アトラクションやジオラマも!『レゴランド』の世界を満喫しよう!

298view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
アトラクションやジオラマも!『レゴランド』の世界を満喫しよう!

11月の祝日に、東京都港区にある『レゴランド・ディスカバリー・センター東京』に、パパと2歳の娘とおでかけしてきました。お台場に行くといつも気になっていたのですが、娘にはまだ早いと思い諦めていた施設です。でももうすぐ娘も3歳になるということで、思い切ってレゴを満喫しにおでかけしました。

  • 使ったお金:5,000円 (駐車場代含む)
  • 遊んだ時間:計4時間
  • 子供の年齢:2歳(おんなのこ)

2016年12月更新

渋滞の中、ヒヤヒヤしながらもなんとか到着

渋滞の中、ヒヤヒヤしながらもなんとか到着

渋滞の中、ヒヤヒヤしながらもなんとか到着

私が見るときはいつも並んでいるので、早めにマイカーで出発。
やはり正解!

首都高速は渋滞で看板は赤くなっていました……

その中、トイトレ中でおむつではもうおしっこができない娘が「ママトイレ!」仕方なく乗ったばかりの首都高速下りてトイレ休憩。

ハプニングはありましたが、1時間半くらいでお台場に到着。

『レゴランド・ディスカバリー・センター東京』は、デックス東京ビーチ内にあるのですが、我が家は台場シティでお買い物の予定があったので、そちらの駐車場に停めました。

ただ、デックス東京ビーチの駐車場のが空いていましたし、レゴランドを利用すれば、駐車場の割引もあるようです。

寒い中、遠くの台場シティに停めたことを少し後悔してしまいました。

写真を撮ったらさっそくレゴの世界へ行きます!

写真を撮ったらさっそくレゴの世界へ行きます!

写真を撮ったらさっそくレゴの世界へ行きます!

入場するとすぐ、係の方が家族写真を撮ってくれます。
あとで購入できるようです。

奥へ進んでいくと、まずはレゴの紹介のような仕掛けのエリアになります。

そこで少し遊び、さらに進むとシューティングゲームをしながら進むアトラクションがありました。

銃を使って、レゴのキャラクターたちを敵から守ります。

体験中は写真撮影不可なのが残念ですが、娘はすごく気に入り、「おねえちゃんおかえりー!」と係の方に言われるくらい乗りました。

こちらは派手に動くアトラクションではないので、薄暗い場所が大丈夫な子どもであれば、小さい子どもでも十分楽しめると思います。

入ってすぐあるので、ここであまり立ち止まってしまうと、まだまだ長いスポットはあるので注意しましょう。

すべてレゴで作られている世界に大人も魅せられます!

すべてレゴで作られている世界に大人も魅せられます!

すべてレゴで作られている世界に大人も魅せられます!

やっと娘をアトラクションから引き離し進むとレゴで作られている世界へ到着。

お台場の町、スカイツリー、両国、東京タワー、渋谷……など、実際の東京のいろいろな町が、すべてレゴで作られています。

しかも渋谷の巨大スクリーンやお台場の橋、海まですべて忠実に作られています。

クオリティの高さにびっくりしました。

時系列もあり、朝になれば照明が明るく、夜には照明が落ちます。

しゃがんでじーっと見ていると、本当にその街にいるような感じさえします。

これにはパパも私も大興奮です! パパは子どものように大はしゃぎしていました。

娘も「明るくなったー!」「夜ですよー!」と楽しんでいました。

でもここは大人の方が立ち止まってしまうスポットかもしれません。

休憩したらレゴ感満載のアスレチックへ

休憩したらレゴ感満載のアスレチックへ

休憩したらレゴ感満載のアスレチックへ

レゴの街を抜けるとアスレチックが登場します。

ノリノリで行った娘でしたが、とても混雑していたのと、少し大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんばかりだったので、すぐ出てきてしまいました。

係員の方が見守ってはくれていますが、大きい段差などがあるので、3歳前の娘だと親が安心して見守っていられるというわけにはいかなそうです。

こちらは140cmまでの子どもが入場できるようになっています。

アスレチックの目の前にカフェがあったのでそちらで一休み。

ペットボトルのドリンク、紙コップのドリンク、軽食が売られていました。
離乳食用でしょうか? レンジも用意されていました。

ジュースを飲んで気を取り直した娘はもう一つのアスレチックへ。

先ほどのアスレチックより小さい子ども向けの造りになっていて、1ピース30cmほどのレゴモチーフのスポンジブロックや、レゴで作られているモニュメントなど、レゴ感満載です。

娘はずっと滑り台ではしゃいでいました。

アソビバママが見た『レゴランド・ディスカバリー・センター東京』のポイントはココ!

『レゴランド東京』のポイントはココ!

『レゴランド東京』のポイントはココ!

チケットの料金は、購入方法によってさまざまです。年パスもあります。

今回我が家はパルシステムの前売り券でチケットを購入したので割引価格でしたが、通常の前売り券でも割引になるので、予定が決まっている方は前売り券の購入をお勧めします。

大人のみでの入場不可、再入場不可、小学生以下は大人の付き添いが必要、3歳からチケットが必要です。

施設内のカフェの物は除いて館内での飲食不可というシステムになっています。

ベビーカーでの入場も可能ですが、アトラクション体験のさいの置く場所がすごく限られています。

東京のモール内の施設ですが、ほかにも自由にレゴで遊べるエリア、4Dシアターや自転車の用にこいでアップダウンするアトラクションなど、1日中遊ぶことができます。

娘はレゴで遊べるエリアでしばらく集中して遊んでいました。

少し早いかも、と悩んでいましたが、2歳の子でも十分楽しめる施設でした。

文/rankaui

お台場のレゴランド・ディスカバリー・センター東京を子供と200%楽しむ! - アソビバ

お台場のレゴランド・ディスカバリー・センター東京を子供と200%楽しむ! - アソビバ

アソビバ編集部ではお台場にあるテーマパーク『レゴランド・ディスカバリー・センター東京』の全アトラクションを体験して、遊び倒してきました。

アトラクションやジオラマも!『レゴランド』の世界を満喫しよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集