『国営武蔵丘陵森林公園』で日本一大きいエアートランポリンに大興奮

2,781view
『国営武蔵丘陵森林公園』で日本一大きいエアートランポリンに大興奮

週末の休日に私と息子(7歳)の2人で埼玉県比企郡滑川町にある『国営武蔵丘陵森林公園』におでかけしました。思いきり身体を動かして遊びたいなと朝からわくわくしています。総面積304ヘクタールという広さに地図を見るのが少々苦手な私は心配なところもあるのですが、息子の元気パワーと園内のガイドマップを片手に目的の広場へ向かいます!

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

最大2,000円OFFも!? お出かけするなら少しでもお得に遊んじゃおう! お得な割引チケット(クーポン)一覧はこちら

  • 使ったお金:2,220円(入園料:大人410円、子ども80円、 駐車場料金:620円、食事代:1,110円)
  • 遊んだ時間:10:30~14:30(計5時間)
  • 子供の年齢:7歳(おとこのこ)

2017年2月更新

スムーズに渋滞もなく『国営武蔵丘陵森林公園』の中央口に到着

スムーズに渋滞もなく『国営武蔵丘陵森林公園』の中央口に到着

スムーズに渋滞もなく『国営武蔵丘陵森林公園』の中央口に到着

マイカーでおでかけしたのですが朝少し早めに出発したからか、ほとんど渋滞もなくスムーズに到着しました。

今回は目的の広場が近いので中央口の駐車場へ停めましたが、公園の駐車場へ着いたのは10時半くらいでまだ空きが多く見られました。

入場口は他にも西口、北口、南口と計4か所あります。

駐車場の台数についてはそれぞれ260台~579台と差はありますが、中央口には臨時の駐車場もあり十分に確保されている感じがしました。

駐車場料金は620円、領収書を受け取っておくと当日に限り他の入口への出入りが可能になります。

そして公園への再入場も可能ですので係の方に声をかけてみてください。

ひと山が日本一大きなエアートランポリンにチャレンジ!

ひと山が日本一大きなエアートランポリンにチャレンジ

ひと山が日本一大きなエアートランポリンにチャレンジ

運動広場にあるエアートランポリンのぽんぽこマウンテンは中央口から歩いて20分くらいのところにあります。

広大な広場の中にあって近づくとまさに白くて大きな山という感じでした。

早速子どもは靴を脱いでボンボンと弾み、そのまま見失ってしまうくらい飛んだり跳ねたり転がったりと思うがままに動き回っていました。

大人がジャンプしてもかなり弾むので、浮遊感が少しクセになりそうです。

小さい子ども用の小ぶりなエアートランポリンもあったので、安心だなと思いました。

混雑時は利用制限をすることもあります。

また水に濡れると滑ってしまうため雨天中止になることや、冬場は霜が降りてしまい係の方が拭き取るまで遊べないこともありますので、入口などで確認したほうが良いと思います。

レストランも充実!温かいうどんと手作りポテトチップスでほっこり

レストランも充実!温かいうどんと手作りポテトチップスで...

レストランも充実!温かいうどんと手作りポテトチップスでほっこり

少し早めのランチタイムにしようと、小高い丘の上にある中央レストランに入りました。

単品ものやセットメニュー、子ども用のメニュー、ソフトドリンクバーやビールなどもありました。

店内は広々としていて外のウッドデッキにも席がありました。

暖かい日にはそこでランチをすると子どもも喜んでくれそうです。

先にチケットを購入して番号札をもらい、呼ばれたらカウンター越しに料理を受け取ります。

メニューは写真付でどれもおいしそうでしたが、子どもと一緒に温かいうどんとお店で揚げているポテトチップスを頼んでみました。

どちらもちゃんと手作り感があり、おいしかったです。

他にも南口から徒歩14分のところに展望レストランがあります。

元気キッズに人気の遊び場がいっぱいです!

元気キッズに人気の遊び場がいっぱいです

元気キッズに人気の遊び場がいっぱいです

わんぱく広場は西口からが一番近く、徒歩3分のところにあります。

入り口からすぐ左右の道に分かれて、それぞれ「冒険コース」と「むさしキッズドーム」があります。

「冒険コース」は地形をそのまま生かしたアスレチックが24種類もあるそうです!

どこからチャレンジしても良く、大人も楽しめます。

小学校低学年くらいだと少し難しいところもあると思うので、無理せず楽しく冒険して欲しいなと思います。

「むさしキッズドーム」は小さい子どもから1人でどんどん行けてしまう小学生も十分楽しめます。

階段や橋がいくつもあったり声が聞こえてくる管があったりと、いたるところに配置された小さな仕掛けを見つけながら遊ぶのも楽しいと思います。

また夏場は水遊びができる「じゃぶじゃぶ池」があります。

アソビバママが見た『国営武蔵丘陵森林公園』のポイントはココ!

アソビバママが見た『国営武蔵丘陵森林公園』のポイントはココ

アソビバママが見た『国営武蔵丘陵森林公園』のポイントはココ

『国営武蔵丘陵森林公園』では東京ドーム56個分といわれる広大な公園の中に運動広場やわんぱく広場、野外炊飯広場、植物園やドッグランなど家族で楽しめるエリアがたくさんあります。

自然の中で遊ぶので気温に応じた着替えや虫対策などの準備は大切だと思います。

公園内は係の方もよく見かけましたし、どの場所もきれいに整備されているので安心して遊べる感じがしました。

ちょっとした道にも行き先の看板があったので、迷わず楽しむことができます。

広い公園の移動手段として、自転車のレンタルや園内バスを利用することも楽しいと思います。

季節ごとの植物や木々が見られ、春は花畑の広がる景色を眺めながら、お弁当を広げるのもきっと良い時間になると思います。

文/j.kata

公式サイト:http://www.shinrinkoen.jp/

『国営武蔵丘陵森林公園』で日本一大きいエアートランポリンに大興奮

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「埼玉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集