SLショーに運転体験も!鉄道好きにオススメ『東武博物館』の魅力

197view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

SLショーに運転体験も!鉄道好きにオススメ『東武博物館』の魅力

お盆に新設された祝日、山の日に墨田区の東向島駅にある東武博物館へ7歳の長女、4歳の次女、2歳の長男を連れて4人でおでかけしました。 展示物だけでなく体験して遊べる施設もたくさんあるということで、鉄道が大好きな子どもたちに体験を楽しんでもらうことが今回の目的です! 末っ子の2歳児でも楽しめるのか、期待半分不安半分でいざおでかけです!

  • 使ったお金:1,000円
  • 遊んだ時間:13時~16時 3時間
  • 子供の年齢:7歳(おんなのこ)、4歳(おんなのこ)、おとこのこ(2歳)

2016年9月更新

駐車場で少し待ったが、東武博物館に無事到着

東武博物館

東武博物館

マイカーでおでかけしたのですが、専用の駐車場は12台分しかありません。
到着したのが午後ということもあり到着時は満車でしたが、10分程度で入ることができました。

駐車場は駅前の細い道路を進んだ先の一方通行の中にありますので、事前に経路と場所を確認しておくことをおすすめします。

また駅前で通行人や自転車もたくさん行き交っていますので、車での走行は注意が必要です。

満車時はタイミングによっては長い時間待つ可能性もありますが、駅前ということもあって周辺にはコインパーキングもいくつかありました。

専用の駐車場の向かいもコインパーキングでしたので、万が一の時には検討するといいかもしれません。

さっそく博物館のなかへ! 目の前には蒸気機関車!

蒸気機関車

蒸気機関車

博物館に入ると、大きな蒸気機関車が出迎えてくれます。

1日に4回SLショーが開催され、汽笛を鳴らし車輪を回転させる姿を見ることができます!
入館したらまずショーの時間をチェックしてみてください。

蒸気機関車の隣には実物の車両の展示や模型がたくさん並んでおり、最初から子どもたちのテンションは最高潮です!

展示の車両には実際に車内へ入ることができるものもたくさんあり、「あっちに入ろう!こっちに入ろう!」と子どもたちに引っ張り回されました。

展示物は列車だけでなくバスやロープウェイのゴンドラもあり、さまざまな車内で記念撮影が楽しめるのでおすすめです。

バスの乗降口は段差が高いので、子どもが転ばないように気をつけてください。

みんな運転手に! 実際に触って楽しめる体験エリア

体験エリア

体験エリア

東武博物館には列車と同じ装置を操作して模型を走らせたり、列車の機械を動かすための操作を体験したり、また実写映像を見ながら列車やバスの運転ができるシミュレーションもたくさんあります。

子どもたちは列車の運転ができるシミュレーションを体験しました。
1人あたり5分程度(2駅分)の体験ができます。

やはり人気のコーナーということもありたくさんの人で賑わっていましたが、20分程度の待ち時間で体験することができました。

操作方法のマニュアルなどは無く運転席に座っていきなり本番となりますが、職員の方が付き添って優しく教えてくれるので、子どもだけでも安心して楽しむことができます。

操作盤の横には区間毎に守らないといけない速度表が貼ってあるので、子どもと一緒に確認してあげるといいですよ。

なかなか見ることのできない列車の足元!

列車の足元

列車の足元

東武博物館は東向島駅の下にあります。

博物館の2階には「ウォッチングプロムナード」というエリアがあり、そこには外が見える窓が並んでいます。窓の外の景色は線路。

そう、ここは駅のホームの真下なのです!

部屋の中には実際に運行されている東武線の時刻表があり、この部屋で待っていると駅に進入してくる列車を足元から観察することができます!

もちろん駅に停車中の場合は足元から裏側を眺めることもできますし、線路が子どもたちの目線の高さにあるのでレールの継ぎ目などもかなりの至近距離で観察することができます!

なかなか普段体験できないことなので、子どもたちもおおはしゃぎ!
ぜひ時刻表をチェックして、時間に合わせて見学してみてください。

アソビバママが見た『東武博物館』のポイントはココ!

蒸気機関車

蒸気機関車

東武博物館は1日中遊んでまわれるほどのボリュームがあります。2階には休憩スペースと自動販売機もあり、休憩を挟みながら楽しむことができます。

縦に長い施設ですが、トイレは1箇所のみ。入口から離れているので、あらかじめ場所をチェックすることをおすすめします。

シミュレーターなどは大人も体験することができますので、子どもを忘れて夢中にならないように注意です。

1人1人順番に駅が進んでいくため、目的の区間を狙って並んでみてもいいかもしれません。

入館料は大人が200円、子どもが100円(4歳~中学生)と大変リーズナブルに1日楽しむことができるおすすめスポットです!

文/添田 敏男

SLショーに運転体験も!鉄道好きにオススメ『東武博物館』の魅力

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集