ミニチュアで世界一周?!『東武ワールドスクウェア』を親子で楽しもう!

1,073view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
ミニチュアで世界一周?!『東武ワールドスクウェア』を親子で楽しもう!

テーマパーク『東武ワールドスクウェア』のミニチュア世界一周を体験してきました。 「チケット料金はいくらなんだろう?」、「どうやって行くの?」、「ランチ・休憩するところはあるの?」など、行く前に気になる点はチェックしてぜひ最後まで楽しんでご覧ください。

東武ワールドスクウェアとは?

 (66061)

東武ワールドスクウェアは、世界の有名な建築物や遺跡などを”25分の1”の縮尺で再現したミニチュアの世界建築博物館とも言える、グローバルなテーマパークです。

園内には、”ユネスコの世界文化遺産”に登録されている45物件をふくめて、なんと!21ヶ国102点の建造物が、とっても精巧に再現されているとともに、世界の人々の生活も身近に感じられます。

小旅行気分で楽しむ!アクセス方法

東武ワールドスクエアへのアクセス方法をご案内いたします。
都内から到着するまでワクワク過ごせるので、楽しみながら向かってくださいね!

車でのアクセス(東京方面より)

東京方面から車でアクセスする場合には、東北自動車道を通って宇都宮ICから日光宇都宮有料道路に入ります。

日光宇都宮有料道路を今市IC(今市・鬼怒川方面出口)で出て国道121号線に入り、鬼怒川温泉方面へ約20分で東武ワールドスクウェアに到着します。

 (56808)

駐車場料金

東武ワールドスクウェアには、1,000台を収容できる駐車場が用意されています。
料金も普通車で500円とリーズナブルなので、車でのお出かけに嬉しい環境が整っているといえるでしょう。

・大型バス 1,200円
・マイクロバス 700円
・普通車 500円
・二輪車 200円

電車でのアクセス(東京方面より)

これまで「東武ワールドスクウェア」の最寄り駅は東武線「鬼怒川温泉」駅であり、ここからバスに乗り継いで5分程度で到着する道のりでした。

しかし2017年7月22日、メインゲート徒歩1分という場所に新駅「東武ワールドスクウェア」駅が開通!
電車だけでダイレクトアクセスができるようになりました。

東京方面からの所要時間は東武線浅草駅から特急列車を利用し、あるいはJR新宿・池袋・大宮駅から直通列車で2時間ほどです。

もっとも「鬼怒川温泉」駅には温泉街がすぐそばにあり、他の観光スポットをまわる拠点とするのに便利です。

電車の中ではおしゃべりをしたり、お弁当を食べたり、旅ならではの楽しみが待っています。
東京方面から向かうには、乗り換えの必要がないところもいいですね!
ゆっくり旅路を楽しんでください。

こちらの記事では「鬼怒川温泉」駅の様子を含め、アクセス方法についてもう少し詳しくご紹介しています。
合わせてぜひご覧ください。

『東武ワールドスクウェア』へのアクセス方法!電車・車での行き方 - アソビバ

『東武ワールドスクウェア』へのアクセス方法!電車・車での行き方 - アソビバ

SLも通り、玄関口まで行ける「東武ワールドスクウェア」駅、寄り道どころがたくさんある「鬼怒川温泉」駅、どちらから行く?新駅が開通し、選択肢の増えた「東武ワールドスクウェア」へのアクセス方法を解説いたします!

夏と冬で違う!営業時間

年中無休
※入園は閉園の1時間前まで。
<夏季> 9:00~17:00 (3月20日〜11月30日)
<冬季> 9:30~16:00 (12月1日〜3月19日)
*予告なく、営業時間/受付時間が変更される場合もあります。

入場料やお得な前売り券&クーポン

「東武ワールドスクウェア」には通常のチケットだけでなく、お得に入館できるセット料金など様々なチケットがあります。

当日券

大人 (中学生以上)2,800円 小人(4歳以上)1,400円

前売り券

大人(中学生以上) 2,500円 小人(4歳以上)1,200円

前売り券取扱店

前売り券は、下記の各施設で購入できます。

もともとワールドスクウェアへのお出かけを計画していた場合だけでなく、鬼怒川に遊びに来てふと行こうと思い立ったときにも、近隣のコンビニやホテルで買うことができますよ。


•鬼怒川・川治温泉他の主なホテル
http://www.tobuws.co.jp/sightseeing/kinugawa.html

•東武トップツアーズ各支店
http://tobutoptours.jp/counter/index.html

•東武日光駅構内
http://railway.tobu.co.jp/guide/station/info/3215.html

•鬼怒川温泉駅構内
http://railway.tobu.co.jp/guide/station/info/4208.html

•ファミリーマート(i.jtb)
https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/default.aspx

•ローソン(ローチケHMV)
http://l-tike.com/

•セブンイレブン(セブンチケット)
http://7ticket.jp/

•びゅうプラザ
http://www.jreast.co.jp/estation/viewplaza/

•チケットぴあ
http://t.pia.jp/

団体料金(15名以上)

15名以上で入場する場合、1人あたりの料金が前売り券よりお得になる団体料金が設定されています。

子ども会などの行事を企画する場合などに、参考にしてみてください。

【一般団体(15名以上)】
大人(中学生以上) 2,300円 小人(4歳以上)1,200円

 (66062)

電車・バスとのセットクーポン

鉄道・バスの割引乗車券に東武ワールドスクウェアの入園券、それに近隣のホテルの日帰り温泉入浴券もセットになった、お得なクーポンきっぷが発売されています。

乗車券の有効期間は4日間。
普通列車のきっぷなので、特急に乗車する場合には別途特急券が必要です。

一方、入園券・入浴引換券の有効期間は6ヵ月間です。
このクーポンでは下記のホテルの入浴施設が利用できます。
ワールドスクウェアで遊んだあと温泉でじっくりあったまって帰るのも素敵ですね。

※クーポンで利用できる入浴施設と時間帯
・きぬ川ホテル三日月   
 12:00~18:00
・鬼怒川公園岩風呂    
 10:00~20:00
・鬼怒川パークホテルズ  
 12:00~19:00
・鬼怒川プラザホテル   
 15:00~17:00

日帰り入浴券は東武ワールドスクウェアのチケット売り場で引き換えてください。
入浴券の代わりに、ワールドスクウェア園内で使える500円のお買い物券と引き換えることもできます。

料金は電車・バスの乗車区間によって異なります。
ちなみに浅草から東武ワールドスクウェアへアクセスし、ワールドスクウェアときぬ川ホテル三日月の日帰り温泉を利用して帰る場合、クーポンを利用すると大人1人あたり1,000円あまりお得になります。

乗車区間ごとの料金など、詳しくはこちらをご覧ください。
http://tabi.tobu.co.jp/ticket/honsen/b03_d.html

東武カード会員ご優待料金

東武カードで入場料の支払いをすると大人 300円引き、小人 200円引きの優待料金で入場できます。

さらに入園料では5%、園内のショップでは3%のポイントも貯まります(一部店舗を除く)。
東武カードに入会している方は、お得にワールドスクウェアを遊ぶチャンスですね!

オンラインクーポン

ワールドスクウェアではこの他、インターネット限定のクーポンも発行されています。
クーポン画面を印刷して提示すると、入場料金が200円引きになります。

携帯電話などでクーポン画面を提示するだけでは割引になりませんので、ご注意ください。

【入園料金割引】
大人:¥2,800 → ¥2,600
小人:¥1,400 → ¥1,200

クーポンはこちらのリンクからダウンロードしてください。
http://www.tobuws.co.jp/time_price/onlinecoupon/coupon.html

東武ワールドスクエアと日光江戸村 セットチケット

<東武トップツアーズ>からオプショナルプランとして、お得なセットチケットが販売されています。

そのひとつが、「東武ワールドスクウェア」「日光江戸村」「とりっくあーとぴあ日光」の入場セット券です。
お好みで2ヶ所を組み合わせる2ヶ所セット券と、3ヶ所すべてをまわれる3ヶ所セット券が用意されています。

こちらは電車やバス料金はついてませんので、別途購入が必要です。

せっかく鬼怒川へ行くんだからと日光江戸村にも行こう!という方にはオススメです。
このチケットは、入場時に券売所で引き換えが必要です。

●詳しくはこちらから、プランを検討してみてください。
http://tobutoptours.jp/?gclid=Cj0KEQjwldzHBRCfg_aImKrf7N4BEiQABJTPKMEmE4AOm-UFvJP6DWJwf-hHQXL-z6cNmroJ74SFrZUaAoL78P8HAQ

園内インフォメーション情報

ワールドスクウェアには外国人もたくさん訪れるため、いろんな国の言語に対応したパンフレットが置かれています。

 (66063)

子連れに嬉しい!授乳室・ベビールームはこちら

小さなお子さん連れでお出かけするとき、気になるのはやはり園内での授乳場所やおむつ替えの設備ですよね。

東武ワールドスクウェアでは、入園してすぐの「ウェルカムスクウェア」内にあるべビールームとキッズルームに授乳室があります。
また、アジアゾーンの中にある「キッズハウス 縁(ゆかり)」にも設置されています。

給湯設備があるので、ミルクを作るにも便利です。

 (66064)

ちなみにキッズルーム内の様子はこちらです。

リニューアルされて間もないきれいなスペースで、小さなお子さんが元気いっぱい遊べます。
ただし、必ず保護者の方が付き添ってあげてくださいね。

 (66065)

さらに園内の各トイレにはベビーベッドも備え付けられているので、おむつ替えもスムーズにできます。

それぞれの設備がどのあたりにあるのかは、こちらのマップでご参照ください。
http://www.tobuws.co.jp/service/

ベビーカーの無料レンタルあり!

東武ワールドスクウェアでは、園内での利用限定で、ベビーカーを無料で貸出しています。
ウェルカムスクウェア内でレンタルできます。

このベビーカーは2才までのお子さんが利用できます。
途中で疲れてしまわないかな?と不安なときに、心強い味方ですね。

利用した後は、もとの場所にお返しください。

その他のレンタル設備

ワールドスクウェアではよりよくミニチュアを観察したり、体の不自由な方も快適に園内を楽しむための各種レンタルサービスがあります。

【双眼鏡】

料金:1台100円

ウェルカムスクウェアのインフォメーションでレンタルできます。
建築物の細かいところや、人形たちの1体1体まで見たいという方におすすめです。

特に人形の中には、こだわりのキャラクターやけんか・ダンス・思わぬアクシデントなど、ユニークな瞬間がたくさん隠れています。
ぜひ、お見逃しのないように!

【音声ガイド】

料金:1台500円

ウェルカムスクウェアのインフォメーションでレンタルできます。
102点におよぶ展示物すべての解説を聞くことのできる、コンパクトな音声ガイド機です。

実物に関する豆知識やミニチュア製作の裏話が聞けるので、きっと展示を見るのが何倍にも楽しくなるでしょう。

【車椅子】

園内はバリアフリーとなっていますが、車椅子も無料で貸し出されています。
ウェルカムスクウェア内のほか、園内各所でレンタルできます。

利用後はもとの場所に戻す必要がありますので、帰りに駐車場まで車椅子で行きたい場合には、ゲート近くのウェルカムスクウェアでレンタルするのがおすすめです。

【ペットバギー】

料金:10kg未満  1台200円
   10kg~25kg 1台400円

ペットと一緒に園内をまわりたい!という方、リードでつないだお散歩形式ではまわれないのですが、ペットバギーをレンタルすることができます。
ウェルカムスクウェア内のインフォメーションで貸し出されています。

盲導犬や聴導犬、介助犬以外のペットの入店ができないショップやレストランもありますので、お気をつけください。

【コインロッカー】

料金・中型400円 大型600円

SL広場およびウェルカムスクウェア内に設置されています。
スーツケースが入るサイズのロッカーもあるので、旅行で荷物が多い方も安心です。

園内ではたくさん歩きますので、大きな荷物はできるだけロッカーを利用することをおすすめします。

もっと詳しく知りたい!ガイドツアー

見学のコツがわからない!どうやったらもっと楽しめるの?と不安な方は、無料のガイドツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

このツアーでは、ガイドスタッフが展示物や人形たちについて楽しく案内してくれます。
一緒にキャラクターを探したり、後でご紹介するプレイカードを実演したりしてくれるので、見どころがよくわかります。

現代日本ゾーンからアメリカゾーンまでをめぐるコースとヨーロッパゾーンの2コースがあり、どちらのコースも約30分のツアーとなっています。

・Aコース→ 現代日本ゾーン〜アメリカゾーン 10:00〜約30分
・Bコース→ ヨーロッパゾーン 14:00〜約30分

Aコースのツアー開始はなかなか早い時間帯ですので、お気をつけください。
また、ツアーは天候などの事情によって中止となることもあります。

ミニチュアで世界一周を体感できる園内を満喫!

さて、ここからいよいよミニチュア展示をめぐる旅に入っていきます!

集めよう!世界旅行・記念スタンプ

入場するとすぐにあるのが、スタンプブース。
園内を巡りながら、どんどんスタンプを見つけてコレクションしましょう!
とってもいい記念になりますね。

 (62065)

プレイカードで動くミニチュアを楽しむ!

「プレイカード」を使うと、ミニチュアの仕掛けを動かすことができます。
人形が踊ったり、行進したり、船が動いたり…と、「静」だけでなく「動」の楽しみも、ぜひ見届けてください!

プレイカードは園内各所の自動販売機で、1枚1,000円(15ポイント分)で販売されています。
1つの仕掛けにつき、1ポイントが消費される仕組みです。

 (62062)

現代日本ゾーン

まずはわたしたちにとっておなじみ、現代日本ゾーンから見ていきましょう。
ラインナップはこちらです。

 (62064)

【東京駅】

園内は順路にそって進むようになっています。
最初に見えてくるのは…東京駅です!


1914年に開業し、東京の窓口として壮麗な赤レンガの姿を示してきた東京駅。
戦災で失われた部分もありましたが、東武ワールドスクウェアでは完成当時の姿が再現されています。

実際の東京駅も2012年に丸の内駅舎部分が復元され、これと同じ姿となりました。

 (62067)

【スカイツリー】

2012年に開業し、東京の新たなランドマークとなった「東京スカイツリー®」は、お出かけしたことのある方も多いのではないでしょうか?

まっすぐにそびえるタワーに加え、足元に広がる「スカイツリータウン」まで、しっかり再現されています。

 (62068)

【旧帝国ホテル】

1923年、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライドによって設計された旧帝国ホテル。
その名にちなみ、本館は「ライド館」とも呼ばれたそうです。

帝国ホテルは現在、建て替えられて新しい姿となっています。
ワールドスクウェアで当時の姿をしのんでください。

 (62069)

【ふじ丸】

「ふじ丸」は1989年に就航した、日本初の豪華クルーズ客船です。

ワールドスクウェアの「ふじ丸」ミニチュアは水面に浮かび、停泊する港の様子も再現されています。
小さなボートが近辺をクルクルまわる演出もあります。

そしてふじ丸の向かう先には…なんと!アメリカ大陸が見えます!

 (62070)

現実には日本から直接アメリカは見えないので、これはミニチュアならではの面白い光景ですね。
それでは展示のご紹介も、アメリカゾーンに入っていきましょう。

アメリカゾーン

アメリカゾーンの展示ラインナップはこちらです。

アメリカのシンボル、自由の女神はふじ丸のミニチュアからも小さく見えていますね。

 (62072)

【ワールドトレードセンター】

2001年9月11日に発生したテロにより倒壊した、旧ワールドトレードセンターのミニチュアです。
実際の跡地には2017年現在、全米一の高さを誇る「ワンワールドトレードセンター」が建っています。

ミニチュアを見ていると、さまざまなことがしのばれます。

 (62073)

周りに目を転じると、踊っている人たちのミニチュアがいます。
写真中央の通りなのですが、見えるでしょうか…、ウエストサイドストーリーです!

 (62074)

【フラットアイアン・ビル】

「フラットアイロン・ビル」とも呼ばれます。
ニューヨークの5番街とブロードウェイが交差する三角地帯に立つ、独特な形のビルディングです。

横から見ると、ほ、細い…!
空間が歪んでしまったのではないかという感覚にとらわれます。

映画のロケ地としても有名です。

 (62075)

【ホワイトハウス】

言わずと知れた、アメリカ合衆国の大統領官邸です。

写真は正面玄関の様子ですが、裏に回ると大統領一家とワンちゃんのミニチュア人形がいます。

 (62076)

エジプトゾーン

お次はエジプトゾーンに進みましょう!
アメリカゾーンの隣にありますが、ぐっと雰囲気の変わったエキゾチックなゾーンです。

【ピラミッド】

エジプトゾーンに足を踏み入れると、砂漠の中にピラミッドが3基並んでいます。
クフ王、カフラー王、メンカウラー王によって建設された、「ギザの3大ピラミッド」のミニチュアです。

王の墓であると言われていますが、今もなお多くの謎に包まれたピラミッド。
その神秘の一端に、ぜひ触れてみてください。

 (62078)

【スフィンクス】

ピラミッドの前には、その守り神と言われるスフィンクスが鎮座しています。
(もっともミニチュアが置かれている位置は、実際の位置関係とは少し違うようです。)

スフィンクスの隣には足場が組まれ、補修作業の様子も再現されています。
現地の活気が伝わってくるようですね。

 (62079)

ヨーロッパゾーン

エジプトゾーンの先には、ヨーロッパゾーンが続きます。
どんどん行ってみましょう!

 (62081)

【聖ヴァシリー寺院(ロシア)】

ロシアの首都、モスクワに建つ教会堂です。

特徴的な玉ねぎ形ドームと鮮やかな色彩は、まるでおとぎ話から抜け出してきたようですね。
人気パズルゲーム「テトリス」の背景に登場していたことでも有名だそうです。

実物はもちろん、ミニチュアで見てもとてもフォトジェニック!
記念写真を撮る場所としてもおすすめです。

 (62082)

【ミラノ大聖堂(イタリア)】

その精巧さに目をみはる人が続出している、ミラノ大聖堂のミニチュアです。

世界でも屈指のゴシック建築であるミラノ大聖堂は天に向かって突き立つ130基あまりの尖塔を持ち、そのひとつひとつに聖人の彫刻が立っています。
それがミニチュアでもしっかりと再現されています。

圧巻の細やかさをぜひ、すみずみまで堪能してください!

 (62084)

【エッフェル塔(フランス)】

パリのシンボルのひとつ、エッフェル塔のミニチュアです。
ワールドスクウェア園内にはいくつもの塔がありますが、貴婦人の異名を持つその立ち姿は、やはりひときわエレガント。

思わず見とれてしまいそうです。

 (62086)

【ヴェルサイユ宮殿(フランス)】

人気漫画「ベルサイユのばら」でもおなじみ、数々の歴史的事件の場となってきたヴェルサイユ宮殿のミニチュアです。

展示を目にすると、まずその広さに驚くのではないでしょうか?
植え込みが複雑な模様を描く庭園や、噴水のふきあがる広い泉がとても開放的です。

 (62089)

宮殿を建設した太陽王ルイ14世の騎馬像も再現されています!

 (62091)

【バッキンガム宮殿】

イギリス王室の居城であるバッキンガム宮殿。
この宮殿を守る衛兵の交代セレモニーは、現地では月・水・金・日曜日の11時に行われ(2017年12月現在)、ロンドン観光の目玉となっています。

衛兵たちがマーチングバンドの演奏とともに行進する様子を、このミニチュアでも見ることができます。
プレイカードをつかうと、赤と黒の服装に身を包んだ衛兵が一糸乱れず宮殿の周りを行進します!
お子さんにもわかりやすく、キャッチーな動きです。

 (62094)

【タワーブリッジ(イギリス)】

ロンドンを貫き海に注ぐイギリスの大河、テムズ川。
このテムズ川にかかる橋の中でも、もっとも美しい橋として愛されているのがタワーブリッジです。

タワーブリッジの展示は、動くミニチュアのひとつでもあります。
プレイカードをつかってみましょう。
クルーズ船がさしかかると自動車の行き来が止まり、巨大な橋が開閉する様子が見られます。

 (62097)

【パルテノン神殿(ギリシャ)】

アクロポリスの遺跡の中でも圧倒的な存在感を放つパルテノン神殿。

かすかに丸みを帯びた曲線を使うことで、より美しい直線に見せるという目の錯覚を用いた建築の工夫がこらされていることでも知られています。

そんな美の粋を、ぜひじっくりと見てみてください。

 (62098)

【サグラダ・ファミリア(スペイン)】

スペインの建築家、アントニオ・ガウディの設計による未完の大教会です。
1882年から工事が始まり、当時は完成までに300年以上を要するだろうと言われていました。
しかし急速な技術の発展により、現在では2026年の完成が見込まれているそうです。

展示では工事中のクレーンもそのままに、精巧をきわめる彫刻の数々が細部にわたって再現されています。
建物内部がまだできていない、工事途中の状態を見ることができるのも今のうちかもしれません。

完成のときを楽しみにしつつ、じっくりご覧ください!

 (62099)

【グエルパーク(スペイン)】

グエル伯爵の依頼により、天才アントニオ・ガウディが設計を手がけた公園です。

デコボコした独特の輪郭やカラフルなモザイク装飾がかわいらしく、ミニチュアでは一見、お菓子の家にも見えますね。

ちなみに日本の国営昭和記念公園にある遊具の一部が、このグエルパークに似ているという声もあるようです。

 (62100)

アジアゾーン

続くエリアは、アジアゾーン。
ラインナップはこちらです!

 (62102)

【アンコール・ワット(カンボジア)】

クメール王朝のスールヤヴァルマン2世によって建設された寺院です。
当初はヒンドゥー教の神殿でしたが後に仏教寺院となり、今では世界三大仏教遺跡のひとつに数えられています。

実物はなんと東京ドーム15個分にもおよぶ広大な敷地をもちます。
ミニチュアからもその威容をおしはかることができます。

 (62103)

【タージ・マハル(インド)】

インドのムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハンが、王妃ムムターズ・マハルのために建設した墓廟です。

王妃への思いがこめられているからでしょうか。
どこか女性的なエレガントさのある、美しい建築ですね。

 (62104)

【故宮(中国)】

明・清の時代、およそ300年にもわたって造営され続けた王宮で、紫禁城とも呼ばれます。
映画「ラストエンペラー」の舞台となっており、ミニチュアの中にもその撮影シーンが再現されているので注目してみてください!

木造の建築群として世界最大規模を誇り、展示としてもワールドスクウェア園内でトップ5に入る広さです。

 (62105)

【景福宮 勤政殿・香遠亭(韓国)】

景福宮は李氏朝鮮を建国した李成桂が1395年に建てた王宮です。

15万坪もの広大な敷地に建てられた多くの建造物群から、公的な儀式をとり行う正殿である勤政殿と、後苑(建物の後ろの庭園などをさす。ここでは王の私的な庭園)に建つ香遠亭がミニチュアで再現されています。

李氏朝鮮時代に建てられた「五大宮」のひとつに数えられ、中でももっとも美しいとされる景福宮。
現地でも人気の観光スポットですが、2017年12月現在、香遠亭は修復工事のため2019年後半まで観覧できない状態です。
完成を待ちつつ、ミニチュアをお楽しみください。

プレイカードをつかうと扇を持った人形たちが舞を披露してくれますよ!

 (62106)

日本ゾーン

「日本ゾーン」は東武ワールドスクウェアでもっとも展示数の多いエリアです。
現代の建物が集まった「現代日本ゾーン」もありますが、ここ「日本ゾーン」には、日本の歴史がたくさん詰まっています。

順に見ていきましょう!

 (62108)

【法隆寺(奈良)】

聖徳太子の発願により、607年に建立されたお寺です。
西院伽藍にある金堂は世界最古の木造建築であるとされています。

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」と正岡子規が詠んだように、法隆寺といえばやはり「柿」。
法隆寺のミニチュア展示には豆柿が植えられていて、秋になると1cmほどの実をつけます。

東武ワールドスクウェアの展示では、ほとんど本物の木々が使われています。
ミニチュアに合わせて工夫された、こうした木々も見どころです!

 (62109)

【鹿苑寺金閣(京都)】

1397年、足利義満は西園寺家から譲り受けた別荘をもとに山荘「北山殿」を造営しました。
義満の死後、この山荘は寺院となり、今に至ります。
金閣はその舎利殿にあたる建物です。

実物と同じくミニチュアの金閣にも金箔が使われており、木々や池の深い色との対比で際立つ美しさを放っています。

 (62111)

【慈照寺銀閣(京都)】

足利義政が山荘として建設した「東山殿」がその没後、寺院となったものです。
金閣の華やかな美しさに対し、簡素な中に深みのある美しさが追求されています。

よく「金閣」と対比される「銀閣」ですが、ワールドスクウェア園内では隣り合って展示されているので、ぜひじっくり見比べてみてください。
冬期、うっすらと白く雪化粧した姿はどちらもとても美しく、風情ある光景です。

 (62112)

【円覚寺舎利殿(神奈川)】

円覚寺は1282年、北条時宗が開山したお寺です。
その伽藍は谷戸(やと)といわれる独特の谷の中に建っています。

舎利殿もその中のひとつで、鎌倉時代に中国から伝わった禅宗様式の建築の特徴をよく伝えているといわれます。

その前にはぽつんと1人、赤い傘をさした人物が…。
なんだかドラマティックですね。

 (62115)

【熊本城(熊本)】

1607年、加藤清正が築城したお城です。

写真では小さくて判別できないのですが、天守には「あっぱれ!」と扇を広げたお殿様がいるんですよ。

実物の熊本城は2016年の熊本地震で大きな被害を受け、2017年12月現在もなお、復旧工事が続けられています。

 (62116)

【田麦俣の民家(山形)】

田麦俣(たむぎまた)は鶴岡市と山形市を結ぶ街道の要所で、室町時代~江戸時代には宿場として栄えました。
こうした中で、内部が多層になった独特の様式の民家が多く建てられます。

この民家はまた、屋根が兜のかたちに似ていることから「兜造り」とも呼ばれています。
今では姿を消しつつある民家ですが、ワールドスクウェアではミニチュア展示によってその姿をとどめています。

 (62119)

今回ご紹介しきれなかった展示については、各ゾーンに分けて以下の記事でご案内しています。
「東武ワールドスクウェア」の魅力をぜひ、もっと詳しく見てみてください。

『東武ワールドスクウェア』現代日本・アメリカ・エジプトゾーンの見どころ情報! - アソビバ

『東武ワールドスクウェア』現代日本・アメリカ・エジプトゾーンの見どころ情報! - アソビバ

ミニチュアを通して世界を旅することができる「東武ワールドスクウェア」。今回はもっともなじみの深い「現代日本ゾーン」から、順路に沿って「アメリカゾーン」「エジプトゾーン」のミニチュアをご紹介していきます。

『東武ワールドスクウェア』ヨーロッパゾーンをめぐろう!撮影スポットもいっぱい - アソビバ

『東武ワールドスクウェア』ヨーロッパゾーンをめぐろう!撮影スポットもいっぱい - アソビバ

「東武ワールドスクウェア」ヨーロッパゾーンには、さまざまな国の魅力がぎゅっと凝縮されています。今回はヨーロッパゾーンのミニチュアからいくつかをピックアップし、その見どころを解説いたします!

『東武ワールドスクウェア』で歴史を旅する!アジア・日本ゾーンのご紹介 - アソビバ

『東武ワールドスクウェア』で歴史を旅する!アジア・日本ゾーンのご紹介 - アソビバ

アジア各国の寺院や王宮がずらりと並ぶ「アジアゾーン」、パパ・ママには修学旅行で訪れた思い出もありそうな「日本ゾーン」。「東武ワールドスクウェア」ふたつのゾーンの見どころをご紹介していきます。

東武ワールドスクウェアをもっと楽しむ!

ミニチュアの世界にも四季がめぐる!

東武ワールドスクウェアでは展示に活かされた盆栽も見どころです!
春には梅や桜、秋には紅葉、銀杏など…
四季折々に花をつけ、色を変える木々が、ミニチュアの世界を豊かに彩ります。

中でも熊本城の展示に植えられている銀杏は樹齢80年を超えているそうですよ。

 (62055)

また、4月下旬から5月にかけて咲き誇るシャクナゲの花は、ミニチュアでなく等身大で堪能してください!

園内の「シャクナゲパーク」では170種類、およそ2000本ものシャクナゲを愛でることができます。
http://www.tobuws.co.jp/exhibit/alpine_roses_park/

 (62057)

ワールドワイドな楽しみも!

スペイン語、ロシア語、ベトナム語…いろんな言葉のおみくじがありました。

ついつい、たくさん引いてしまいそうです。

 (62058)

世界一周をテーマに、様々な国を連想させる音色で演奏を聞くのも楽しいです!

 (62122)

2017イルミネーション情報!

小さくてもリアルな質感を感じさせてくれる東武ワールドスクウェアでの世界一周旅行ですが、冬のイルミネーション期間には園内が一気に幻想的な空間へと塗り変わります!

2017年11月初め~3月末にかけ、日没後の園内は鮮やかな光に照らし出されます。
期間中は営業時間が延長され、イルミネーション入園料も設定されます。

昼間とは趣きの違う園内を、ぜひ歩いてみてください。

nissy1121 via Visual Hunt /  CC BY (56248)

via nissy1121 via Visual Hunt / CC BY

具体的な2017イルミネーションシーズンの情報については、こちらの記事をご参照ください。

『東武ワールドスクウェア』2017イルミネーション情報!幻想的な町を歩こう - アソビバ

『東武ワールドスクウェア』2017イルミネーション情報!幻想的な町を歩こう - アソビバ

ミニチュアの世界をめぐる旅が楽しめる「東武ワールドスクウェア」、今回は夜の旅にご案内します!2017年シーズンのイルミネーション期間や点灯時間、お得な日没後の入園料金など、イルミネーションを楽しむための情報をまとめてご紹介します。

周辺情報:鬼怒川の吊橋をお散歩

せっかくだし、時間があるという方は、バスで鬼怒川温泉駅に戻った後に、駅を背に左へ10分ほど歩いたところにある、つり橋へお散歩して見ましょう。

高所恐怖症の方は、ドキドキしてしまうかもしれませんが、風情あふれるスポットから鬼怒川を一望できます。
橋の上からの景色がこちら。

 (66066)

橋を渡りきると、鬼怒太がいますが、「ご利益がありますように」と、たくさんの想いを込めた、1円玉が乗っています。のせるのがなかなか難しいです!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 (66067)

楯岩展望台(たていわてんぼうだい)へ

 (66068)

順路にそって山道を歩けるようになっています。

 (66069)

トンネルをくぐり、山道の階段を上がると、
鬼怒川をこのように高い位置から見渡せますよ。

 (66070)

 (66071)

※階段が急なので、足元にお気をつけください。

施設情報・まとめ

 (66073)

いかがでしたか?

小旅行気分で子どもが学びながらミニチュアの世界一周を楽しむことができるテーマパークです。
今度の休日にぜひ、お子さんと一緒に行ってみてくださいね!


【東武ワールドスクウェア】
住所:日光市鬼怒川温泉大原209-1
TEL:0288-77-1055
料金:大人2800円 小人1400円
アクセス:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅から日光交通ダイヤルバス日光江戸村行きで約5分、東武ワールドスクウェア園下車すぐ。快速列車の際は小佐越駅下車徒歩約8分。

★営業時間 (年中無休) ※入園は閉園の1時間前まで。

<夏季> 9:00~17:00 (3月20日〜11月30日)
<冬季> 9:30~16:00 (12月1日〜3月19日)
*予告なく、営業時間/受付時間が変更される場合もあります。

ミニチュアで世界一周?!『東武ワールドスクウェア』を親子で楽しもう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「栃木」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集