったところ。
何度もシャッターチャンスがありますよ。

枚方を一望できる80mの大観覧車「スカイウォーカー」

 (84491)

家族4人で大観覧車「スカイウォーカー」に乗りました。
ゴンドラの色は10種類ぐらいありますが、次男は黄色に乗りたいと思っていたらしく、運よく黄色のゴンドラがやってくると乗り込む前からテンションマックスでした。
少しずつ上昇してパーク内を見渡せるようになると「あれ乗った!」「次はこれ乗りた~い」とガイドマップを広げながら、兄弟で楽しく会話していました。

頂上に近付く頃には、枚方の景色や淀川の向こうの高槻市まで一望することができ、大人でも楽しめます。
夕方の明るい時間に乗りましたが、夜はきれいな夜景を見ることができるだろうなと思うと、自然と「また来たいね」という会話が家族で弾みました。

ママが見た『ひらかたパーク』のポイントはココ!

 (84488)

ひらかたパークには、お手頃価格のレストラン・軽食が多くあります。
みんなが知っているファストフードショップ「マクドナルド」やオムライスで人気の「ポムの樹」は、正面ゲートから入って歩いていくと両側に見えてきます。

テイクアウトもできるので、パーク内にたくさんあるテーブルやベンチに座って食べたり、遠足気分で芝生にレジャーシートを広げて食べても◎!
園内は飲食物の持ち込みOKなので、お弁当を持ってきてゆっくりとランチタイムを楽しめますよ。

各所のお手洗いはきれいで気持ちよく利用でき、小さな子連れのためのオムツ替えや授乳ができるベビールームもあるので、ママもとっても便利です。

(文:ひーみつママ)

ひらかたパーク(大阪府枚方市)

使った料金:12,400円
遊んだ時間:14:10~18:00  計3時間50分
いっしょに行った子どもの年齢:8歳(男の子)、5歳(男の子)

飲食物持ち込みOK!老舗遊園地『ひらかたパーク』は子連れにも優しい♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「大阪」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関西のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら