『横浜・八景島シーパラダイス』のアクセス方法!電車・車での行き方は?

11,022view
『横浜・八景島シーパラダイス』のアクセス方法!電車・車での行き方は?

親子連れにも大人気のおでかけスポット『八景島シーパラダイス』。八景島シーパラダイスにおでかけ予定の方、アクセス方法を調べていますか? ここでは電車や車、直通バスでのアクセス方法をご紹介いたします!

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

最大2,000円OFFも!? お出かけするなら少しでもお得に遊んじゃおう! お得な割引チケット(クーポン)一覧はこちら

最寄り駅は「八景島駅」!電車を利用する場合

電車を利用する場合は、シーサイドラインという路線の「八景島駅」が一番の最寄り駅となります。

羽田空港から

京浜急行空港線に乗り「金沢八景駅」でシーサイドラインに乗り換え「八景島駅」で下車後、徒歩約10分

横浜駅から

①京浜急行に乗り「金沢八景駅」でシーサイドラインに乗り換え「八景島駅」で下車後、徒歩約10分
②JR根岸線に乗り「新杉田駅」でシーサイドラインに乗り換え、「八景島駅」で下車後、そこから徒歩約10分

駅からは徒歩で約10分ほどかかります。

 (46834)

各路線からの乗り入れは上記画像を参考にしてみてください。

最寄り駅からの徒歩でのアクセス方法

 (46832)

八景島駅についたら出口1を出たら、橋を使ってシーパラを目指してください。
駅構内にはシーパラダイスへの案内が出ているのであまり迷わずにむかえるはずです。

車を利用する場合

・首都高速湾岸線「幸浦」出口から約5分
・高速道路・横浜横須賀道路「並木インターチェンジ」から約7分

【駐車場について】

・駐車料金:1,200円
・駐車時間:開島30分前~閉島30分後

詳しい駐車場の場所などはこちらでご確認ください。
http://www.seaparadise.co.jp/access/

 (46842)

土日祝日の週末、シーズンによっては道路の混雑が予想されます。
スムーズな行き方にしたいのであれば、公共機関でのアクセスをおすすめします!

直通バスを利用する

横浜駅(YCAT)、みなとみらい地区から京急バス1本で横浜・八景島シーパラダイスまでを結ぶ直通バスがあります。

バス運賃:800円(小児半額)平日1便/土休日2便運行
ご乗車の1ヶ月前から予約可能です。

詳しい運行情報やご予約はこちらをご覧ください。
http://www.seaparadise.co.jp/keikyu_limousinebus/

 (46851)

私は電車を利用しましたが、シーサイドラインの「八景島駅」で降りると、賑やかで楽しいイラストと「Welcome to SEAPARADISE」という歓迎の言葉で一気に期待が高まりました。

 (46853)

改札口を出ると太陽に照らされてきらめく海が眼前に広がります。

海が見えると、一気に遠くにやってきたような、非日常の開放感を感じるのは私だけではないはず。楽しい1日になりそうですね。

改札の右側にはお手洗いがあります。

こちらはオムツ替えができるようなベビーベッドはありませんでしたが、駅から、眼前の海を向かって右手にして進み横浜・八景島シーパラダイスに向かって2分ほど歩いたところのお手洗いは、オムツ替えベッドやベビーチェアが備わっていましたので参考にして頂ければと思います。

 (46855)

こちらのお手洗いをまた右手にしてしばらく進むと、八景島シーパラダイスに繋がる橋が見えます。

橋には本日の八景島シーパラダイスの営業時間などの案内板が架かっています。

 (46857)

こちらの橋を渡ると、八景島シーパラダイスです。

駅からは徒歩10分ほどで、緑や海に囲まれた心地よい道のりです。

今回はバスを使ったアクセス方法を利用しましたが、ぜひご自身にとって行きやすい方法をチョイスしてみてくださいね!

★施設情報についてくわしくはこちらを⇒『横浜・八景島シーパラダイス』は島まるごと水族館&遊園地
『横浜・八景島シーパラダイス』のアクセス方法!電車・車での行き方は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集