ザリガニやフナ…川魚が間近でみられる『多摩川ふれあい水族館』

528view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKおでかけと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

ザリガニやフナ…川魚が間近でみられる『多摩川ふれあい水族館』

8月のお盆休みに、東京都昭島市にある多摩川ふれあい水族館におでかけしました。多摩川に住んでいる魚たちを大きな水槽で見ることができる地域密着型の水族館です。無料開放している施設だったため気兼ねなく入館できると思い、母親である私と1歳7ヶ月の子どもと2人でおでかけをしました。初めて見る水槽を前に、子どもはどのようなリアクションをするのでしょうか?

  • 使ったお金:0円
  • 遊んだ時間:9時30分~10時00分 計30分
  • 子供の年齢:1歳7ヶ月(おとこのこ)

2016年8月更新

入り口と駐車場を探すのが大変! 多摩川ふれあい水族館は敷地が広いです

多摩川ふれあい水族館

多摩川ふれあい水族館

自宅から離れた場所にあり、最寄り駅からも離れていたため車で出発!

現地までは迷わずに行けましたが、周辺まで到着をしたところで駐車場入り口が分からずに迷ってしまいました。

車の入り口は1箇所になっていて、裏口などはありません。正面から入るようにしましょう。

水族館がある左方面の駐車場に停めるのがおすすめです。そこからですと、徒歩1~3分ほどで入館口です。

水族館内は飲食禁止なので、水分補給などは車で済ませて、いざ入館です!

おおきな水槽に川魚がいっぱい!

おおきな水槽に川魚

おおきな水槽に川魚

入ってすぐのところに水槽が並んでいます。

初めて見る水槽に興味津々で、自分から近寄っていきました。魚を見て、指さしをし、「あ~!」と言って真剣な眼差しで眺めています。

水族館ではこんな表情をするんだなと知れて私も嬉しくなりました。

水槽の中には、多摩川で生活をしている魚が約100匹もいるそうです。

水槽は、3つに分かれていて、上流、中流、下流にいる魚という分け方なのでお子さんも分かりやすいと思います。水槽の前には魚の種類の説明に加えて絵ものっているのでお子さんと一緒に探すのも良いですね。

水槽の位置が高いので、小さなお子さんは抱っこをして見せてあげるようになります。

長時間見る場合は、抱っこ紐があると便利かもしれません。

生き物を間近で観察! 

生き物を間近で観察!

生き物を間近で観察!

水族館の奥にはガラスのない水槽もひとつあり、下流に住んでいるアメリカザリガニ、メダカ、フナが展示されています。

水中に照明がないため、大きな水槽に比べると少し見にくいですが、上のほうを泳いでいる魚はしっかり見えますよ。

抱っこをして中を覗くと…

フナとザリガニが目立っていました。残念ながらメダカを探すことはできませんでしたが、きっと見えない場所で泳いでいたはずです!

水の中に落ちそうになるほど、覗き込んでお魚さん達を観察していました。

子どもにも、魚が泳いでいることはしっかりと伝わっています。

魚を追い回したり、掴んだりしないでねという注意書きがしてありますので、手を入れてジャブジャブ遊ぶということはできないようです。

多摩川について勉強しよう!

多摩川について勉強

多摩川について勉強

水族館の横には、現状の多摩川マップがありました。

1歳7ヶ月の子どもには理解ができないですが、小学生くらいのお子さんでしたら自分の家からどのように川が流れて海に向かっているのか?ということを勉強できると思います。

遊園地や駅などのスポットが書いてあるので自宅を探しやすいです。

夏休みの自由研究や日記などで多摩川ふれあい水族館を取り上げるときは、このマップを自分で書いてみるというのも良いかもしれませんね。

マップの隣にあるキャラクターは空気で膨らんでいる柔らかい素材なので、1歳7ヶ月の子どもはこちらに興味を示していました。

魚を見飽きてしまったというときにはキャラクターと遊んで気分転換をするというのも良いですね。

アソビバママが見た多摩川ふれあい水族館のポイントはココ!

緑豊かな憩いスペース

緑豊かな憩いスペース

多摩川ふれあい水族館は、東京都下水道局の中にある施設なので敷地が広いです。

駐車場の近くには緑豊かな憩いスペースもあり、日向ぼっこをしたり休憩をするのにぴったりです。

車の通りもほとんどないので、水族館におでかけするついでに遊んでみてください。

水族館は人が少なく魚をゆっくり鑑賞することができますが、到着した直後は部屋の電気が消えていて魚がしっかり見えませんでした。

その後、社員さんが通りかかったときに私たちに気づいてくださり電気を点けてくれました。

やはり、点灯している方が鮮明に見えて良かったです。

入り口付近に内線電話もついていましたので、電気が消えている場合は声をかけてみてください。

文/アップル

ザリガニやフナ…川魚が間近でみられる『多摩川ふれあい水族館』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら