『こどもの国』で乳しぼり体験も♪乗馬も2歳からできる!

246view
『こどもの国』で乳しぼり体験も♪乗馬も2歳からできる!

平日に、大自然にふれあえる広大な施設がある、神奈川県横浜市にある『こどもの国』におでかけしました。 おでかけメンバーは、私、長女(1歳)と友人親子です。 なぜ『こどもの国』に来たかというと、動物にふれあえるだけではなく、乳しぼり体験や乗馬を体験することができるからです! すべて初体験の娘ですが、怖がらず楽しめるでしょうか?

  • 使ったお金: 2.000円
    (入園料:大人600円、昼食代:500円、駐車料金:900円)
  • 遊んだ時間:12:00~15:00 計3時間
  • 子供の年齢:1歳(おんなのこ)

2016年11月更新

平日だから『こどもの国』の駐車場も園内も空いていて、のんびり到着

『こどもの国』にのんびり到着

『こどもの国』にのんびり到着

友人の車でおでかけしたのですが、『こどもの国』の駐車場は、平日ということもあり、とても空いていて、スムーズに停められました。

土日祝日は駐車場がいっぱいで停められないこともあるそうです。

そんなときは臨時駐車場が開放されます。

ただ、牧場のほうの駐車場なので、園内に入るときもそちらから入る事になりますのでご注意を。

駐車場から『こどもの国』へ向かうには、歩道橋を渡るのですが、ベビーカーでも渡れるスロープがあるので安心です。

ベビーカーのレンタル(有料300円)があるので、荷物が多くてベビーカーを持ってこられない場合は便利です。

園内はとても広いので、必要のない荷物はコインロッカーに預けて入ったほうが楽だと思います。

やわらかい地面で転んでも安心!たくさんの遊具で思い切り遊ぶ♪

たくさんの遊具で思い切り遊ぶ♪ 

たくさんの遊具で思い切り遊ぶ♪ 

入り口を入ったところすぐにレストランがありました。

次の食事の場所までとても遠いので、少しでもお腹が空いていたら食べて行ったほうがいいです!

次のお食事処まで、遊び場をたくさん通り過ぎないといけないので、遊ばせながら進むと結構な時間がかかります。

最初の『遊具広場』では、少し大きめの子が遊べる遊具がそろっていました。

滑り台やタイヤのブランコで遊び、そのまま『なかよし広場』へ。

『なかよし広場』では、幼児遊具が揃っていて、大人も一緒に遊べます。

地面がふわふわしていて、歩くだけでも楽しそうでしたし、転んでしまっても痛くなさそうで安心です。

迷路のようなものもあり、途中で穴をくぐったりして走り回って遊んでいました。

紅葉を楽しみながら、やっとお食事処に到着!温かいうどんでほっこり♪

お食事処に到着!

お食事処に到着!

園内はたくさんの木に囲まれていますが、おでかけ時期が紅葉の季節だったこともあり、真っ赤な紅葉や鮮やかに色づいたイチョウに感動しました。

それらを楽しみながら、いろんな遊び広場を通り過ぎ、やっと『ポニー喫茶』へ到着。

こちらでは、うどん・そばのメニューやカレーライスがありました。

その日は天気も良くなかったのでとっても寒く、温かいうどんが体にしみました。

外で食べられるテーブルですと、持ち込みができるそうです。

もちろん持ち込みのみはいけませんが、大人が注文し、子どもたちが持ってきたお弁当を食べることができるので、ピクニック気分も味わえます。

私が注文した「天ぷらうどん」は500円でした。

すぐ隣が乗馬コーナーでしたので、お馬さんがいっぱいいました。虫よけスプレーも必要です。

動物いっぱい!牧場で作ってる牛乳とソフトクリームが絶品

動物いっぱい!

動物いっぱい!

ポニー牧場のこども乗馬は2歳からできて、親子乗馬は1歳から乗ることができます。

子どもたちは、近くで見る馬に大興奮!
牧場では牛たちが広い野原でのんびりしていました。

作り物でしたが乳しぼり体験もできます。難しかったですが、絞れた時は嬉しかったです。

『こどもの国』に来たら、ミルクプラントのソフトクリームと牛乳は食べてみてください!

名物と言われているだけあり、とってもおいしいです。

平日でしたのですぐ買えましたが、土日祝日は行列ができるそうです。

正面入り口広場に移動販売車があるので、そちらも利用できます。

牧場にはモーモードームがあり、東京ドームの屋根と同じ材質で作られており、空気で膨らんでいるので、その上でジャンプして飛び跳ねて遊べます。

幼児用の小さめのドームもあるので、別になっていて安心です。

アソビバママが見た『こどもの国』のポイントはココ!

『こどもの国』のポイントはココ!

『こどもの国』のポイントはココ!

『こどもの国』はとても広いので、すべて周るだけでも時間がかかります。

ですが、お手洗いや授乳室も多く設置されており、オムツ替えコーナーも幼児の遊び場近くにあるので安心です。

慌てないように、園内マップでチェックしておいたほうがいいでしょう。

また、天気のいい日は芝生の上でランチできますが、カラスが多く荷物をあさっていたりしていたので、食べ物は放っておかないようにして、しまえる袋を用意していたほうが安全です。

日差しを避けられるようなところはなかったので、帽子なども持っておいたほうがいいでしょう。

『こどもの国』は大自然の中で、動物に触れ合えて思いっきり遊ばせられる場所なので、汚れてもいいように着替えを用意しておくと安心です。

文/かしみ

下記の記事では、こどもの国の魅力をたっぷりと紹介しています。合わせてごらんください♪

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

横浜市青葉区にあるこどもの国は都心から近く、家族で気軽にリーズナブルに遊べる人気のスポット。牧場をはじめ、たくさんの遊具や乗物、バーベキュー、夏場はプール、冬場はアイススケートと小さな子どもから小学生まで遊べるスポットです。今回はこどもの国を子供と一緒に遊び倒した攻略情報をご紹介します!

『こどもの国』で乳しぼり体験も♪乗馬も2歳からできる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集