プラレール使い放題!『京王れーるランド』で車掌さん体験も!

711view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
プラレール使い放題!『京王れーるランド』で車掌さん体験も!

シルバーウィークに、家族で東京都日野市程久保にある『京王れーるランド』におでかけしました。 おでかけメンバーは、パパ、私(ママ)、長男5歳、次男(1か月)の4人。 多摩動物公園の目の前にあり、以前からとても気になっていました。 でも元気いっぱいの長男と、まだ赤ちゃんの次男を連れて、家族みんなで楽しめるのかは少し心配。 どんなアトラクションがあるのかレポートします。

  • 使ったお金:4,500円
  • 遊んだ時間:10:00~17:00 計7時間
  • 子供の年齢:5歳(おとこのこ)・1ヶ月(おとこのこ)

2016年10月更新

駐車場の混雑を予想して開園時間に合わせて『京王れーるランド』へ到着

京王れーるランド

京王れーるランド

今回我が家は車でおでかけしましたが、電車でのアクセスもオススメです。

京王線なら多摩動物公園駅の改札を出てすぐの所にあり、アーケードで繋がっているのでベビーカーや小さな赤ちゃん連れでもアクセスがしやすい施設。

多摩モノレールの多摩動物公園駅も、徒歩1分程の場所にあります。

また、多摩動物公園のすぐ目の前なので、駐車場は有料ですが多摩動物公園にも停めることができます。多摩動物園の駐車場がいっぱいの場合も、他の駐車場が点在しています。

『京王れーるランド』の入り口は広々としており、ベビーカーを停めることができるのも嬉しいポイント♪
ただし、開園したらすぐに混雑しはじめます。

券売機で当日券を購入し、改札を通って入場します。この設備に長男はすでにハイテンションに!

電車の仕組みや車掌さんのお仕事をたくさん体験!

車掌さんのお仕事をたくさん体験!

車掌さんのお仕事をたくさん体験!

1階は体験型アトラクションがメイン。
まずは小型シュミレーターを体験!

電車の運転席を模した席に着き、ハンドルを引くと、モニターの景色が動き出します。

京王井の頭線沿線の景色がリアルに再現されていて、馴染みのあるスーパーなども登場するので、私も少しテンションが上がりました!

段々と加速する電車を、駅の停止線でキチンと停めることができたらミッション成功です。

昔話題になった、電車でGOに近いものを感じました。電車好きにはたまらないアトラクションです。
他にも1階ではジオラマ運転や、車掌体験など、体験型アトラクションが豊富にあります!

ただし、車掌体験は人気のため、体験できるのは抽選で当たった人のみ。我が家は抽選の列に並んだものの、自分達の前で当たりくじが全てはけてしまい、くじを引くことすらできませんでした。

どうしても体験したい方は、何回でも抽選に挑戦できるように、朝イチから並ぶことをおすすめします。

プラレールも使い放題!大人も子どもも組み立てに夢中!

プラレール

プラレール

1階を遊び尽くして次は2階へ。
2階は、アスれーるチック(室内アスレチック)、プラレールで遊ぼうコーナー、飲食スペースに分かれています。

プラレールで遊ぼうを利用するには、一家族一枚の整理券が必要です。整理券をゲットする前に、更に一回先着13組の順番待ちをする必要があります。

我が家は家族の代表として、私が40分以上地道に並んで、やっと入手できました。
整理券をプラレールの電車二台と交換し、いざ入場!

長男は入場して早速、夢中で組み立て始めます。限られたスペースに線路を引くのは意外と難しく、あまりプラレールに興味がない私もつい熱中してしまいました。

驚いたのは、子ども以上に夢中になるパパたちが多いこと!

我が家のパパも「そこは真っ直ぐ」「ここはカーブが…」と、長男と相談しながら組み立てていました。

普段は無口なパパですが、自然と親子のコミュニケーションを深めることができ、家族みんな大満足でした。

屋外の展示施設会場で文字探しイベントに参加

電車の展示

電車の展示

最後に訪れたのは、屋外にある電車の展示コーナー。

屋外と言っても大きなアーケードがあり、展示自体は天候に関係なく楽しめます。ここに入場するには、施設に入る際に購入した当日券が必要です。

この日はちょうど、文字探しイベントが開催されていました。
常設展示された電車のあちこちに、数字と文字が隠されていて、数字の通りに並び替えるとある言葉になります。

クリアすると、車掌さんの帽子に見立てたサンバイザーを貰えます。
息子はパパとタッグを組んで、展示会場を端から端までウロウロ。文字を見つけるたびに「ママー!あったよー!」と嬉しそうでした。

しかし、最後の一文字がどうしても見つかりません。何回も会場を周っていると、「どうしても分からない言葉があったらおしえてくださーい!」と係員さんに声をかけてもらいました。

諦めて教えてもらおうかと思ったとき、パパが最後の一文字を発見!無事景品のサンバイザーをゲットできました。

アソビバママが見た『京王れーるランド』のポイントはココ!

ベビーカー

ベビーカー

飲食スペースは室内とテラス席にあり、席も豊富に用意されています。
それでも昼食時には混雑するので、場所取りが大変です。

自販機も設置されていて、飲み物の他に、フライドポテトや焼きそばの自販機もあり、お弁当を忘れても安心です。

また、施設の外には土産屋やワゴン車がとまっていて、唐揚げ、焼きそば、ケバブ、かき氷、コンビニのオニギリなどが売っていました。

施設の周辺にも、パスタ屋や食堂、天然酵母のパン屋が徒歩圏内にあります。

屋外施設同様、出入りは当日券があれば何度でもできるので、お昼だけ外に行くことも可能です。

なにより嬉しかったのは、授乳室が綺麗だったこと!しっかり施錠もできるので安心して授乳することができます。

施設の入り口にはベビーカー置き場も十分に設置されていて、小さな子ども連れにも気配りのある施設でした。

文/さとうでこぽん

プラレール使い放題!『京王れーるランド』で車掌さん体験も!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集