週末限定イベントも!『羽村市動物公園』は4歳未満は無料の動物園

233view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
週末限定イベントも!『羽村市動物公園』は4歳未満は無料の動物園

東京都羽村市にある『羽村市動物公園』は子どもにちょうどよい小さめの動物園で、大人(300円)、4歳未満の幼児は無料という安さで気軽に利用できるため、何度も足を運んでいる動物園です。今回は、これまで時間が合わずに未経験の「どきどきハンズオン」でモルモットと触れ合うことや、週末限定の動物へのエサやりが目的です。日曜日の午前中からランチの時間にかけて、私と1歳11か月の娘の2人でおでかけしました。さてどんな動物と触れ合えることができるかな?

  • 使ったお金:1,400円<> (駐車場代:300円、入園料:大人300円/1人、エサ代:800円)
  • 遊んだ時間:11:00~13:30 計2時間半
  • 子供の年齢:1歳(おんなのこ)

2016年12月更新

『羽村市動物公園』は駐車場が広々!警備員さんによる整備もあり

『羽村市動物公園』は駐車場が広々!

『羽村市動物公園』は駐車場が広々!

『羽村市動物公園』へは、いつもマイカーでおでかけします。

広々とした駐車場は一律300円です。
臨時駐車場もあるので、土日祝日もほとんど心配ありません。

整備を行う警備員さんが常にいるため、混雑時も安心です。

今回も誘導によりスムーズに駐車できました。
入り口までは、大人の足で5分程歩きます。

駐車場から歩道へ道を渡らなければなりませんが、信号がないので車によく注意しましょう。

長い距離が歩けない子どもは、抱っこひもやベビーカーがあると楽です。

娘がベビーカーに乗る際にお腹が冷えないよう、ブランケットを掛けて園内を周りました。

冬は防寒対策もしっかりしていきましょう。

おむつ交換台や、小さな部屋ですがヒーターがついた授乳室もありました。赤ちゃんや幼児連れにも安心ですね。

エサやり体験でトナカイの食べる顔を間近で見る!

エサやり体験でトナカイの食べる顔を間近で見る!

エサやり体験でトナカイの食べる顔を間近で見る!

『羽村市動物公園』では、動物のエサあげのイベントが始まる前にアナウンスにより案内があります。

エサは各動物の横で飼育員が販売しているので、直接購入します。

私たちが動物園を周り始めてすぐに、「なかよし動物園」でエサ販売開始のアナウンスがありました。

「なかよし動物園」では毎日2回、ヤギやブタにエサをあげることができますが、この日は土日祝日限定のトナカイのエサやりも行っていました。

3分程並んでトナカイとヤギのエサを1カップずつ購入。

恐がりながらもヤギにキャベツを差し出す娘。

慣れるとヤギが自分の手から野菜を食べるたびに大喜びな娘でした。

トナカイのエサやりでは、エサを筒にポイッと入れる方法で、小さな子どもは遊び感覚で体験できます。

間近で見たトナカイの食べる顔が可愛かったです。

トナカイのエサは1日2回、10カップずつの販売と限りがあるのでご注意を!

私たちは、タイミングよく体験できてラッキーでした。

もこもこのモルモットを抱っこしてなでなで♪

もこもこのモルモットを抱っこしてなでなで♪

もこもこのモルモットを抱っこしてなでなで♪

目的の「どきどきハンズオン」へは、午前中の時間帯が終わる10分前に到着しましたが、スタッフの方は快く入館させてくれました。

小動物がまとまってカゴの中にいるので、そこから取り出して抱っこすることができます。

ヒヨコもいるそうですが、国内で鳥インフルエンザが発生したことに伴いその日は中止していました。

モルモットを入り口でもらった小さなカゴに移して、まずはそっとなでて、そして娘のお膝の上に乗せました。

念願叶ってモルモットを抱っこできた娘!

もこもこで可愛いモルモットをじかに触れることができ、終始にっこり手を叩いて喜んでいました。

小さい子どもは、大声を出して動物をびっくりさせたり、乱暴に扱ったりしないように細心の注意が必要です。

11時30分から13時30分の間はバンズオンは閉まっているので、モルモットと触れ合いたいご家族は予定をしっかり立てておでかけすることをおすすめします。

もうすぐ2歳の娘、ハイエナのエサやりにもチャレンジ!

ハイエナのエサやりにもチャレンジ!

ハイエナのエサやりにもチャレンジ!

バンズオンを出ると同時に、週末限定のハイエナのえさやり開始のアナウンスが流れたので、早速向かいました。

列ができていたので5分程並んで娘の番に。飼育員が長めの棒の先に肉片をつけてスタンバイ!

お腹を空かせていたのか、ハイエナがそわそわしており、私もドキドキしました。

娘は飼育員の方に補助してもらいながら棒をハイエナに・・・・・・。

ハイエナがパクッと肉に食らいつきました。

刺激的なエサやりでしたが、棒で距離も取れるので、もうすぐ2歳の娘でも特に恐がることもなく楽しめました。

トナカイと同じく土日祝日限定で、エサの販売数に限りがあるので、混雑時には時間を調べて事前にスタンバイしておくとよいかもしれません。

その後キリン、ペンギン、猿、水鳥などにもエサをあげて動物園を満喫し、お腹を空かせた娘と園内のベンチでおにぎりを食べて帰りました。

アソビバママが見た『羽村市動物公園』のポイントはココ!

『羽村市動物公園』のポイント!

『羽村市動物公園』のポイント!

『羽村市動物公園』では、さまざまな動物へのエサやりを楽しむことができます。

エサは100円から200円で、動物の近くで販売している飼育員から、その都度、購入します。

混雑時は列ができていることも多いので、前もって小銭を準備していくとスムーズでしょう。

毎日行っているエサやり体験と、土日祝日限定の体験があります。
時間帯も各動物で変わります。

また500円で「エサやりツアー」に参加することもできるようです。

どちらも公式ホームページの「イベント案内」ページで詳細を確認できるので、事前に調べておくとさらに楽しめるでしょう。手洗い所が各所に設置されています。

動物を触った後や食事の前は手をしっかり洗うようにしましょう。

寒い冬は特に、手拭きタオルを忘れずに♪

文/Misoママ

週末限定イベントも!『羽村市動物公園』は4歳未満は無料の動物園

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集